ヒトデブログを比較しながら分析してみた

こんにちは、キューコです。
私はプロブロガーで、ブログ収入だけで生活しています。

今回は、有名ブロガーのヒトデさんの記事「滅茶苦茶わかりやすいブログの始め方」を分析しました。

Google、ちゃんとやってるな……ってことが、わかる結果でした。

ヒトデブログを比較しながら分析

「ブログ 始め方」で検索し、上位表示の2記事を比較します。

この記事の執筆時点で1位~2位を争っているのは、「Buzzenceさん」と「ヒトデブログさん」でした。

※以後「さん」を省略します

基本的なデータを比べてみます。

1位
Buzzence
2位
ヒトデブログ
8726文字8294文字
画像
30枚
画像
18枚
管理人の知名度
少ない
管理人の知名度
多い
最初の話題
「ブログとは」
最初の話題
「ブログで稼ぐとは」

文字数は同じくらい

文字数は8,000文字程度でした。

ブログ関係に限らず、2019年、難しいキーワードで上位表示してる記事は8,000文字前後が多いです。

画像の枚数

画像の枚数はBuzzenceのほうが多いですね。
しかし、画像単体で見たときのわかりやすさは、ヒトデブログのほうがわかりやすいと感じました。

Buzzenceは画像と説明文をセットで読まないと、意味が伝わりづらいです。
ヒトデブログは、画像単体で見ても、なんとなく意味がわかります。

管理人の知名度

Twitterのフォロワー数や、言及数から考えると、ヒトデブログのほうが知名度が高いように思います。

知名度に応じて支持者も増えるので、「人気度」という面でもヒトデブログの勝ちです。

この「人気度」が今回の比較の重大なポイントになります!

いったん置いておいて、次に進みましょう。

2つのブログは「最初の話題」が大きく異なる

Buzzence
→ブログとは

ヒトデブログ
→ブログで稼ぐとは

「ブログ 始め方」で検索したとき。
どっちを1位に表示すべきでしょうか?

「ブログとは、のほうを1位表示すべきだ」という考えもありますよね。

なぜなら、「ブログを始めたい人=稼ぎたい人」ではないからです。

  • ただ日記を公開したいかも
  • 趣味の写真をアップしたいだけかも
  • 町内会ブログを作りたいのかも

たとえば、おじいちゃんが町内会ブログを始めようと思って「ブログ 始め方」を検索しました。

1位に表示されたページを見て、いきなり稼ぎ方の話をされたら「あれ? 違うぞ?」ってなりますよね。
おじいちゃんが知りたいのは稼ぎ方ではないのです。

Buzzenceの記事
→ブログを始めたい人に対しての記事

ヒトデブログの記事
→ブログで稼ぎたい人に対しての記事

正解はわからない

「ブログ 始め方」に対してマッチする記事の正解はわかりません。

極端に言います。
ブログの始める人の6割が、ブログで稼ぎたい。
だとしたら、ヒトデブログのアプローチが正解ですよね。

逆に、 始める人の6割が 、ただブログを始めたいだけ。
これなら、Buzzenceのアプローチが正解になります。

この割合は時代とともに変化するので、ハッキリした正解は誰にもわかりません。

Google、ちゃんと頑張ってる!

まず、次のワードではヒトデブログが1位に表示されます。

  • 稼ぐ ブログ 始め方
  • 収入 ブログ 始め方

ヒトデブログの記事が「ブログで稼ぎたい人に対しての記事」だと、Googleが認識していることがわかります。

読みやすさ

完全な主観ですが……。
ヒトデブログのほうが文字数が少なく感じます(同じ8000文字なのに)。

  • デザインが見やすい
  • 画像がわかりやすい
  • キャラクター化されてて親しみやすい

パッっと見たときに、読み進めやすいんですよね。

Buzzenceは文字がギッシリしてる感じがします。
私は読書が大好きなので、Buzzenceの書き方も好きですし、中身があればデザインはどっちでもいいです。

しかし、本が嫌いな人にとっては「ヒトデブログのほうが読みやすい」と感じるのではないでしょうか。

にも関わらず「ブログ 始め方」の順位が(一時的としても)入れ替わったのは、大きいですよね。

Googleがデザイン至上主義(本嫌いな人への優遇)になっていないと実感できます。

人気度、知名度

これも厳密には調べようがないですが、おそらくヒトデブログのほうが知名度が高いと思います。

知名度の高い人の発言って、評価されやすいですよね。

知らないオジサン
→年内に、韓国コスメの特化ブログやったら稼げるよ

ホリエモン
→年内に、韓国コスメの特化ブログやったら稼げるよ

同じことを言っても、知名度や実績がある人の言葉が評価されます。
当然と言えば当然だし、評価するのが大衆心理です。

でも、ここには1つ問題があります。

知名度がある→評価される→知名度上がる→評価される

知名度と評価の無限ループが起き、新規参入が出来なくなるんです。

今回の順位入れ替えでわかるのは、知名度が少なくても「コンテンツ(&何かしらの施策)」によって逆転が可能ということ。

これからブログを始める人にも、チャンスがあるということです。

強引にまとめます。

Buzzenceさんとヒトデブログさんはどっちも凄いけど、「誰に向けて記事を書いているか」が違った。

SEOやアクセスアップにおいて、これまで以上に「誰に向けて書くか」を意識したほうが良さそう。

今からブログを始めた人でも、頑張れば成功できる!

ブログ副業で家計を楽にするため、頑張っていきましょう。