傘が盗まれる!対策して無駄買いを減らす

傘をすぐになくします・・・

傘を取られました!最悪!

高い傘を盗られた!

傘の泥棒、実は

傘を盗まれたとき、実は状況が2パターンあります。

間違いで持って行かれた

コンビニのビニール傘や無地の黒傘だと間違われる確率が高くなります。こちらも次に紹介する方法で防ぐことができます。

故意に盗まれた

突然雨が降ったときや高い傘を持っているときによく起こります。傘を狙って(選んで)盗む人もいるので許せない行為です。
盗まれないようにする対策法が使えます。

傘が盗まれるのを防ぐ方法

間違い場合

間違われないように名前を書いておくことで対策ができます。キーホルダーやストラップをつける、持ち手にカバーをつけることでも対策できます。
目立つ傘を使ったりアクセサリーをつければ間違いはほぼ100%防げます。

故意の場合

故意で持っていかれるなら名前を書いても意味がありません。

そういうときは傘の持ち手に警察関係の単語を書いておきます。そうすると盗まれる確率は激減します。

以前流行ったのは「警視庁」という文字を書いておく方法です。
その他にも、

  • 行政警察活動
  • 司法省警保局
  • 衛生警察業務
  • 警察庁附属
  • 管区警察局

など、耳馴染みがないけどそれっぽい言葉が使えます。

盗まれない傘と言えば

折りたたみ傘

折りたたみ傘なら盗られる心配はありません。ただし、折りたたみ傘には欠点があります。

折りたたみの欠点

折れやすいことです。傘の構造上、普通の傘よりも壊れやすくなっています。もし使うのであれば、傘骨にスチールを使っている以下のような傘を選んだほうが壊れづらいでしょう。

評価の高い折れにくい傘

スポンサーリンク