脱臭炭を使わずに冷蔵庫のニオイを消す方法

消臭剤は手作りできるって本当?
お酢で掃除する時に絶対やっちゃ駄目なことって?
消毒用エタノールは薄めたほうがいいの?
これはどんな記事?

安く冷蔵庫を脱臭したい人向け!
手作り消臭剤のコスパを計算しました。

冷蔵庫の脱臭には消臭剤

冷蔵庫の脱臭と言えば脱臭炭の消臭剤です。

冷蔵庫に置いておくだけでニオイが取れるので、手軽さで言えばナンバーワンです。

上記の製品なら、400円で6ヶ月の脱臭が期待できます。

1ヶ月あたり66円。

今回はこの66円を節約する方法を紹介していきます。

100円均一の消臭剤を使う

まず最初に、やってはいけない節約術から紹介します。

100円ショップに売っている消臭剤は効き目が弱く、消臭期間が少なめなんです。

100円消臭剤の効き目が1ヶ月だとしたら、6ヶ月で600円かかります。

これなら普通のお店で、効き目の長い商品を買ったほうがお得ですね。

脱臭剤の買い方

スーパーやドラッグストアで買うのは微妙です。

なかなか脱臭剤の特売セールなんてやっていませんし、あえて高く売られていることもあります。

近くに安い店がないなら、脱臭炭の消臭剤はAmazonで購入したほうが得です。

冷蔵庫の中身を掃除する

冷蔵庫のニオイを消したいとき、ニオイを元から断つのがポイントです。

庫内が汚れていればニオイの原因となるので、半年に1度は冷蔵庫を大掃除しましょう。

部品を取り外す

冷蔵庫の中にある仕切りや、卵トレーなど、取り外して洗えるようになっている場合があります。

もし取り外し可能なタイプなら、取り出して洗うのが効果的です。

そのためには一旦、冷蔵庫の中身を出さないといけませんから、気温の低い時期や室温の低いときにやると食材の傷みを防げます。

冷蔵庫の洗い方

消毒用エタノール編

消毒用エタノールがある家庭では、それを使って拭き掃除をするとキレイになります。

次の4つはエタノールを使う時のポイントです。

  • 消毒用エタノールは濃度80%なので水で薄めない
  • 80%が1番消毒の効果が強く出る
  • 肌荒れしやすいなら手袋をつける
  • 洗剤より安全性が高い

お酢編

掃除にエタノールを使っていない家庭では、ホワイトビネガー(またはクエン酸)を使って代用することもできます。

ホワイトビネガーは食用の中でもニオイがマイルドなお酢です。

  • ホワイトビネガーはアルコールから作られたお酢
  • 薄めずにそのまま使える
  • 食べ物なので安全性が非常に高い
  • 米酢や穀物酢はニオイがキツイのでNG

重曹を使った手作り消臭剤の作り方

重曹と言えば、掃除や料理で活躍する万能アイテムですね。

食用にも使えるものなので、化学薬品よりも安全性が高いのがウリです。

そんな重曹は冷蔵庫の消臭剤としても役立ちます。

消臭剤の作り方

ジャムの空き瓶や、紙コップなどに重曹を入れてれば完成です。

ガーゼや布でフタをする方法が主流ですが、フタなしのほうが効果は高いです。

フタをする理由

ビンを倒しても重曹がこぼれないようにするためです。

倒れない、こぼれない位置に置くなら、フタはいりません。

重曹の消臭効果とコスパ

1回あたり100gを、2ヶ月使った場合

重曹1キロが400円だとすると、1ヶ月あたり20円

市販消臭の1ヶ月あたり66円よりも、3倍くらい安く済む計算です。

普通の薬局で買うなら

上記の商品はAmazonプライム会員限定なので、普通の薬局で買うと500円以上します。

それでも市販の消臭剤よりは安く済みます。

500円で買っても1ヶ月40円以下!

以下のボタンをタップするとAmazonプライムの詳細ページが開きます。

スポンサーリンク