就活に向けた「髪」での節約/ワックスや黒染めの注意点

就活の髪型ってどうすればいい?

ワックスは使っていいの?

就活前の黒染めについて知りたい!

就活に向いている髪型を知ろう

人の第一印象は髪型髪色によって大きく変わります。

では、どんな髪型や髪色が就活に適しているのでしょうか。男女に共通するポイントから紹介していきます。

就活の髪型で1番大切なこと

それは清潔感があることです。

よく勘違いされがちですが「清潔感があること」と「清潔な髪」は別です。具体的に見てみましょう。
bumpofchicken_vocal
出典:natalie.mu(映画寄生獣完結編インタビューより)

こちらはBUMP OF CHICKENボーカルの藤原基央さんです。藤原基央さんの髪はとても清潔であるにも関わらず、この髪型で面接に行けば清潔感がないと評価されるでしょう。

前髪が目にかかっている=清潔ではないという面接官が持つイメージ(社会一般でのイメージ)があるからです。

清潔感のある髪型のコツ

前髪が目にかからないように

先ほどの例でも紹介しましたが、前髪が長過ぎるのはNGです。どうしても長さを残したい場合は、前髪を横に流すようにします。
男女に共通して、少しおでこが見えるほうが印象アップです。

顔の輪郭を出す

顔の輪郭がハッキリと見える髪型は清潔な印象を与えます。男性なら耳を出すようにカットし、女性でも耳が見えるようにセットするのがベターです。

髪の色は黒以外だと内定率ダウン

一部の業種や企業を除き、就活中の髪色は黒が基本です。

髪色を気にしない企業もあるので茶髪=内定ゼロにはなりませんが、内定率が下がることは間違いないでしょう。

面接で茶髪がNGな理由

面接での茶髪NGに対して、

  • 髪色じゃなくて中身が大事なんじゃないの?
  • 染めてる人が働いている企業ならOKでは?
  • 自分らしさを出したい

といった意見をよく耳にします。
そこで、どうして茶髪にすると内定率が下がるのかをまとめました。

多数派に合わせない人だと思われる

新卒の就職活動では、ほとんどの人が黒髪に戻して面接を受けます。黒髪派が圧倒的多数ですから染めている人はどうしても目立ちます。

髪を染めていることで自己主張の強い人という印象を与えてしまうわけです。若手社員に求められるのは自己主張ではなく会社への順応性です。環境に合わせて性質や行動を変えることが求められます。

髪染め派が多数になれば状況も変わりますが、今はまだその時ではないようです。

取引先でのリスクを避けたい

営業さんは他社へ出向いて営業活動をします。この時、商談をしただけなのか、見積もりを依頼されたのか、好感触だったのか、難色を示されたのか、状況によってアプローチを変えていきます。

このような一連のやり取りを「案件」と呼びます。案件は最終的に受注に繋げるのが目的です。

案件には大小あり、1つの案件を受注するだけで何十万、何百万、何千万のお金が動くこともあります。会社としては出来るだけ受注の成功率を高めたいわけです。

ここでようやく本題の髪色についてです。

社会には色々な人がいて、「営業さんの髪色なんて気にしないよ」という人もいれば、「染めてるのはイメージ下がる」という人もいれば、「客先に出向くのに染めるとは何事だ。どうせ仕事の質も悪いだろう。この会社との取引はやめよう」と考える人もいます。

髪を染めることが会社の営業活動におけるリスク(数百万の案件が潰れる可能性)になるのです。

ですので、企業によっては髪染めを禁止してるところもありますし、女性のみOKといったルール決めをしてるところもあります。もちろん髪型自由な企業もあります。

10社受けてそのうち2社が髪染めを禁止している企業なら、トータルの内定率が下がるのは明らかですね。

「茶髪は軽い」の本当の意味

「茶髪は軽い」「茶髪はチャラい」などと言われますが、実際には違いますよね。髪を染めていたってマジメな人もいるし、黒髪でもチャラチャラしている人はいます

まともな面接官は「茶髪なら確定でチャラい人だ」なんて思ってません。ではなぜ「茶髪は軽い」と言われるのでしょうか。

これもまた人数が鍵になります。
たとえば1日に200人のお客さんが訪れるお店があるとします。そこのレジ店員さんは髪を染めていました。

先ほど書いたように、髪を染めているけどマジメな店員さんかもしれません。

しかし200人全員がそう思えるでしょうか?

子供から老人までの全員が茶髪でマジメな人もいるし、黒髪でもチャラチャラする人はいると思ってくれるのか、それとも茶髪はチャラいと決めつける人も混ざってしまうのか。

残念ながら後者ですね。この決めつける人の対策を取る企業は髪染めを禁止しますし、そうでない企業は禁止しません。

このように、茶髪NGの理由は面接官の価値観ではなく、企業経営の方針に寄る部分が大きいのです。

就活ではワックスを使うと減点になる?

ここでは主に男性のワックス使用について書いていきます。

ワックス使用の3つの注意

髪を立て過ぎない

hair1
出典:matome.naver.jp

おでこは見せたほうが印象が良くなるからといって、このように髪を立ててしまうとマイナス評価を受ける可能性が高まります。見るからにハードワックスだ! とわかるような使用方法は避けましょう。

髪を盛り過ぎない

hair2
出典:matome.naver.jp

ここまでガチガチにセットしてしまうと、就職活動にふさわしくないと評価されることもあります。完璧セットし過ぎないように注意です。

無造作ヘアも危険

hair3
出典:matome.naver.jp

女性ウケが良いとされる無造作ヘアですが、面接用の髪型としてはイマイチです。無造作ヘアに対して「髪をとかしていない」「寝癖がついている」などの悪いイメージを持っている人もいますので、誤解を生まないように気をつけましょう。

ワックスは減点にならない

就活中にワックスを使うこと自体は問題ありません。人によってはワックスを使ったほうが良い印象を与えられることもあるでしょう。

しかし、上記のような使い方をすると印象が悪くなってしまいます。ワックスを使ったかどうかではなく、ワックスを使った結果、どう見えるのかが重要です。

ワックスはマット仕様を選ぶ

ワックスにはいくつかの種類があります。
つけた時にツヤが出るものが「ファイバー」で、ツヤが出ないのが「マット」です。(他にも10種類くらいありますが省きます)

就活用のワックスにはマットタイプを選び、髪の毛のツヤが出ないようにします。ツヤツヤしているとセットし過ぎと見られたり、ツヤがあることに不潔なイメージ(洗ってない髪は皮脂でベトベトになる)を持つ人がいるからです。

ワックスはニオイで選ぶ

オシャレ用のワックスは、アリミノだったりウェーボだったり、こだわりがあると思いますが、就活用のワックスではニオイが少ないことがポイントになります。

薬局やドンキホーテに売っているワックスはニオイがキツい傾向にあるので、美容室で相談するか通販で無香料のものを探しましょう。
ツヤが少なく、ニオイも少ないワックスを2つ紹介します。

1つ目はLUCIDOのスーパーハードです。評価にも書いてある通り、ビジネス向きのワックスで大人しめの髪型を作れるのが特徴です。

2つ目はシュワルツコフのシルエットハードです。どちらかというと、こちらのほうが万能です。色々な髪質に対応できるので評価はかなり高めです。

ワックス節約ポイント

就活用に買ったワックスでもスプレーとの併用ジェルを混ぜて使うことで普段使いが可能になります。

就活が終わったあとでも、工夫して最後まで使い切ることでスタイリング剤の節約に繋がります。

黒染めするなら美容室VS市販品

髪を黒くするには美容室に行く方法と、市販品を使って自宅で染める方法があります。まずはこの2つを比較します。

美容室のメリット

  • 髪へのダメージが少ない
  • 就活が終わったらもう1度カラーを入れられる

市販品のメリット

  • 安い

美容室は値段が高い変わりにパフォーマンスがいいです。逆に市販品は、就活が終わってもカラーには戻せません(キレイに染まらない)。

どちらを選ぶのが良い?

値段だけ見ると市販品です。就活後は髪を染めないのが確定していて、髪へのダメージを気にしない人なら市販品が向いています。

それ以外の人は美容室に行って「就活用に髪を黒くしたいんですけど……」と相談しましょう。ここで無理に節約すると、結果的に後悔することが多いです。

市販品の黒染めで知っておきたいこと

市販の黒染めは、

  • 白髪染め
  • ヘアカラースプレー
  • 髪色戻し

などの種類があります。
白髪染めは、白髪に色を入れる前提で作られているのでここでは省きます。

ヘアカラースプレーの特徴

  • 髪へのダメージが殆どない
  • 洗えばすぐに取れる
  • 就活後にカラーを入れても平気

カラースプレーを使うと髪がカチカチになり、髪が長い女性の場合は不自然になります。みさきんぐさんの動画で実際の使用感が紹介されています。

動画内で使用されているのはフレッシュライト髪色もどしスプレーです。

髪色戻しの特徴

  • 髪へのダメージがある
  • “戻す”のではなく黒染め
  • 使ったあとはキレイにカラーが入れられない

髪色戻しという商品名がついていますが、自分の元の髪色には戻りません。上から黒く染めているだけです。そのため、髪へのダメージも残り、次に染めるときはムラになりやすくなります。

比較的ダメージが少なく自然に染まると言われているのがミルクジャム髪色もどしです。

アレルギー反応が出にくいという報告もありますが、使う際にはしっかりとパッチテストをしたほうが安全です。

スポンサーリンク