会社など仕事中の飲み物代を節約する方法

飲み物代は色々

ひとことで飲み物代と言っても、いろいろなパターンがありますね。すぐ思いつくだけでも以下のような飲み物代があります

  • 会社など仕事中の飲み物代
  • 夏の飲み物代(水分補給)
  • 部活での飲み物代
  • つい自販機やコンビニで買う飲み物代

今回は、仕事中の飲み物代についてまとめていきます。

drink_item

仕事中の飲み物代

現場仕事ではなく、オフィスワーク・デスクワークを想定して書きます。

とあるアンケートによると、8割の人は仕事中にお茶または水を飲んでいます。甘さが口に残ることを嫌ったり、カロリーの摂り過ぎを心配している意見が多いですね。

もしペットボトルのお茶が水を飲んでいるなら、飲み物代の節約はかんたんです。

職場の自販機で買わずに、家から水筒やタンブラーを持参するだけ。お水の場合は氷を入れていけば退社時間まで冷たい水が飲めます。お茶であれば、麦茶や水出し緑茶を自宅で作っておきます。

でも!

水筒が恥ずかしい人も

中には水筒を持ち歩くのが恥ずかしいと感じる人もいます。さらに水筒は見た目だけでなく、重さもあるので持ち運びが大変です。
そんな人におすすめなのがオシャレなタンブラーです。

タンブラーについてよく知らない人が想像するのは、以下のようなイメージではないでしょうか。

これでは、ちょっと水筒感がありますよね。次にオシャレタンブラーを見てみましょう。

フラットなデザインで色が可愛いものや、


水筒感ゼロのオシャレなタイプもあります。

これなら職場で飲んでも、恥ずかしさは少ないはずです。

水筒の中身を作ろう

仕事中に冷たいお茶を飲んでいる人は、ちょっと一手間かかりますが、自宅で緑茶を作っていきましょう。

水出し緑茶の作り方

水出し緑茶は、麦茶と同じようにティーバッグから作ることができます。水を入れたボトルに、ティーバッグを入れて、数時間放置すれば完成です。

水出しのお茶は伊藤園からされていて、3種類あります。

  • 緑茶
  • 玄米茶
  • ほうじ茶

普通のスーパーにも売っていますし、Amazonで通販すれば送料無料で買うことができます。
->抹茶入り緑茶ティーバッグ

職場で缶コーヒーを飲む人の節約

続いては、缶コーヒーを飲む人の節約方法です。
缶コーヒーはサイズも丁度いいのでついつい買ってしまいがち。会社に行くのが1ヶ月に20日として、1日2本買うと月4,800円。

年間で57,600円です!

もし缶コーヒー代を減らせられれば、かなりの金額を節約できます。

ホットでもいいならドリップで節約

ホットコーヒーでもいい、かつ給湯室があるなら、個包装のドリップコーヒー(ドリップバッグ)を持っていくのが安上がりです。ドリップなら淹れたての美味しいコーヒーが飲めますし、飲む量も自分で調節できます。

値段は1杯あたり20円。

缶コーヒー×2:240円
ドリップ×2:40円

1日で200円節約、月4,000円の節約になります。

以下のようなパッケージでスーパーに売ってます。

ドリップは飲んだことがないという人は、種類の多いものを買って、自分の好みに合うコーヒーを探すところから始めるといいでしょう。
カフェミオ8種お試しセット54袋が色々試せて便利です。

冷たいコーヒーじゃなきゃ嫌!

私はこのパターン。
缶コーヒーを買うのは冷たいコーヒーが飲みたいからです。

冷たいコーヒーを職場で安く飲むには、家で作ったインスタントコーヒーを水筒に入れていくという方法が有名です。安いインスタントなら1杯で5円、高くても15円。ドリップするよりも安く済むので節約効果は高めです。

自然なフローを大切に

しかし、私は冷めたインスタントコーヒーが嫌いです。
節約カルマットでは、我慢をしての節約はNGです。

・お茶じゃなくてコーヒーが飲みたい
・ホットはイヤ
・インスタントコーヒーはイヤ
・でも節約はしたい

というのが私の中の自然なフローなので、それを節約カルマットによって叶えることにします。

すべての条件を満たす方法

自然なフローを止めず、欲求を満たしながら節約する方法があります。

それは缶コーヒーと保冷剤を買うことです。

たとえば、好きなコーヒーを90本まとめ買いし、保冷剤で冷やしながら持っていくようにすれば、コーヒー代は半額になります。
年間57,600円かかるはずだったコーヒー代を28,800円節約できますね。

通販を使いたくないときは、ドンキホーテなどでも1本60円で缶コーヒーが売っていました。
あなたに合った方法で、仕事中の飲み物代を節約してみてください。

スポンサーリンク