無料の漢字アプリ一覧!13アプリを評価

漢字を無料で覚えたい!

おすすめの漢字アプリは?

アプリだけで漢検に受かることは可能?

目的別のおすすめ漢字アプリ

学年ごとに漢字を勉強したい

学校ネットの「小学生漢字」や「中学生漢字」のアプリがおすすめです。次の機能に対応していて、現役の小学生や中学生でも安心して使えます。

  • タッチ入力での書き取り練習
  • 書き順の表示

小学生漢字のレビューまでスクロール

中学生漢字のレビューまでスクロール

漢検に挑戦したい

狙っているのが6級~2級であれば「漢検トレーニング」と「漢検チャレンジ」がおすすめです。
漢検トレーニングは問題が充実していて、テキストを買わなくても勉強ができます。漢検チャレンジは最後の仕上げに使うと便利です。

漢検トレーニングのレビューまでスクロール

漢検チャレンジのレビューまでスクロール

虫食い漢字クイズ300 – はんぷく学習シリーズ

以下のような虫食い漢字にチャレンジできるアプリです。
虫食い漢字

アプリ内容

虫食い漢字が表示されたあと、手書きで答えを入力します。難易度は次の6カテゴリがあり、各50問の合計300問です。

  • 小3レベル
  • 小4レベル
  • 小5レベル
  • 小6レベル
  • 中学レベル
  • 高校レベル

評価

小学生レベルの問題でも手こずることがありました。漢字を覚えているかというよりは、ひらめきのスピードを試す感じです。漢字練習には不向きですが、頭の体操にはいいかもしれません。

毎日漢字【無料】- 漢字検定トレーニング

Maple Designの毎日漢字は、1日に1問だけ漢字クイズが出題されるアプリです。

アプリ内容

毎日答えることで難易度アップしていき、漢検5級から漢検1級までの漢字が出題されます。
問題は読み方のみです。漢字の書き方は練習できません。

評価

学生の漢字練習としては微妙です。どんなに頑張っても1日に1問なので、覚えるペースが遅すぎます。本格的な勉強が目的なら別のアプリのほうが効率がいいでしょう。

漢字力診断

NOWPRODUCTIONの漢字力診断は、14,466問の中からランダムで出題される漢字アプリです。
漢字力診断

アプリ内容

  • 漢字読み取り
  • 漢字書き取り
  • 漢字クイズ(読みに合う漢字を8択から選ぶ)
  • 同音異字(同じ読みの漢字をタップ)
  • 四字熟語

評価

このアプリは読み問題の回答方法が他のアプリとは違います。他のアプリは文字入力で回答するのに対し、このアプリはひらがなを手書きして読みを回答します。スマホの文字入力が苦手な人には便利ですが、慣れている人とっては面倒な入力方法です。

問題がランダムなので、学年ごとや漢字検定の級ごとに勉強することができません。今覚えている漢字を診断する目的には合っていますが、これから漢字を覚えるのには向きません。

ど忘れ漢字クイズ(無料!手書き漢字&漢字読み方)

Tripsのど忘れ漢字クイズは、全600問の読み書きクイズアプリです。
ど忘れ漢字

アプリ内容

初級・中級・上級から難易度を選び、意外と思い出せない漢字の読み書きにチャレンジします。
書き問題が300問、読み問題が300問の合計600問です。

評価

ちょっとした脳トレにはいいですが、漢字を学習するのには不向きです。猫のキャラクターが表示されるので、猫好きの人はやる気アップするかもしれません。

間違い漢字クイズ(無料!手書き漢字クイズ)

四字熟語の間違い部分を正しい漢字に書き直すアプリです。
間違い漢字

アプリ内容

間違った字を使った四字熟語が表示されるので、どの文字が間違っているかをタップします。そのあと正しい漢字を手書きして回答します。
クイズの出題は次の6カテゴリに分かれています。

  • ことわざ・四字熟語
  • 芸能・スポーツ
  • 生活・旅行
  • 科学・自然
  • 歴史・文化
  • 政治・経済

問題は全部で600問です。

評価

ゲーム感覚で漢字の勉強ができます。ただし、学年ごとに難易度を調整するといったことはできません。
ネプリーグのように、複数人が順番に問題を答えるなど、家族や友達と遊ぶと面白いかもしれません。

※ネプリーグとは……漢字問題やクイズに答えるバラエティ番組

書けないと恥ずかしい漢字(無料!大人の手書き漢字クイズ)

「しわす」や「やおちょう」など、書けそうで書けない漢字を集めたクイズアプリです。

アプリ内容

難易度は初級1~上級2まで選択でき、合計で1,000問にチャレンジできます。
問題には読み方が表示されるので、手書きで漢字を書いて回答します。

評価

“大人の漢字テスト1,000題”というキャッチコピーがついており、基本的な漢字を覚えている人が使うアプリです。
勉強用というよりは、社会人が電車の待ち時間などにプレイするといった印象です。

書き取り漢字練習

漢字の「書き」と「読み」を練習できるアプリです。

アプリ内容

カテゴリを選んで、読み取りまたは書き取りを練習できます。
カテゴリは小学1~6年の学年別、中学1~3、新常用漢字、人名漢字があります。

特徴的なのはマイドリルという機能です。自分の苦手な漢字だけを登録し、自分専用のドリルを作成できます。苦手な漢字を重点的に練習することができます。

評価

問題数が14466問と多く、マイドリル機能があるので漢字練習がやりやすくなっています。ドリルは最大50問を5冊まで作成できます。

漢字検定

漢字の読みを4択の選択肢から回答するクイズ形式のゲームです。

アプリ内容

難易度は3種類しかなく、大雑把に「漢検6~10級」「漢検2~5級」「漢検準1~1級」と分かれています。他のアプリには漢検1級の問題はあまり収録されていないため、本作の「漢検準1~1級」は貴重です。

評価

4択クイズという回答方式のせいで損していると感じました。
たとえば「痘痕」という漢字。問題が「痘痕もえくぼの読みは?」という内容で、

  • あばた
  • きずあと
  • ほうろう

といった選択が出るので、漢字単体の読み方がわからなくてもあばたもえくぼだとわかってしまいます。

漢検トレーニング(学校ネット)

書き、読み、部首、送り仮名、対義語、同音、熟語など、漢字検定に対応した練習ができるアプリです。
漢検トレーニング

アプリ内容

問題は6級、5級、4級、3級、準2級、2級に分かれていて、狙っている級に限定して勉強することができます。個別に練習をしたあと、ランダム出題を使えば暗記度のチェックも可能です。

評価

2級までの漢字検定はこのアプリだけで十分な練習ができます。書き順画数も確認できるので、市販テキストなしでも漢検合格レベルに到達できる完成度です。

漢検チャレンジ(Trips)

Tripsの漢検チャレンジは、6級~2級までの漢検問題に挑戦できるアプリです。

アプリ内容

学校ネットの漢検トレーニングとの違いはゲーム性です。
こちらは「時間制限のあるサバイバルモード」や「連続正解数のチャレンジ」「世界ランキング」などのゲーム性を重視しており、楽しんでプレイできるように工夫されています。

評価

漢検トレーニングで練習し、最後に仕上げに漢検チャレンジを使うと良さそうです。実践的な内容なので、最初のうちはトレーニングのほうで暗記したほうが効率が良いです。

小学生漢字(学校ネット)

小学生漢字~手書き漢字ドリル1006~は、小学1年~6年までの漢字を学年ごとに練習できるアプリです。
小学生漢字

アプリ内容

1年から6年生まで合計1006個の漢字を勉強できます。問題は書き取りのみなので、読みは得意だけど書くのが苦手……という子に向いています。

評価

学年ごとに問題が分かれているので覚えたいところを重点的に練習できます。小学生の漢字書き取りはこのアプリ1つで十分だと漢字ました。わからない漢字は[答えボタン]を押すと正解が表示されます。正解は書き順付きで大きく表示されます。

中学生漢字(学校ネット)

中学生で習う漢字の書き取りを練習できるアプリです。

アプリ内容

小学生漢字は書き取りのみでしたが、こちらは読みの問題にも対応しています。問題合計は2,400問あります。

評価

中学生の漢字練習もこのアプリ1つで十分だと感じました。小学生漢字と同様に書き順も表示されますし、使ってみて不便な点はありませんでした。

小学○年生の漢字シリーズ

Teccoさんの小学生の漢字アプリシリーズは、漢字が連続で表示されるだけのアプリです。

アプリ内容

暗記モードでは、漢字と読みが連続で表示されます。漢字カードをパラパラとめくっているような印象です。
カードは自動でスライドしていくので、覚えたい漢字をじっくり見ることは出来ません。スライドまでの時間は0.1秒~3秒で自由に設定できます。

評価

タッチでの書き取り機能もなく、書き順も出ません。スライドを眺めるだけです。このアプリ自体がなかなか検索にヒットせず、アプリ名も表記にバラつきがありわかりにくいです。

漢字を素早く覚えることに関しては1番可能性を感じました。

1カードにつき3秒に設定し、3秒のうちに漢字を指で机に書きます。間に合わない場合は頭で漢字をなぞります。そうすると、100個の漢字が表示されるまで5分です。

これを毎日50分間やれば短期間のうちに漢字を覚えられます。この方法は記憶の仕組みに合致しているので効率的です。

スポンサーリンク