一人暮らしの夜ご飯を5000円節約した体験談

一人暮らしの夜ご飯を自炊して5,000円節約する方法を紹介します。一人暮らしのとき実際にやって成功した方法です。

夜ご飯がお弁当な人へ

一人暮らしを始めたばかりの頃、夜ご飯にコンビニのお弁当を買うということが多々ありました。仕事から帰ってきてからの夕飯作りが面倒で、特に残業で帰りが遅くなった日などは夕飯を作る気が起きませんでした。

  • 今日は金曜日だから外食でもいいかな……。
  • 月曜日から自炊は厳しいのでお弁当にしよう……。

というように、お金のかかる夜ご飯ばかり選んでいました。

夕飯作りをサボらなくなった理由

一人暮らしから3ヶ月経ち、面倒な夜ご飯を自炊できるようになりました。その理由は、豪華な夕飯作りをやめたことです。

夜ご飯は何品もおかずがあるものだという思い込みを捨て、質素な夕飯を食べる日があってもいいんだと思い直しました。

お弁当から◯◯へ

残業で遅くなった日や疲れている日は、いつもお弁当を買っていました。だいたい400円~600円はかかっていたと思います。それを◯◯へ変えただけで、1食150円に減らすことができました。

缶詰です。

サバ缶や焼き鳥の缶詰など、とにかく色々な種類を買いだめしました。スーパーを回って、変わった種類の缶詰をストックしていったんです。

缶詰とご飯を食べる

そんな質素な食事だと不味いんじゃ……? と思うかもしれませんが、炊きたてのご飯と缶詰はとても美味しいです。
むかしと比べて、最近の缶詰は美味しくなっています。

そのときの賃貸は魚焼きグリルがなかったので、ほとんど魚を食べていなかったのですが、サバやサンマの缶詰を食べ始めてから魚の栄養も摂れるようになりました。

毎日缶詰だけを食べるわけではないので、栄養不足は感じませんでした。(別の日の食事で補える)

いくら節約になったか

もとは600円のお弁当を月10回で6,000円だったのが、100円の缶詰10回で1,000円になりました。1ヶ月あたり5,000円の節約です。

夕飯を缶詰だけで済ますなんて一人暮らしのときしか出来ませんよね。一人暮らしでついお弁当を買ってしまう人は、今が節約チャンスかもしれません。

次回は、楽にご飯を炊く方法を模索した結果を公開します。

スポンサーリンク