図書館を使った節電の落とし穴

外出すれば家の電気代はゼロだよね?

エアコン節電なら図書館が1番って聞いたけど・・・

外出節電の注意点は?

外出でいくら節電できる?

家に居ないことでどれくらい節電できるのかを考えてみましょう。

節電できそうなもの

4時間外出した場合です。

テレビの電気代

大型テレビなら1時間で約3円。外出で4時間見なかったなら12円の節約です。

エアコンの電気代

1時間で10円とすれば4時間で40円です。

まとめ

外出によって節電できるのは主にこの2つ。「娯楽費」と「暖冷房費」です。娯楽費のほうはテレビじゃなくてパソコンという人もいますが、そこまで大きな違いはありません。

おすすめの外出先は?

1位.図書館

  • 空調あり
  • 椅子あり
  • 本あり

読みたい本さえあれば朝から夜まで過ごせる場所です。

2位.デパート

大抵の店には椅子があるので、休憩を取りながら商品を見て回れます。
見ているうちに欲しくなるのが欠点です。

3位.公園

空調がないので、使えるのは心地いい気温の日だけです。花壇があったり桜の木が植えてある公園だと景色も楽しめるのでグッドです。

逆効果になる!?外出の注意点

上に書いた通り、4時間外出したときの節電額は52円でした。この金額がポイントになります。

外出時に気をつけたいこと

52円以上の出費をしないことです。

  • 自販機で飲み物を買う
  • コンビニでおやつを買う
  • スタバなどに寄る
  • 帰りにミスドなどのおみやげを買う

どれか1つでもやってしまうと節電はチャラ、どころかマイナスです。これを防ぐために大切なのは準備です。

外出の準備とは?

  • おにぎり持参
  • 水筒持参

この2つを用意しておくだけで、外での出費を極力減らせるようになります。また、スマホやタブレットのゲームを持って行くと時間が潰しやすくなります。

スポンサーリンク