5枚刃と6枚刃カミソリの落とし穴

2枚刃と5枚刃、よく剃れるのは?

5枚刃が肌に優しい理由は?

カミソリの落とし穴って何?

T字カミソリの進化

むかしのT字カミソリと言えば、シンプルな1枚刃か、肌に優しいという2枚刃が主流でした。

T字カミソリは進化を繰り返し、じょじょに刃の数を増やしていきました。
3枚刃、4枚刃の時代があり、現在は5枚刃か6枚刃が売られています。男性のヒゲ剃り用だけでなく女性用のT字カミソリもありますね。

毛深い人にとって、カミソリを使うことによる肌へのダメージ、いわゆるカミソリ負けは深刻な問題です。男性でもアゴや頬が傷になってしまったり、女性でもムダ毛処理のときにカミソリ負けの問題があります。

その悩みを解決に近づけてくれるのが、T字カミソリの進化、刃数の増加です。

2枚刃より5枚刃がよく剃れるのか

残念ながら、5枚刃や6枚刃は深剃りの願いを叶えてくれるわけではありません。5枚、6枚の刃はあくまでも安全性のアップや肌へのダメージの軽減が目的です。

深剃りには1枚刃のほうが優れています。

しかし、1枚刃には欠点がありますよね。剃り方が難しく、ちょっとでも刃を強く当てると血が出ます。上手く剃れたとしても、痛みやヒリヒリ感が残り、肌へダメージを与えるのは間違いないでしょう。

なぜ5枚刃や6枚刃は優しいの?

刃が多いほうがよく剃れるイメージがあるし、何枚もあるのだから肌へのダメージが大きいような気がします。実際には、枚数が多くなるほど肌に優しいですね。

なぜ5枚刃は肌に優しいのでしょうか。

それは1枚あたりの圧力が分散するからです。

1枚刃だと100の力で押し付けたものが1箇所に集中してしまい、肌には100の力がそのままかかります。

5枚刃や6枚刃なら、100の力が5枚に分散され、20の力で剃る刃が5枚あるということです。

カミソリの値段

カミソリは1枚刃より2枚刃、4枚刃より6枚刃のほうが値段が高くなります。最近は、取り換え式の替え刃タイプが多いですが、替え刃の値段も刃数が多いほうが高いです。

替え刃の値段を比較する

替え刃8個セットの値段(相場)を比べていきます。

シック クアトロ4(4枚刃)
1,600円

シック クアトロ4 チタニウム(4枚刃)
2,600円

カイレザー(4枚刃)
900円

ジレット フュージョン5+1(6枚刃)
2,150円

6枚刃よりも高い4枚刃があったり、極端に安い製品があったりします。
この価格差が、次のような勘違いを生む原因になっています。

5枚刃にしても意味がなかった

ドラッグストアーで5枚刃を買って使ったけど、肌はヒリヒリするし、痛みもあった。
普通に3枚刃と同じレベル。だったら安い3枚刃を買うよ。

もし、安い5枚刃を買ったのだとしたら、これは5枚刃に対する勘違いの可能性が高いです。この人の体験談は、あながち間違ってはいません。

安い5枚刃のカミソリは、3枚刃を使ったときと変わりません。

ジレットフュージョンは世界が変わる

安いカミソリを使っていて肌が痛いという人は、ジレットフュージョンで解決するかもしれません。
剃ったときの痛み、剃ったあとの痛み、その両方が違います。

個人差があるので絶対とは言えませんが、お試し用の700円で気軽に試せます。初めての5枚刃には安物ではなく、ジレットフュージョンを試してみてください。

スポンサーリンク