USB充電ケーブルの整理術

USBタイプの充電ケーブルが増えて困っている人向けに、充電ケーブルの整理術を紹介します。

デスク周りの充電ケーブルが増えた


スマホやタブレット、携帯ゲーム機などの充電ケーブルが増えて、デスク周りのコンセントが埋まってしまった。そんな問題を解決するため、USB充電ケーブル整理術を使ってコンセントを節約します。

スマホもUSBタイプの充電

スマホを充電するとき、配線は以下のようになっています。

コンセント→アダプタ→ケーブル→スマホ

1.コンセントに四角形のアダプタを挿す
2.アダプタにケーブルを挿す
3.ケーブルをスマホに繋ぐ

という流れですね。
アダプタの数だけコンセントが必要です。

タコ足コンセントを使う


充電する機器が増えるとコンセントが足りなくなってきます。そこで役立つのがタコ足コンセントです。

メリット

  • 1つのコンセントを7個口に変更できる
  • 延長ケーブルとしても使える

デメリット

  • 配線が汚く見える
  • 7個では足りないこともある

私の場合は、7個口では足りませんでした。
私の家の使用状況

  • PC電源
  • PCモニタ
  • PCスピーカー
  • モデム
  • iPhoneの充電
  • Androidスマホの充電
  • タブレットの充電
  • ウォークマンの充電

合計8個のコンセントを使っています。ウォークマン以外は仕事用なので減らすことはできません。

usb充電器4ポートACアダプタ付きで解決


この状況を解決したのが、ACアダプタ付きの充電器です。

これは何かというと、コンセント1つからUSBケーブル4本分の充電を可能にするグッズです。
コンセント1つあれば、USB充電の機器(スマホ、タブレット等)を4つまで充電できるわけですね。

さらにスピーカーも買い換える


今までPCスピーカーは、コンセントを使うタイプのものでした。今度はパソコンのUSBにケーブルを挿すタイプに買い換えたのでコンセントが不要です。

消費電力が0.5ワットなので、節電にもなります。

このスピーカーの注意点

ノイズがあり音質が悪いです。ちょっとした音声チェックにはいいですが、音楽を聞くには不向きです。

充電ケーブルを整理した結果

コンセントが足りない状況は解決しました。もともと8個必要だったコンセントが、今は4個で済んでいます。コンセントが足りなくて困っている人はusb充電器4ポートを試してみてください。

スポンサーリンク