節約カルマットと省エネ思考

当サイト(節約カルマット)は、我慢しない節約をテーマにした節約サイトです。
コンサルタントの私が我慢せずに100万円以上を節約した方法を公開しています。

我慢しないでお金を貯める

  • 無理をしない
  • 我慢をしない
  • 背伸びをしない

このような生活は理想的ですが、実際の生活ではそうはいきません。
毎日が「大変」の連続です。

学校では大変を乗り越えることを教わります。
社会では大変に耐えることを求められます。

そんな生活に慣れてしまうと、お金を貯めるには我慢が必要だと考えてしまいがちですが……。
我慢しない節約でもお金は貯まります!

まずは節約するために重要な2つのポイントを紹介します。

1.節約するのは何のため?

何のために節約するのかを忘れないことが大切です。
節約するのは何のためでしょうか。

落ち葉を食べて節約しています。節約を自慢するためです!

こんな人はいませんよね。
節約するために節約するわけじゃないんです。

2つの仕事を掛け持ちして睡眠3時間です。病気になりましたがお金は貯まりました!

これも違いますね。
節約するのはお金を貯めるためじゃないんです。

節約の目的

答えは、幸せになるためです。
節約した結果、自分が不幸になっては意味がないのです。

節約する上で1番大切なのは、幸せになるという目的を忘れないことです。

2.効果の高い節約をしよう

公園の水道を飲んで節約しました!

節約の精神は素晴らしいですが、この方法にはどれくらい効果があるのでしょうか。

人間が1日に摂取する飲み水は1.2リットルです。
そして1.2リットルの水は約0.2円です。

1年間365日、毎日公園に通った結果、節約できるのは73円です。
たった1回ジュースを我慢するより低いですね。

効果の高い節約だけをすることで、我慢する量を減らしつつ、お金を貯めることができます。

我慢せずに高い効果を得る。
節約は「省エネ思考」でいきましょう。

「省エネ思考」は具体的に何をすればいいの?

普通の節約術やライフハックなら、方法を読んで、それを実行して終わりですよね。
たとえばレモン汁の節約です。

レモン汁を多く絞る方法

レモンを絞るとき、どうやったら多くのレモン汁を絞れるでしょう。

答えは「レモンを縦に4つ切りにして絞る」です。
レモンを横半分に切って絞るよりも、多くの果汁を絞れます。

レモンスクイーザー(レモン絞り器)を使うと、さらに1.3倍のレモン汁が絞れます。

ただ……これをそのままやっても大きな金額を節約することは出来ませんね。

お金を貯めるなら省エネ思考

誰でも使える節約をするのではなく、自分にしか使えない節約を考えるほうが大きく節約できます。
「省エネ思考」で自分なりの節約術を作っていくイメージです。

イジワルな義母と少女の話

これはある少女が「省エネ」で問題を解決したエピソードです。

義母からイジワルされている少女の話です。

イジワルな命令をされた少女

義母は少女にイジワルな命令をしました。
「この絵の具セットを持って山へ登り、空の絵を描いてきなさい」

「はい」

「描き終わるまで戻ってくるんじゃないよ!」

少女は絵の具セットを持って山を登ります。
文句を言われないように、早起きして出かけました。

山の頂上についた少女は絵の具セットを広げます。

問題が発生

「あれ……? 青と水色の絵の具がない」

そうです。義母は絵の具セットから青と水色の絵の具を抜いていたのです。
この2色がなければ空の絵は描けません。

空を描くのに絵の具が足りない。
大変な出来事が起こりました。

エネルギーを使った解決法

義母の要求を満たすため、少女は頑張ります。

「青の絵の具をどうにかしなきゃ!」

どうにか解決法を考えました。

「そうだ、花の汁で色を塗ろう!」

山の中を探しました。

暗くなれば花を探せないので、ゆっくりしている時間はありません。

山を走り回って、エネルギーをフルに使って解決しました。

エネルギーを使わない解決法

少女は、その場で座り込みます。

「絵が描けなくて怒られるのはイヤ!」

「でも、頑張って走り回るのもイヤ!」

問題は解決したいけど我慢はしたくない

少女は「省エネ思考」の解決策をひらめきました。

ひらめいてからは何もしません。
ただ黙って待ち続けます。

なぜでしょうか。

少女が何もしない理由

少女は、青空が夕焼けに染まるのを待っていたのです。

山の中を走り回らずとも、オレンジ色のクレヨンで空を描けばいいというわけです。

まとめ

上記のエピソードのように、選んだ解決策によって大変さが変わります。

我慢しない意味

最初から「我慢することを前提」にしていると、楽な解決策に気づけないことがあります。

だから我慢しないことを基本とします。
我慢しない解決策に気づき、お金を貯めるのが省エネ思考の節約術です。

具体的な問題解決

スポンサーリンク