貯金アプリのしらたまって何?なぜ「使えないアプリ」なのか

完全無料で貯金をサポートしてくれるアプリ「しらたま」のメリットやデメリットのほか、現実的に「使えるのかどうか」の感想をまとめました。

しらたまって何?

しらたまとは自動貯金アプリの1つです。

しらずにお金がたまる」というテーマを略して、しらたまという名前がついています。

自動貯金アプリを知らない人のために、かんたんに仕組みを説明します。

しらたま-しらない間に貯まる。人生を楽しむ貯金アプリ(Unreleased)

しらたま-しらない間に貯まる。人生を楽しむ貯金アプリ(Unreleased)

posted withアプリーチ

自動貯金アプリとは

貯金アプリは、次の3つを連携させることで自動的にお金の流れを管理したり、支払いの端数を貯金してくれるアプリです。

  • 自分の銀行口座
  • クレジットカード
  • スマホアプリ

しらたまの貯金イメージ

アプリから貯金されたお金はどこに貯まるの?
口座の中に貯金スペースができるニャ!

銀行口座を登録すると、口座の中に貯金用のスペースが設定され、アプリを使って貯めたお金はそのスペースに貯金されます。

定期預金や積み立て預金とは違って自由におろせます。

辞めたいときにすぐ辞められるのはメリットですね。

家計簿として使える

クレジットカードで支払いをすれば、翌月に銀行口座から引き落としされます。支払いの流れを把握できるので自動記録される家計簿としての使い道もあります。

お金が貯まる

貯金アプリを使うときは、最初にどのタイミングで貯金するかを設定します。

カードで支払ったときにその端数を貯金したり、毎日100円を積み立て貯金することができます。

たとえば、980円の本をカードで購入した場合……。

1,000円を払ったつもりで端数の20円が自動的に貯金されるという仕組みになっています。

しらたまの始め方

しらたまの仕組みと使い方を紹介します。

アプリをインストール

しらたまを使い始めるときは、まずスマホにアプリをインストールします。

アプリのダウンロードは無料。

しらたま自体の利用料は完全0円なので気軽に始められます。

銀行口座と連携する

しらたまが連携できる口座は住信SBIネット銀行の1つだけ。

住信の銀行口座がない人は口座を作らないと使えない……。

わざわざ口座開設をするのは手間ですね。

住信を持っていない人は別のアプリを使ったほうがいいでしょう。以下のページには貯金アプリの一覧をまとめました。

クレジットカードを登録

口座連携が終わったら次はカード。

普段使っているクレジットカードを登録し、アプリと連携できるようにします。

貯金の設定をする

しらたまでは、2種類の貯金設定ができます。

  • 積み立て貯金
  • お釣り貯金

積み立て貯金

積み立て貯金は毎日100円積み立てというように金額を設定しておくと、その金額が自動的に貯金されます。

おつり貯金

おつり貯金はカード支払いの端数を自動で貯金してくれる機能。

「1,000円の端数で貯金する」と設定した場合は、以下のように貯金されます。

600円のものを買うと?
→400円が貯金される

800円のものを買うと?
→200円が貯金される

積立貯金とおつり貯金は両方設定することもできるますし、1つだけ使うこともできます。

しらたまの3つのメリット

1.貯めたお金が貯金箱に貯まる

しらたまで貯めたお金はスマホ画面の貯金箱に貯まります。

単なる数字データではなく、見た目にもわかりやすいので貯めた実感があります。

2.貯まりやすい

しらたまを使っている人の体験談では毎月5,000円~1万円を貯めている人が多いですね。

毎日100円の積み立てとおつり貯金を併用すれば毎月5,000円はかんたんに貯まります。

その5,000円を続けるだけで年間6万円です。

3.運営会社が信頼できる

貯金アプリ一覧の記事の「絶対に使ってはいけない家計簿アプリ」の項目でも書きましたが、貯金・家計簿アプリで1番大切なのは運営会社です。

しらたまの運営は株式会社マネーフォワードなので安心感あり!

家計簿アプリも出しているので家計簿と連動してお金を管理することができます。

しらたまのデメリット

対応銀行が少ない

他の貯金アプリと比べて対応銀行が少ないのがデメリットです。

別の記事で紹介したフィンビーならもっと沢山の口座に対応しています。

機能面を比べても、しらたまはシンプル。

フィンビーは貯金が続くような工夫が用意されていますが、しらたまは工夫が少ないように感じます。

デビットが使えない

クレジットカードではなく、デビットカードで支払いをしている人もいると思います。

しらたまはデビットカードとは連携できず、デビットで支払っても端数貯金してくれません。

以下の2つの条件を満たさないと使えません。

  1. 住信SBI口座を使っている
  2. カード払いをしている

私の感想

私は住信SBIネット銀行の口座を持っていて、クレジットカードも多様しているので、しらたまとの相性がいいほうです。

でも、わざわざしらたまを選ぶ理由がない。

というのが正直なところですね。

貯金アプリを使うならフィンビーのほうをメインにします。

フィンビーはシェア貯金があるので家族で協力して貯金できるし、場所貯金があるので「ギャンブルに行ったら500円貯金される」といった罰ゲーム的な使い方もできるからです。