10%還元と10%割引「お得はどっち?」正解率10%

これはどんな記事?

10パーセント還元と1割引き。どっちがお得か計算します。

10パーセント還元のお店はどこ?
10パーセント還元のお店は殆どありません。

10パーセント還元の有名ショップは楽天市場と家電店のヨドバシの2つ。この2つのお店で買い物をしたとき、還元と割引のどちらがお得なのか計算していきます。

ヨドバシの場合

1%還元のクレジットカード払いで10万円のものを買うとします。

10%オフ

9万円で10万円の価値を買うのでそのまま10%オフ。ここにクレカの還元900円が入るので、最終的には10.8%オフになります。

10%還元

10万円で11万円の価値を買うので9.1%オフ。クレカ還元の1,000円が入るので、最終的には9.91%オフになります。

比較結果

10.8%と9.91%なので、10%割引で買ったほうがお得になります。

楽天市場の場合(正解率の低い問題)

正解率10%以下の問題

1%還元のクレジットカード払いで10万円のものを買うとします。この場合、お得なのは10%還元と10%割引のどちらでしょうか。

10%オフで買うと

現金の支払いは9万円。クレカには900円分のポイントが貯まります。

10%還元で買うと

現金の支払いは10万円。10%分の1万円がポイントとして貯まる。さらにクレカ分で1,000円のポイントが貯まります。

お得度を比較

10%オフ

9万円で10万円のものを購入。この時点での割引は10%オフのまま。ここにクレカ還元の900円を足すと10.8%オフになります。

10%還元

10万円で10万円のものを購入。この時点での割引はゼロです。

10%還元なので1万円のポイントを貰いました。

そのポイントで10,000円買う
10%の1,000円が貯まる
そのポイントで1,000円買う
10%の100円が貯まる
そのポイントで100円買う
10%の10円が貯まる
そのポイントで10円買う
10%の1円が貯まる

貯まるポイントの総額は11,111円分です。
さらにクレカの1%があるので、11,111円+1,000円で合計は12,111円です。

支払った現金は:100,000円
貯まるポイント: 12,111円
買った物の価値:112,111円

このときの割引率は10.8%オフになります。

答え「どちらも同じ」

どちらも10.8%オフになるのでお得度は同じです。

10%割引がお得と答えてしまうのがよくある間違いです。ヨドバシだけを想定するのではなく、実際の支払い方法や、利用する店舗に当てはめて計算することで、正しい割引率を知ることができます。

スポンサーリンク