軽い活動量計ランキング【1位は8グラム】

重量の軽いリストバンド型の活動量計をランキング形式で紹介します。

【1位】MISFIT RAY(ミスフィットレイ)

Misfit Ray Fitness Sleep Tracker (ブラック+ピンク)

Misfit Ray Fitness Sleep Tracker (ブラック+ピンク)

10,980円(08/18 21:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

軽さランキング1位だったのはMisfit Wearablesの「ミスフィットレイ」です。

重さは8グラムでした。

デザインがすごい

ミスフィットレイの1番の特徴は、なんと言ってもその見た目です。液晶ディスプレイを採用せず、筒状のライトを使いました。

以下の動画でもわかる通り、ほかの活動量計とはまるで違うデザインになっています。

電池の持ち

ミスフィットレイは、ボタン電池3つで動作するリストバンド型の活動量計です。電池持ちは約4~6ヶ月と悪くありません。

トラッキング

サイクリング対応

手首につければウォーキング、ランニング、睡眠などを計測でき、足首につければサイクリングにも対応できます。

メモリは30日間

本体のメモリーに30日間のデータ保存ができます。保存したデータは、スマホに転送して蓄積することができます。

消費カロリーの表示

また、ミスフィットレイは総消費カロリーの表示ができます。運動時の消費カロリーだけでなく、基礎代謝で消費する分もあわせて1日の消費カロリーを確認できます。

睡眠

ミスフィットレイを手首につけて眠ると、自動的に睡眠の計測をスタートします。以下の項目を記録できます。

  • 入眠時刻
  • 眠っていた時間
  • レム睡眠、ノンレム睡眠の判定

【2位】Vivosmart4(ビボスマート4)

軽さランキング2位だったのはガーミンの「Vivosmart4」です。

重さは15.9グラムでした。

超・多機能

Vivosmart4の魅力は、その多機能性です。他の活動量計では測れないライフログが取れます。

ストレス値を計測

Vivosmart4は光学式の心拍計測センサーがついています。そのセンサーにより、今感じているストレス量を数字で計測してくれます。

1日のどの時間帯にストレスが多いのか、何をしているときにストレスが上がっているのかを客観的に見ることができます。

スマート機能

Vivosmart4はスマートウォッチの機能を搭載しています。

スマホからの通知を受け取ったり、天気情報を表示したり、スマホの音楽再生を操作できます。

AndroidスマホとiPhoneの両方に対応しています。

電池の持ち

Vivosmart4は充電式の活動量計です。フル充電した状態で、約7日間の電池持ちになります。

1週間に1度のペースで充電するので、充電を忘れづらいのがポイントです。

トラッキング

目標設定

1日の歩数を設定しておくと、ゴールまでの歩数を表示できます。

また、自動ゴール設定を行えば、日々の活動レベルを自動的に学習して、最適な歩数目標をゴールに設定してくれます。

メモリは7日間

本体への保存期間は短めです。アクティビティデータは7日間、ライフログデータは14日間になります。

7日に1度は充電するので、そのときにスマホへデータ転送すれば間に合います。メモリは7日間でも問題ありません。

フィットネス機能

ウォーキングやランニングのほか、以下のような活動もカウントできます。

  • 筋トレ
  • ステッパー
  • フロアクライミング
  • ヨガ

睡眠

合計睡眠時間のほか、レム睡眠・ノンレム睡眠の睡眠状態を記録できます。

【3位】MOVEBAND3(ムーブバンド3)

軽さランキング3位だったのはドコモヘルスケアの「ムーヴバンド3」です。

重さは17グラムでした。

ぱっちりアラームが便利

ぱっちりアラームとは、目覚ましをセットした少し前から睡眠の深さをチェックし、1番起きやすいタイミングで目覚ましをかけてくれる機能です。

本体が振動するので、周りに音を出せない環境でも使えます。

電池の持ち

ムーヴバンド3は充電タイプの活動量計です。

約5日間の電池持ちです。

活動量計の中では電池の持ちが短く、1週間のリズムに合わせづらいのも難点です。人によっては充電が面倒くさくなって、すぐに使わなくなってしまう可能性があります。

トラッキング

ムーヴバンド3では以下の項目を計測できます。

  • 歩数
  • 消費カロリー
  • 移動距離
  • ジョギング
  • 睡眠時間

その他の活動量計

今回のランキングで調査した活動量計の重量を表にしました。

メーカー製品名重量
ポラールOH1+17g
FitbitInspire HR18g
LifesenseBand2S22g
山佐 anemosFit AW-001 22g
サムスンGalaxyFit SM-R37023g
HUAWEIHUAWEI Band324g
HUAWEIHUAWEI Band3 Pro25g
ソニーSmartBand 2 SWR1225g
FitbitAlta HR27g
HealbeGoBe228g
LEADTEKamor HP+30g
FitbitCharge235g

1位のミスフィットレイと、Fitbit Charge2の差が27グラムもあるのには驚きですね。活動量計の重さによってつけている感覚が全然違いますので、活動量計を選ぶときは本体重量にも注目しましょう。

活動量計の選び方については次のページにまとめています。

関連記事

キューコ的ポイント 電池は最低6ヶ月は持って欲しい 活動量計を選ぶからには、電池は長持ちしてくれないと困りますね。 スマートウォッチのほうが高性能なのに、あえて活動量計を選ぶのには充電が面倒くさいからです。 ス[…]