バリカンで自分で髪を切るコツ/0円セルフカット

バリカンで自分で散髪できるって本当?

自分でカットするのは難しそう・・・・

坊主以外の髪型もできる?

自分で散髪のメリット

バリカンを使って自分で髪を切れば美容室・床屋代の節約になります。

男性の平均散髪代はいくら?

ヤフーの調査によると平均は3,144円でした。月1回のペースなら年間で4万円近くをカット代に回している計算になります。

バリカンを使ったセルフカットなら4万円→0円に節約できます。

髪型別!カットのコツ

坊主(丸刈り)


最も簡単なセルフカットが坊主(丸刈り)です。バリカンで刈るだけなので失敗もありません。
ただし、社会人だと社風によって推奨されていないことが多いです。

坊主禁止の理由

坊主という髪型に対して、怖いイメージや悪いイメージを持っている人たちがいるからです。若い人よりも年配の人にその傾向が強いようです。

ツーブロック

1.上から被せる髪の毛をヘアクリップ(ダッカール)で止める
2.それ以外の部分をバリカンで刈る

ツーブロックの流れはこの2つです。詳しいやり方は次の動画で紹介されています。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンのコツは、切っている途中でバリカンのミリ数(アタッチメント)を変えることです。後ろを刈り上げるときに6ミリ→9ミリに変更すれば、なだらかな刈り上げが作れます。

ソフトモヒカンのやり方動画。

この動画では、モヒカン度合いが弱めの、ハサミを使ったやり方が説明されています。
いきなりバリカンを使って失敗するのが怖いかたでも、じょじょに削るような感覚でソフトモヒカンの髪型を作れます。

初めて買う人へのおすすめバリカン

フィリップスのHC3400です。

  • 自動研磨なので油をささなくていい
  • 長さ切り替えが1ミリから23ミリの12段階

メンテナンスが容易で、長さ調整も細かくできるため初心者におすすめのバリカンです。

購入時の注意点

私の経験上、家電ショップのバリカンは高く売られている傾向があります。ネット通販で1,500円のものが3,500円で売られていたり、3,000円のものが5,000円で売られていたりです。

家電量販店を利用するときは値段をよくチェックすると損するのを防げます。

長く使えるものを選ぶなら

パナソニックのGF80です。

こちらもフィリップスと同様にメンテナンスが楽で長さ調整がついています。1番のポイントはコードレスで使えることです。

コードが邪魔にならないのでカットに集中でき、ストレスがありません。

Amazonレビューはこちら

スポンサーリンク