アフィリエイトとステマの違い【ステマ批判は回避不能】

アフィリエイトとステマの違いを解説します。

「1番の違いは何?」「ステマ批判を回避する方法は?」という人向けです。

この記事を読めば、ブログ運営で注意すべき3つのことがわかります。

アフィリエイトとステマの違い

アフィリステマ
主にブログや動画でやるブログ、動画
レビュー投稿
主に一般人がやる有名人や企業がやる
目的は商品紹介目的は利用者を騙すこと

ステマとアフィリエイトの1番の違いは、見た人が「宣伝活動」だと認識できるかどうかです。

アフィリエイト=明らかな宣伝

ブログの商品紹介は、商品を紹介してること(宣伝してること)が明らかです。また、ブログ内に「広告」であることが明記されています。

うちのブログなら、利用規約で広告サービス利用を明言しています。

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイトほか)を挿入しているページがあります。

報酬発生のタイミング

アフィリエイトでは、広告がクリックされたり、商品が買われたときに報酬が貰えます。

広告を貼っただけでは1円も貰えません。

ステマ=隠れた宣伝

ステマ(ステルスマーケティング)は、宣伝だとわからないように商品紹介する手法です。

芸能人やネット有名人(インフルエンサー)が、あたかも宣伝じゃないかのように商品を紹介します。

ネットで偶然に見つけた●●ってやつ、とってもいいよ

アタマの回転が早い人は、こう思うかもしれません。

「あれ? 商品紹介してるんだから、アフィリエイトと同じじゃない?」

ステマとアフィリエイトでは、報酬発生のタイミングが違うのです。

ステマの報酬発生

芸能人は、商品を紹介する前に、企業から報酬を受け取ってます。

企業「50万円あげるので、●●を自然な感じで紹介してください」

芸能人は依頼を受けて商品を紹介してます。

依頼を受けて紹介するんだから、100%宣伝ですよね。

100%宣伝なのに、宣伝であることを隠す。

それがステマです。
ユーザーを騙すマーケティングなので問題視されています。

以上がアフィリエイトとステマの違いです。ユーザーを騙すという点において、ステマとアフィリエイトは完全に別物です。

ですが、別物だと思ってくれる人は少数です。

ここからは、その理由を説明します。

ステマ批判の回避は不可能

STOP

アフィリエイトをやる以上、ステマ批判からは逃れられません。

その理由は「悪質なアフィリエイター」がいるからです。

悪質アフィリエイターの存在

悪質アフィリエイターとは、読者を騙して広告収入を得ている人のことです。

たとえばランキングサイト。

「品質が悪いけど広告報酬が高い商品」をランキング1位に表示するサイトです。

悪質アフィリエイターはユーザーを騙すつもりなので、やってることはステマと一緒ですね。

みんなも、悪質アフィリエイターの存在に気づいています。

SNSでは、以下のような口コミが多数あります。

  • 検索してもアフィリエイトしか出ない
  • ランキングは嘘ばかりだから

ランキングが広告報酬の順だと気づいてます。

しかし、「真面目なアフィリエイト」と「悪質アフィリエイト」を見分ける方法には気づいてません。

そのため「アフィリエイト=悪質」と決めつけるしかなく、アフィリエイターを無条件で批判することになります。

批判は回避できませんが、自分の努力で「正しいブログ運営」をすることは可能です。ここからはブログ運営で注意すべき点を紹介します。

ブログ運営で注意すべき3つのこと

1.広告であることを記載する

ブログに広告を貼るなら、「プライバシーポリシー」や「利用規約」をしっかりと作ります。

2.報酬より情報を重視する

広告報酬の順にランキングを作ったり、品質の悪いものを紹介しないようにします。

「報酬順でランキングを作らない!」という考えでブログ運営をすれば、信頼が高まり、結果的に収益性もアップします。

実例としては、うちのブログの「ネット回線カテゴリ」がわかりやすいと思います。ASPで広告を確認して貰えばわかると思いますが、私の「おすすめ度」と「報酬額」はまったく関係ないです。「IPv6非対応の回線はリスクが高くてダメだ」と思ってるので、いくら報酬が高くてもおすすめしません。

3.自分の意見を言う

上に書いた「IPv6非対応はダメ!」っていうのが意見です。

報酬ベースではなく、意見ベースで商品を紹介することで、その意見に同調する人が買ってくれるわけです。

~もしブロガー全員が報酬を優先したら~

  1. 役立たないブログだらけになる
  2. 「どうせ役立たないから」と思い、誰もブログを検索しなくなる
  3. ブロガー全員の収益が減る

報酬ベースの商品紹介は、自分のクビをしめることになります。ブログの価値を下げないためにも、意見ベースで運営するのがおすすめです。

以上、ブログ運営3つの注意点でした。アフィリエイトとステマを勘違いされないためにも、3つの方法を試してみてください。