1000円カットのQBハウスは大丈夫?男性向け10分カットの品質

サラリーマンなんだけど髪を安く切りたい!

男が散髪代を節約するには?

安い床屋はやっぱ駄目なんじゃ?

1,000円カットの実態をバラします

散髪代節約で最初に思い浮かぶのが1,000円カットの利用です。

有名なのはQBハウス

QBハウスは日本に499店舗を構える10分1,000円がウリの散髪屋さんです。

よく見かけるのはダイエーやイオンモールの中。たった10分で髪を安く切れるなんて嬉しい限りですが、落とし穴はないのでしょうか?

1,000円カットの実例

「スピードだけ重視!」「品質は最悪!」
本当のところはどうなのでしょうか。

1,000円カットした有名人

有名人のかたが1,000円カットをした結果を公開しているので写真を引用します。
1枚目は面白い感じで写っていますが、
menshaircut1

2枚目はイケメンです!
menshaircut2
出典:rocketnews24.com

ジョニーデップを目指してカットしたそうです。
品質を見ると以下の3点が目立ちます。

  • カールが弱い
  • 毛先の長さを揃えすぎ
  • 額の形に合わせていない

特に1,000円カットの欠点は3つ目の額の形に合わせていないです。
ジョニーデップの額は四角形ですがこのかたの額は丸型です。

通常の美容室では髪型と輪郭を合わせてくれますが、1,000円カットはそこが弱い印象があります。

QBハウスの流れとコツ

1.席についたら髪型を注文
2.洗わずに切り始める
3.カット後に掃除機で髪を吸う
4.完成

上記の流れでカットをします。髪を洗う工程がないので短時間で終わります。

成功のコツ

QBハウスでは、髪型の注文をどれだけ的確にできるかが仕上がりを決めると言ってもいいでしょう。
写真を持っていくのはもちろん、自分の輪郭に合わせて長さも指定すれば安心度アップです。

QBハウスに行くときの注意

QBには髪を洗う場所がないためワックスをつけていくと利用を断られる場合があります。

無理矢理に切ってくれることもありますがおかしな髪型になりやすいです。美容師さんは基本的に、自然な状態の髪を切ることを練習しています。ツンツンに立てていたり、ワックスやジェルでベトベトになっていると失敗の可能性も高くなります。

洗面台のない美容室に行くときは整髪料をつけていかないように注意しましょう。

スポンサーリンク