電気アンカVS湯たんぽ!安いのはどっち?

昔から湯たんぽがお得って決まってるよ!

今は電気アンカのほうが安いはず!

レンジで温める系が1番ですよ?

3つの暖房グッズを比較

今回比べるのは次の3つ。

  • 湯たんぽ
  • 電気アンカ
  • レンジで温めるカイロ

電気代や水道代を含めて1番安く使えるのはどれでしょうか。

湯たんぽのコスト

Amazonでベストセラー1位の立つ湯たんぽ2.6Lの場合を考えます。

1Lの水道代:0.3円
1Lのお湯を沸かすガス代:3円

2.6Lなので1回あたり8.6円かかります。

使用料:1ヶ月で258円

電気アンカのコスト

こちらもAmazon1位の平型電気あんかで考えます。

電気アンカの中には温度計が入っていて、温まると自動で電源が切れるようになっています。
消費電力は60ワットとなっていますが、普通に使う分には【強】設定でも8ワット程度です。

8ワットを8時間:1.6円
使用料:1ヶ月で50円

レンジでゆたぽんのコスト


あたため時間は500ワットで3分10秒です。

電子レンジの電気代1回あたり:0.7円
使用料:1ヶ月で21円

今のところ1番安いのは「ゆたぽん」ですが、実はこの計算は間違ってます。
パッケージには温かさ7時間持続と書いてますが本当は4時間くらいで冷えます。8時間使うなら2倍のコストなので料金はこうなります。

使用料:1ヶ月で42円

コストが安い暖房グッズのまとめ

第1位

レンジでゆたぽん
使用料:1ヶ月で42円

第2位

平型電気あんか
使用料:1ヶ月で50円

第3位

立つ湯たんぽ2.6L
使用料:1ヶ月で258円

1番はレンジで温めるカイロ(レンジ湯たんぽ)という結果でした。
安さではゆたぽんですが、私は第2位の電気あんかをおすすめします。

ゆたぽんは暖かさが持続しない欠点があり、毎回レンジで温める手間もかかります。電気アンカはさほど電気代が変わらないのにスイッチを切るまでずっと温かいからです。

スポンサーリンク