お金より大切な「0円」を貯金する方法

買い物の質を考える

「0円」を貯金するというタイトルの通り、この記事で紹介する方法を使っても貯金額が増えません。しかし、この考え方を始めてから私の買い物の”質”は格段にアップしました。

やり方は簡単。どんな買い物にも使えるテクニックです。

モノを買わないことにした

たとえばカメラを例にとって話します。

ある人が言いました。

最新のカメラを買いました♪
しかも最新機能を搭載してる1番高い性能です♪

この人はカメラを買ったことで満足しています。使ったお金の分だけ、ちゃんと幸せを感じていることがわかります。

幸せの量

では、この人の幸せはいつまで続くのでしょうか。それはこの人が何に対して幸せを感じているかによって決まります。

今回の場合は「最新のカメラ」や「1番高い性能」という部分です。

私が伝えたいのはそこです。

半年後の幸せはゼロ

半年すると新しいカメラが発売されます。買ったカメラはもう最新ではありません。しかも新しいカメラのほうが高性能なので1番でもありません。

最新機種に買い替えない限りカメラの魅力は取り戻せません。

楽しさを買うことにした

引き続きカメラを例に話します。

さっきとは別の人がもし、以下のような考えでカメラを買っていたとしましょう

子供の成長を残したい。
子供が20歳になった時、家族みんなでその写真を見返したい。

半年後も幸せ

半年経っても幸せの量は変わりません。
モノ自体を買った人と楽しさを買った人の違いです。

1人目の人
カメラ自体を買った。

2人目の人
カメラを買ったことによる楽しさを買った。

「子供の成長を残す」ことが楽しさであり、「見返すという予定」が楽しさなのです。

どんな買い物にも

この考え方はカメラにとどまらずどんな買い物にも使えます。

私は何かを買うとき、それを買ってどんな楽しさがあるのかを考えることで、より幸せなお金の使い方ができるようになりました。

楽しさに気づくと必要なものに気づける

安いコンパクトカメラ

以前、小さなカメラを買いました。

公園に行っては花を撮ったり空を撮ったりします。
行列のできるレストランに行ったときにも食べ物を撮っておきます。

家に帰ったあと日付をつけて「思い出」として保存しておき、数年経ってから見返すのが私の買った楽しさです。

高性能カメラは売却

最初は大型の高性能カメラを持っていたのですが外に持っていくのが大変で売ってしまいました。

私の場合、そこそこキレイなら十分に楽しめることに気づいたんです。

今はiPhoneで撮影

今はiPhoneを持っているので小さなカメラも使っていません。
何が自分にとって楽しいことなのかに気づけると、既に持っているもので楽しめることがあります。

組み合わせて価値を高める

楽しい時間を買っている

私はお菓子が好きなのでよくお菓子を買います。

お菓子というモノは食べるとなくなってしまうので、正確にはお菓子を食べている時間を買っていると言えます。

これは食べ物のほとんどがそうです。アイスも、ジュースも、口に入れてしまえば終わりです。

できるだけ楽しい時間は長く続いて欲しいので、お菓子とあるものを組み合わせて価値を高めます。

楽しむために100円を使う

お菓子の金額とは別に、私はレンタルDVDショップで100円を使います。お気に入りのDVDを見つけたら家に帰ってゆっくりと見ます。

この時、さっき買ったお菓子を食べます。

こうすることでお菓子だけを食べたり、DVDだけを見る時より楽しい時間を過ごすことができるわけです。

みんな無意識にやっている

お酒を飲む人ならおつまみを食べたり、お花見をしながらお酒を飲むというのもそうです。

普段何気なくやっている趣味に食べ物や飲み物をプラスしてみてください。わずかなお金で楽しさをアップできるようになります。

スポンサーリンク