「賃貸アパートを探しやすいサイト」のおすすめ

掘り出し物を見つけられるサイトはどこ?

部屋を探しやすいのは?

どうしてアパマンを使っちゃいけないの?

アパートを探せるサイト一覧

賃貸サイトは、遠方の引っ越し先を探しやすい!

アパマンショップ

全国にチェーン店を持つ大手の賃貸サービス会社「アパマンショップ」が運営するサイトです。
公開されている賃貸物件数は200万件以上あります。

通常の賃貸パート探しから、「1ヶ月のみ」「数日のみ」といった短期間の賃貸にも対応しています。

キャッシュバック賃貸

祝い金が貰える賃貸情報サイトです。
掲載されている物件数は240万件以上で、賃貸サイトの中でもトップクラスです。

キャッシュバック制度のおかげで安くアパートを借りられます。

door賃貸

入居を決めると1万円プレゼントが貰えるのが特徴です。
この記事を書いてる現在は、キャンペーンでプレゼントが3万円アップ。合計で4万円が貰えるキャンペーンをしています。

290万件の物件を取り扱っていると表示されていますが、取り扱い地域に偏りがあります。
実際に私の住んでいる地域を検索してみると、ヒットする物件が他サイトよりも圧倒的に少ない状況でした。

最も物件を探しやすいアパマンショップ

  • 簡単に探せる
  • 情報が整理されていて見やすい
  • 条件を絞って検索できる

この3点を抑えてるのがアパマンショップのサイトです。

アパマンショップが探しやすい2つの理由

1.シチュエーション別の賃貸特集

「ペットが飼えるアパート」「楽器が弾ける防音アパート」など、住みたいアパートの条件によってこだわりの部屋探しができます。

2.おまかせ物件リクエストが便利

希望する条件をフォームから送ると、目ぼしい物件をアパマン側で探してくれるサービスです。

このサービスのいいところは、「サイトに掲載前の物件」「非公開物件」も対象になることです。

相談料は0円なので、妥協せずに物件をリクエストできます。

電話をかけない理由

おまかせ物件リクエストでは、希望の連絡方法を3つから選択できます。

  • メール
  • 電話
  • FAX

また、サイトトップには電話番号が載っていて、電話でも問い合わせができるようになっています。

ちゃんとした賃貸を選びたいなら、問い合わせは「メール」で、希望の連絡方法も「メール」にすると確実です。

電話で連絡を受けるデメリットは、話のペースを奪われてしまうことです。

向こうは営業のプロなので、こちらが物件を決めたくなる情報ばかりを伝えてきます。
トントン拍子で話しが進むので、向こうか契約させたい物件に”契約させられてしまう”状況が起こり得るのです。

引っ越しに慣れている人や頭の回転が早い人はいいですが、そうでなければ大事なことを見落として契約してしまうかもしれません。
そのため、じっくり考えられるメールのほうがおすすめです。

なぜアパマンを使ってはいけないのか

ネットだけで申し込みを完結するのであれば、キャッシュバック賃貸を使ったほうがお得だからです。

キャッシュバック賃貸は、以下の7社と提携しています。

  • アパマンショップ
  • お部屋探しはミニミニ
  • スマイルプラザ
  • ハウスコム
  • レオパレス21
  • ヘヤギメ!
  • 住まい賃貸ハウスメイト

アパマンの物件もキャッシュバック賃貸から探せるというわけです。

そうなると、直接アパマンで申し込むのは損です。キャッシュバック賃貸を経由して、お祝い金を貰ったほうがお得に部屋を借りられます。

祝い金を貰いながら簡単に部屋を探す方法

まずはアパマンで「おまかせ物件リクエスト」を使います。
アパマンから条件に一致するおすすめ物件を教えて貰います。

おすすめされた物件にお気に入りのものがあれば、キャッシュバック賃貸でもう1度探します。

アパマンで探して、キャッシュバック賃貸で申し込みをすることで、両者のいいとこ取りで部屋探しができます。

スポンサーリンク