買い物で失敗しない、正しいレビューの読み方

これはどんな記事?

ネットで商品レビューを見る時の注意点を紹介します。

ほぼ全員が評価で星1をつけた商品

2016年4月30日に発売されたソニーの「BDZ-ZW1000」という家電があります。
テレビの録画デッキ、いわゆるブルーレイレコーダーと呼ばれる製品です。

Amazonの評価を見ると、5段階評価の平均が1.3。
14人のうち11人が最低評価の星1をつけています。

低評価の理由は

このブルーレイレコーダーは、1つ操作するたびに10秒の待ち時間があるそうです。
録画リストの表示に5分待ったという報告も挙がっています。

操作が遅くて使い物にならないレベルですね。

「この製品は低評価だから買わない」はもったいない

低評価を理由に買い物の候補から外してしまうのは、もったいない選択です。

家電はアップデートに注目

アップデートとは、ネット経由でデータを送り、製品をバージョンアップ(パワーアップ)させる修正のことです。

  • 場合により店頭の製品も差し替え
  • バージョンアップ済みの本体が売られるようになる
  • 本体に使われている部品が変わることもある

Amazonのページによると、この製品は「6月24日」「8月19日」「10月3日」の3度に渡ってアップデートをしています。
Amazonには書かれていませんが2016年11月18日にもアップデートがありました。

別のサイトの口コミを見ると

アップデート前の口コミ

  • 使い物になりません
  • 二度と買いたくない製品でした
  • すぐに画面が止まります

アップデート後の口コミ

  • 意外に普通のスピードでした
  • 動作はそこそこ速いです
  • 他のブルーレイレコーダーを比べても遜色ない操作性です

Amazonのレビューは過去の製品に対してのものであり、2016年11月22日現在の製品への評価とは違うということです。

昔ダメだったから今もダメと考えるのはもったいないですね。

怒りの感情が入ったレビューに注意

「BDZ-ZW1000」のレビューを見ていると、動画リスト表示までの時間が人によって違います。

  • 30秒かかる
  • 2分かかる
  • 5分かかる

環境によって時間は変わりますが、レビュー投稿者の感情によっても変わります。

怒っていれば待ち時間を長く書く

わざわざストップウォッチで測りませんから、書いてあるのは投稿者の体感した時間です。
本当は2分しか待っていなくても、5分待たされたと感じることもあります。

書き手の感情を考慮したほうが、レビューと実際の製品のズレを減らせます。

スポンサーリンク