ブログのアクセス数を増やす方法【悪質な3つの禁止行為】

悪質ブロガーが使ってるブログのアクセス数を増やす方法を解説します。

「やっちゃいけないアクセス数の増やし方を知っておきたい」「騙されないようにしたい」という人向けです。

この記事を読めば、悪質ブログを見抜けるようになります。

私の信頼度
スタートから1年目でブログ月収10万円を突破!
いまはブログだけで暮らせるくらいの収益になりました。

ブログのアクセス数を増やす方法

モザイク

1.序盤だけグチャらせる

トレンドブログ系の、悪質アフィリエイターが使う手法です。

  • アイドルの画像を無断で転載する
  • 他人のコスプレ画像を勝手に載せる
  • パクツイ(他人のツイートをパクる)する

さらに「写真集の中身をアップしてアクセスを稼ぐ」ような手法も使われます。

なぜ逮捕されないの?

やってることは違法なので訴えられる可能性があります。

だから彼らは「序盤だけ」違法コンテンツをアップロードします。

  1. 違法コンテンツでアクセス稼ぐ
  2. ブログが有名になったらコンテンツ削除
  3. 安全に運営

この手順を踏むことで、訴えられない工夫をしてます。

Youtubeやニコ動も似たことをしてる

実は、Youtubeやニコニコ動画も似たような仕組みです。

ニコニコ動画
→むかしはアニメ本編が無断でアップされてた

Youtube動画
→むかしはテレビ録画が無断でアップされてた

違法コンテンツでユーザーを集め、有名になったら健全運営に移行します。

序盤にグチャらせて、アクセスを集めてから改善するという手法を使ってます。

動画サイトはプラットフォームなので扱いが違いますが、ブロガーがこれをやると完全に違法となります。知らずにやってしまわないように注意しましょう。

2.なりすまして人気を出す

自分のプロフィールを偽る手法です。

本当は45歳のおじさんなのに、18歳の女子大生だと嘘をついてアクセスを増やす行為です。

  1. マッチングアプリで自撮り写真を集める
  2. 自分のブログのプロフィール画像にセットする
  3. インスタで女子大生の写真を集める
  4. 写真の一部を切り取ってブログに貼る

一部を切り取ることで、本人にバレにくい工夫をしています。

著作権侵害、肖像権侵害、詐欺のスリーアウトです。

3.自作自演のコメントで騙す

アクセス数を増やす方法というよりは、アフィリエイトの売上をアップさせるための手法です。

自分のブログに、次の2つのコメントを自分で書きます。

【通りすがり】
管理人さんが言ってた○○を買いました。本当にいいですね。肌が弱くて困ってましたが、ようやく自分に合う化粧品が見つかりました。
【管理人】
○○は肌に優しいですよね。コメントありがとうございました。

そして、ブログのコメント欄を閉じます。

  1. これを見た読者は「○○は肌に優しいって本当だったんだ」と思い込む
  2. ○○を買う
  3. 騙される
  4. 批判コメントを書きたいけど無理
  5. (すでにコメント欄が閉じられてるから)

これが、アフィリエイト報酬が高い商品(品質の悪い商品)を買わせるための自作自演です。

以上、ブログのアクセス数を増やすための3つの悪質行為でした。騙されないための参考にしてください。とくに、コメント欄が途中で閉じられてて、ポジティブなコメントばかりのブログは要注意です。

正攻法でアクセスアップ

上昇

以下の記事の「SEOがいらない理由」を理解してるのに、どうしてもアクセスが伸びない人向けのテクニックを解説します。

関連記事

SEOがいらない理由を解説します。 「SEOが必要ないのはなぜ?」「最低限やるべきSEO対策を教えて」という人向けです。 この記事を読めば、ブログの成功に「何が大事なのか」わかります。 SEOがいらない理由は2つある […]

副収入

アクセスの9割は検索エンジンから集まる

アクセス数の9割は検索エンジンからです。検索して入ってきたアクセス数のことを「検索流入」と言います。

これはSNSのフォロワーが多い人でも同じです。

アクセスのほとんどは検索流入なので、「検索エンジンが何をしたのか」を知っておく必要があります。

検索エンジンは「知りたいこと」を教えたい

検索エンジンの役目は、知りたい情報が書かれてるサイトを上位表示することです。

たとえば、近くのランチを知りたいとき。
お店の一覧ページや、グルメのレビューサイトがヒットしますよね。

ユーザーの知りたい情報を、ユーザーに渡すのが検索エンジンの仕事です。

では、検索エンジンは、どうやって「どの情報を渡すか」決めてるのでしょうか。

検索したキーワードに沿って情報を選んでいる

たとえば、ブロガーが「安いランチのお店10選」という記事を書いたとしましょう。

この記事は、安いランチを探してる人の役に立ちますよね。

だからGoogleは「安いランチ」で検索したときの答えとして、「安いランチのお店10選」というページを上位表示します。

Googleにキーワードを教えるのがSEO

「この記事は安いランチのことが書いてありますよ~」

それをGoogleに伝えるのがSEOです。

記事タイトルに「安い」「ランチ」というキーワードを入れます。本文の中にも「安い」「ランチ」というキーワードを入れます。

こうすることで、記事内容をGoogleに知らせます。

キーワードを3つ入れる

キーワードを3つ入れると、的確に記事内容を知らせることができます。

2つ「ベビーチェア+おすすめ」
→知りたいことの範囲が広い

3つ「ベビーチェア+おすすめ+木製」
→知りたいことの範囲が狭い

記事の範囲が狭いと、ユーザーが知りたいことのマッチ度が上がります。その結果、検索したときに上位表示されやすくなります。

1300文字以上の記事を書く

文字数が少ないページは、情報量も少なくなる傾向があります。

一般的に、検索エンジンは1,000文字以上の記事を好みます。

私のデータでは、1,300文字あれば上位表示できることを確認しています。

アクセスアップを考えるなら、1,300文字以上を目指しましょう。

メタディスクリプションを書く

本当にこれをやらない人が多い!

そして、私もその一人でした。

ワードプレスの記事に「メタディスクリプション」を設定するだけで、アクセス数を増やすことができます。

効果のあるメタタグの書き方は、次の記事で解説しています。

関連記事

メタディスクリプションのSEOへの影響を解説します。 「どれくらいSEO効果があるか知りたい」「メタディスクリプションの書き方」を知りたい人向けです。 この記事を読めば、最新のGoogle機能「スペニット」の対策がわかります。[…]

副収入

以上、ブログのアクセス数を増やす方法でした。悪質な方法は使わず、正攻法でアクセス数の増加にチャレンジしてみてください。
ブログ副業で家計を楽にするために!