プロパンガスから都市ガスに変えて1.62倍得する方法

ガスを変えると料金は激減する

ガス代の決まり方ページで紹介した基準をもとに料金を比較します。

プロパンガスの一般的な料金

プロパンの料金は毎月平均11,083円です。

プロパン利用者は車でガスを家に運んで貰っているので、その分が料金に上乗せされています。

もしプロパンから都市ガスに変えるとどれくらい支払い額が変わるでしょうか。

都市ガスの一般的な料金

都市ガスの料金は毎月平均6,814円

都市ガスに変更すると

毎月4,269円ずつ節約

1.62倍の価格差です。

ガスを変更する方法

持ち家の場合

住んでいる地域の都市ガスに電話連絡をして変更の申し込みができます。細かい点については申込時に電話で説明して貰えます。

※住んでいる場所によってはプロパンガスしか対応していないこともあります。

どこに電話すればいい?

グーグルで「住んでいる場所 都市ガス」を検索するとガス会社の公式ページが表示されます。

サイトに書かれた電話番号にかけると、相談内容に応じて適切な部門へ電話を回して貰えます。

ガス変更には施工費用がかかる

プロパンガスから都市ガスに変えるには施工費用がかかります。
費用は5万~20万円と環境によって幅があります。5万円で施工できるなら1年間で取り戻せますが、20万円だと取り戻すまでに4年以上かかります。

電話をしたとき施工費用についても確認しておくと失敗がありません。

アパートの場合

アパートの場合は勝手にガスを変更することができません。
できるのは管理会社や大家さんへの相談です。

料金リストを準備

事前に各ガス会社の料金表を資料にまとめておきます。それをもとに「○○会社に変えると○○円安くなるので変更の検討をお願いしたいのですが……」と切り出します。

相場と比べ、現在のガス代が異常に高いなら考慮してくれるはずです。

ガス会社を変更してくれないことも

次のような理由があると変更に応じてくれません。

  • 特定のガス会社と20年契約を結んでいる
  • 大家さんの親族がガス会社に勤めている
  • 大家さんがガス会社から”謝礼”を受け取っている
  • 施工費用が高い環境である

節約カルマットで我慢しない節約

自分の中の自然なフローを我慢しない、節約カルマット流の節約方法を紹介します。

・ガス代を安くしたい
・でも都市ガスの施工費用は払いたくない

この2つを満たせるのが次の方法です。

都市ガスに変えず2,233円安くする方法

都市ガスに変更せず、プロパンガスを使い続けたまま料金を下げましょう。

実はプロパンガスは公共料金ではありません。自由価格なので交渉すると値下げができます。

「オール電化を検討している」と言っての交渉や、地域で団結して団体交渉などの方法があります。交渉が難しい場合はサポート会社に相談するとサポートが受けられます。

値下げでいくら安くなる?

プロパンの平均が11,083円で、値下げ後は8,850円まで落とせます。都市ガスに変更したときよりは少ないものの、値下げ交渉でも2,000円以上の節約が見込めます。

サポート会社一覧

プロパンガス料金の適正化協会
対応地域:宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、岐阜県、富山県、石川県

プロパンガス料金消費者センター
対応地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、山梨県、静岡県

スポンサーリンク