ブログを成功させる17のコツ

せっかくブログを始めたのだから、沢山の人に読んで欲しい、ブログを成功させたいという人向けにブログ運営のコツを紹介します。

★関連する記事★

関連記事

節約はどんなに頑張っても限界があります。収入が減ると節約効果も下がってしまいます。そこで、収入源を増やすためにブログでお小遣いを得る方法をステップに分けてまとめました。 ★関連する記事★ [sitecard subtitle=[…]

ブログでお小遣いを得るための流れ

目次から見たい項目を選んでください↓↓↓

ブログのネタ切れ対策のコツ

8つのフレーズで無限に書ける

ブログのネタを無限に出すフレーズがあります。
この8つです。

  • AとBの違い
  • メリット/デメリット
  • 成功談/失敗談
  • 得したこと/損したこと
  • ○○のコツ
  • ○○を暴露
  • ○○のやり方
  • ○○の一覧

よくブログで見かけるタイトルですね。

このフレーズを使うと、具体的にどうなるのか!

自分のプロフィールとフレーズを組み合わせてネタを作ってみましょう。

プロフとフレーズを組み合わせる

自分のプロフィールを書きます。
そこからネタを探せば20記事は書けます。

たとえば、よくありそうな、こんなプロフィール。

長女、子供の頃に犬を飼ってた、勉強が苦手だった、得意科目は美術だった、高校を出て就職した、4年で寿退社した、1年パートをして、やめて、またパートを始めて続けている。

ここから20のネタを考えてみます。

  • 長女に生まれて嫌だったこと、良かったこと
  • 兄弟が居て(一人っ子)で得したこと、損したこと
  • 犬を飼ってて私が学んだこと
  • 勉強が苦手な当時の私は、いったい何が苦手だったのか
  • 大人になってわかった勉強よりも大切なこと
  • 友達との失敗談、成功談
  • 恋愛での失敗談、成功談
  • 美術の授業で活躍するためのコツ
  • 高卒で就職することのメリット・デメリット
  • 残業時間と給料を暴露します
  • 仕事を早く覚えるコツ
  • 就職面接のときにやった準備リスト
  • 寿退社のとき、会社に言うタイミングは?
  • 寿退社をしたときの周りの反応
  • 1年のパートでわかった店員の裏側
  • こんなお客さんは嬉しい。嬉しいお客さんの特徴
  • 仕事をしてない時期の過ごし方
  • 家事を早く終わらせるためにやっていること
  • 旦那の愚痴をうまく聞き流す方法
  • 旦那の両親との付き合い方

細かく書けば、学生時代だけでも20記事くらい書けそうですよね。
「好きだった先生と、嫌いな先生の違い」とか。

8つのフレーズを使えば、ブログのネタは無限です。

本で学んだことを書く

それでも書くことがなくなったら、本を読んで学んだことを書きます。

「○○のやり方」みたいな本がいいです。

体験を増やす

それでもネタ切れしたときは、新しいことにチャレンジします。

  1. 普段は見ないような映画を見る
  2. イベントに参加する
  3. スクールに通う
  4. 新しい趣味を始める

新しい趣味を始めるのがベストです。

キャンプを趣味にしてみようかな……と思ったとき、キャンプについて何もわからない状態からスタートしますよね。

このとき、初心者の自分が知りたかったことを記事にするんです。

  • 服装はどうしよう
  • 料金はいくら?
  • 予約はどうやるの?
  • マナーはある?
  • 火はどうすれば?

これはみんなが知りたいことなので、自然とアクセスを稼げる記事になります。

ネタ探しサイトを使う(雑記ブログ向け)

さらに困ったら情報サイトからネタを集めます。
以下のサイトが便利です。

ここからはネタの例を一覧で紹介します。

ネタの例の一覧

食べ物ブログのネタ

  • ○○と○○を飲み比べ。甘かったのはこっち
  • 炭酸が強かったのはこっち
  • ピーマンとパプリカの違い。ビタミンが多いのは?
  • コンビニの新作パンを買ってみた
  • ファミチキ、お茶漬けにしたら美味しい説
  • 肉を柔らかくする方法
  • ステーキを上手に切るコツ
  • 吉野家でカロリーが低いメニューはこれ
  • ゆで卵は塩より○○をつけると美味しくなる

占いブログのネタ

  • ○○(中学生/高校生)から占いを始めました
  • 信じる占いと信じないほうがいい占いの違いとは
  • 雑誌の占いは当たる?
  • 占いの種類の一覧
  • 手相占いとタロットはどう違う?
  • 恋愛を占ってもらうときのコツ
  • 仕事運を占ってもらうときのコツ
  • 占いの結果は変えられる?
  • 占いを信じない人との付き合い方

睡眠ブログのネタ

  • 眠るための方法
  • 前日の緊張で眠れないときの対策
  • 眠りやすい寝具とは
  • 寝るときは横向きと仰向けのどっちがいい?
  • アイマスク睡眠の効果
  • 耳栓をつけると睡眠が変わる
  • 睡眠計の使い方
  • 眠りの質を改善する目覚ましセットの方法
  • 二度寝のメリット、デメリット

英語ブログのネタ

  • 英単語の覚え方!ペダルのペと、ペディキュアのペは同じ
  • リスニングとライティングのどっちをやるべき
  • 目的によって英語の学び方は変わる
  • 子供に英語を教えるときのコツ
  • スクールは何歳から?
  • 評判のいい教材はある?
  • 英語で話せる友達を作る方法
  • お金をかけずに海外に言ってネイティブ英語を体験する方法
  • 英語多読は何ヶ月で効果が出る?

音楽ブログのネタ

  • 流行りの○○ランキング
  • 和風な曲の一覧
  • 絶対に聞いたことのある海外の曲
  • ○○のCMに使われたのはこの曲
  • 純正律と平均律の違い
  • ロウラリとハイラリって何?
  • カラオケでハモるときのコツ
  • Dawを買うならPro toolsがいいの?
  • FL Studioだけでループミュージックは作れる?

季節のネタ

1月初日の出。初詣。おみくじ。甘酒。初夢。七草粥。モチ。成人の日
2月豆まき。恵方巻。鬼のお面。バレンタイン。手作り。渡し方。義理チョコ。うるう年。雪まつり
3月ひなまつり。掃除。しまい方。ホワイトデー。お返し。卒業式
4月エイプリルフール。お花見。桜。場所取り。お酒。入学。入社
5月GW。連休の過ごし方。こいのぼり。兜。5月病
6月梅雨。雨の日でもできること。母の日。父の日。年代別のプレゼント。ジューンブライド。結婚の日取り。式のこと
7月海開き。七夕。願いごと。花火大会。屋台。お中元
8月夏休み。夏祭り。お盆。扇風機。クーラー。スイカ。プール。熱中症
9月お月見。うさぎ。餅つき。紅葉。きのこ。読書。
10月文化祭。学園祭。思い出。紅葉狩り。ハロウィン。コスプレ。
11月七五三。子供の成長。写真撮影。ボジョレヌーボー。夫婦の日。
12月お歳暮。クリスマス。冬休み。年末。大晦日。大掃除。過ごし方。除夜の鐘。煩悩。

ブログカテゴリを分けるコツ

「カテゴリー名はどうすればいい?」「カテゴリを決める基準は?」というようにカテゴリ分けで迷っている人向けのコツです。

親子関係を作らないこと

親子関係はこんな風に↓どんどん細かくなる分け方です。

生物
├哺乳類
│├ネコ
│├イヌ
││├ポメラニアン
││└チワワ
│└人間
└爬虫類

ブログのカテゴリは、細かく分けると使いにくくなります。

カテゴリを細かくしない理由は、途中で破綻するからです。

たとえば、以下のような親子のカテゴリを作った場合……。

趣味
├漫画
│├ドラゴンボール
│└ワンピース

└アニメ
 ├ドラゴンボール
 └ワンピース

一見するとキレイに分かれていますが、これでは困ることがあります。ドラゴンボールとワンピースがコラボしたときに分類できません。

だから親子関係を作らず、「漫画」と「アニメ」のように大きなカテゴリだけを作ったほうが実用的です。

読者の目線に立つこと

カテゴリは読者の目線に立ってわけます。
たとえば、育児と節約を扱ったブログであれば「育児」「節約」の2つのカテゴリに分けます。

考えようによっては「生活テクニック」という1つのカテゴリにまとめられますが、まとめないほうがいいでしょう。

それは、読者の対象が違うからです。

節約カテゴリの対象
学生、独身、夫婦など、対象が幅広い

育児カテゴリの対象
育児に興味のある人だけ見る

2つに分けることによって、読者に使いやすいブログになります。

雑記ブログのカテゴリ分けの例

雑記ブログでも基本は同じ。ユーザーの興味によってカテゴリを分けます。

たとえば、記事が6種類ある雑記ブログ。

  • 外食の記事
  • 映画やドラマの感想
  • 買った家電の紹介
  • 旅行の記事
  • 本の感想
  • 買った文房具の紹介

こうやって3つに分けます。

おでかけカテゴリ・外食の記事
・旅行の記事
感想カテゴリ・映画の感想
・ドラマの感想
・本の感想
買ったものカテゴリ・家電の紹介
・文房具の紹介

カテゴリを3つに絞りました。
ここで疑問に思うかもしれません。

「家電と文房具が同じカテゴリにあると使いづらくない?」

これに関しては大丈夫です。
雑記ブログの読者は、あなたの買い物に興味があるからです。

ちょっと具体的に説明しましょう。
読者がカテゴリを巡回するのはどんな時でしょうか?

たとえば東芝の電子レンジについて調べていた人が、あなたのレビュー記事を読みました。

この人は、家電カテゴリにある冷蔵庫のレビュー記事は見ませんよね。だって今欲しいのは電子レンジなのだから。

じゃあ、別の記事を見るのはどんなときか。
あなたの買い物に興味があるときです。

電子レンジ情報ではなく、あなたのレビュー内容やブログの書き方が気に入ったので別の記事を見ます。だから、文房具でも、家電でも、あなたの買ったものを見たいのだから「買ったものカテゴリ」で十分なのです。

記事が増えたら分ける
もちろん、記事が増えてきたらカテゴリは分けます。この場合は子供カテゴリを作るのではなく、親カテゴリを増やしましょう。

こんな感じです。

  • おでかけ
  • 感想
  • 家電
  • 文房具

では次は、カテゴリ名の決め方について解説します。

カテゴリ名を決める2つのコツ

1.読みたくなる名前にする

読者が見たとき、内容を想像できるカテゴリ名にします。

猫カテゴリの例

  • 猫との暮らし

これなら「猫との暮らし」のほうが読みたくなりますよね。
記事の楽しさを想像できるからです。

英語カテゴリの例

  • 英語学習実践記録
  • 英語を勉強してみた

今度は「英語を勉強してみた」のほうが読みたくなります。
「簡単そうだ!」と想像できますよね。

ラーメンのカテゴリの例

  • ラーメン
  • ラーメン食べ歩き

これは「食べ歩き」のほうがいいですね。
カテゴリを見ただけで「詳しそうだ!」と想像できます。

2.読者視点で言い換える

言葉を簡単にする

  • モバイル端末
  • スマホとタブレット

「スマホとタブレット」のほうがわかりやすいですね。「モバイル端末」という言葉は難しいので、使い慣れてない読者もいます。

利用者の視点になる

  • 安く売る店
  • 安く買える店

利用者の立場だと「安く買える店」が正解ですね。

カテゴリ名をつけるときは「読みたくなる+読者視点」にするのがコツです。

記事タイトルを決めるコツ

記事タイトルがいいと読んでくれる人が増えます。逆に、タイトルが悪くて読んで貰えない場合もあります。記事タイトルの決め方について紹介します。

バズりたい
→感情タイトル

検索流入を増やしたい
→情報タイトル

タイトルには感情と情報の2通りある

タイトルには次の2パターンあります。

  • 感情を動かすタイトル
  • 情報で読みたくなるタイトル

タイトルを決めるときは、2つを使い分けます。

検索エンジン用と、SNS用で、タイトルの付け方が違うからです。

感情タイトル

読者に「読みたい!」と思わせるのが感情タイトルです。
以下のように、読者の興味をひきつけます。

  • なんでだろう?
  • 気になる!
  • 読まないとヤバイかも!

以下の記事は良いタイトルですよね。

ホットアイマスク『あずきのチカラ』を『めぐリズム』よりも圧倒的におすすめしたい2つの理由

出典:yohei.hatenadiary.com

まず、「あずきのチカラ」「めぐリズム」はよく似ています。目元を温めるアイマスク商品です。

よく似てるのに、どうして圧倒的に片方をおすすめしてるの?(読みたい!)

この記事が読みたくなるのは、感情を動かされるからです。

感情タイトルはSNSやリピーター向け

感情タイトルを使ってバズるのは、SNSのフォロワーが多かったり、リピーターの多いブログです。

たとえば、こういう記事がSNSで流れてきたらどうでしょう。

「ブログ副業がバレて会社をクビになり、4ヶ月後に収入50万円→2万円に減った理由と、ブロガーに伝えたい注意点」

注意点を知らなきゃヤバイかも……って思ってしまいそうです。

感情タイトルのデメリット

感情タイトルのデメリットは、キーワードを検索されないことです。

ブログを検索するとき「ブログ 注意点」のように、2つの短い単語を使うことが多いですよね。

「副業 会社クビ ブロガー 注意点」のように長いワードでは検索しません。
そのため、さっきの記事は検索にヒットしづらいのです。

感情タイトルはSNS流入やリピーター向けのタイトルです。

情報タイトル

情報タイトルとは、検索エンジン向けのタイトルです。

たとえば、これ↓です。

『冷房除湿と、再熱除湿の見分け方』

感情を揺さぶられないのでSNSではバズりません。しかし、「再熱除湿 見分け方」などの検索でヒットしやすくなります。

情報タイトルは、検索エンジン向けのタイトルです。

2つのタイトルの使い分け

電子書籍

ブロガーなら感情タイトル

読み物としてのブログを運営してるなら、感情タイトルの記事が有効です。バズりやすいのでPVが増えます。

ブロガー寄りのブログで有名なイケハヤさんのタイトル↓

【悲報】サラリーマンが夢見がちな「暇な生活」というのは超地獄です。

www.ikedahayato.com

「サラリーマン 夢見がち」「暇な生活 地獄」なんて検索しませんよね。

完全な感情タイトルです。
ブロガー寄りのスタイルなら、これでPVを増やせます。

情報ブログなら「情報+惹き」のタイトル

情報だけだと……
→冷房除湿と、再熱除湿の見分け方

情報+惹きだと……
→知らなきゃ損!弱冷房と再熱の見分け方。電気代が30%オフ

情報だけのタイトルだと、本当に興味のある人しか見ません。そこで「惹き」を加えます。

  • 初心者でもできる!
  • ○○をするたった1つの方法
  • 数字を入れる
  • 誰でも簡単に○○する21のルール

あれ? これって、よくある記事タイトルの付け方じゃん!

そうなんです。
記事タイトルの付け方でよく見かける「タイトルに数字を入れよう」的なテクニックは惹きについて紹介したものなんです。

ではここからは惹きの作り方を解説していきます。

読まれる記事タイトル7のコツ

リスト

1.対象者を限定する

  • 初心者でもできた
  • 主婦でもできた
  • 男のためのトリートメント

「○十代からの基礎化粧品」と同じ仕組みです。
限定すると「あ! 自分のことだ」と思って読まれやすくなります。

2.時間を限定する

  • チャンスは今だけ
  • 出遅れるな
  • あと30日で終了の

「在庫残り10点!」と同じ仕組みです。
すぐに読まないと損するという気持ちが働きます。

3.簡単さをアピールする

  • 誰でもできる
  • 素人がいちから
  • たった3分で
  • 1週間続けるだけで
  • 努力なしで

簡単さをアピールすることで、わかりやすい印象を持って貰えます。

4.網羅する

  • 格安SIM、37種類の比較
  • 役立つアプリ17選
  • ○○に関する99の裏技

情報が網羅されてると読まれやすくなります。

5.損失を伝える

  • 知らないと損
  • 5万円くらい損してるかも
  • 今のままでいいの?
  • そのやり方、PVを無駄にしてます

「損をしたくない」という心理が働きます。

6.リアリティを出す

  • 私が体験した
  • ○○をやってみた
  • ○○さんに聞いた
  • 大学を中退した僕でもできた

具体的にすることで情報の信憑性が高まります。

7.数字(中途半端)を入れる

  • 17の方法
  • 13のおすすめ○○
  • ○○に大切な9のこと

数字を入れると読まれやすくなります。
中途半端な数にすると効果的です。

30選よりも、23選のほうがリアルですよね。「本当に選んだから、中途半端な数になったんだ」という心理が働きます。

組み合わせてタイトルを作ってみた

コツを組み合わせてタイトルを作ってみました。

『記事がもったいない!主婦ブログ向け、たった10分でPVが1.7倍になる記事タイトルのコツ』

これだと長過ぎるので、もう少し削ったほうがいいですね。
目安は、32文字前後です。

『記事がもったいない!10分でPVが1.7倍になる記事タイトルのコツ』

これで「情報+惹き」タイトルが完成しました。情報だけのタイトルより魅力的に感じますよね。運営してるブログのスタイルにあわせて、記事タイトルを工夫してみてください。

ブログを速く書くコツ

文章だけ書いて、あとで装飾する

文章だけに集中して、先に終わらせます。

装飾(マーカーを引いたり、太字にしたり、画像を使ったり)は最後にまとめます。

先に文章だけ書くと集中力が上がって速く書けます。

タイマー読み上げアプリを使う

タイマーの残りを、音声で知らせるアプリを使います。

使い方はこんな感じ。

  1. 「今日は10分で書き終わる!」と決意する
  2. タイマーを10分にセット
  3. 1分ごとに「残り○分です」と言われる
  4. 集中力がアップ
  5. 早く書ける

これは、タイムアタックの気分でやると効果的です。

「なんだか、気分が乗らないな~」というときでも、10分のタイムアタックにすると集中できてしまうんです。

Androidの人は「音声タイマー 残り時間を読み上げる」というアプリが便利です。iPhoneの人は「こえタイマー」や「喋るカウントダウンタイマー」などがあります。

知ってるテーマについて書く

知らないテーマだと調べながら書くので時間がかかります。速く書きたいときは自分の知ってるテーマを選びます。

人間工学のキーボードを使う

これはヤバイです!
文字が打ちやすくて、全然疲れません。

人間工学デザイン(人間が最も自然に使えるデザイン)なので、肩こりが軽減されます。毎日パソコンに向かう人なら持っておいて損はありません。

モニターを2つ使う

モニターを2つ並べると、1つの画面で調べながら、もう1つで文章を書けます。

上記のように、モニターアームを使うと省スペースに。
ディスプレイの繋ぎ方は「マルチディスプレイの方法」というページに詳しく載っています。

タイピング速度を上げる

ブログ運営をするときのタイピング速度の目安は1分間50文字です。

イータイピングの目安

出典:e-typing.ne.jp

スコア209以上からがオフィスワークで使える速度です。腕試しレベルチェックのページで実際に試せます。「今すぐチェック」というボタンを押すとタイピングテストが始まります。

個人的に気に入っているのが「ビートマニア打」というタイピング練習ソフトです。音楽に合わせて指定されたアルファベットを押します。ゲーム感覚でキーボードの配置を覚えられます。

beatmania BEST打!

beatmania BEST打!

2,000円(08/10 10:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

スマホの音声入力を使う

パソコンを持っていない人や、タイピングが苦手な人は、スマホの音声入力を使う方法もあります。
まずは「Googleドキュメント」という無料アプリをインストールします。

  1. Googleドキュメンを起動する
  2. 音声入力で文章(下書き)を作る
  3. 間違って認識された部分を手動で直す
  4. コピペしてブログに貼り付ける

この方法ならスマホでもブログを高速に書けます。

キーワード選定のコツ

キーワード選定は、ブログ読者を増やすための近道です。

検索されやすい言葉(キーワード)についての記事を書けば、読みたい人がたくさんいるので読者が増えやすいんです。

ライバルの少ないキーワードを選ぶ

ブログキーワードの要素

上記のグラフの領域が大きいほど、ライバルが強くなります。

まずは「買いたい度」「単価」に注目します。
次の2つのキーワードで検索したとき、家を買いたいのはどちらでしょうか。

  • A:持ち家 賃貸 どっち
  • B:東京都 持ち家 2000万円以下

Aの人は賃貸と迷っているので買いたい度が低いです。Bの人は具体的な予算が決まっているので買いたい度が高いです。このように、買いたい度が高いキーワードは企業サイトが独占しているため、個人では戦えません。

また、家の購入は大きな金額が動くので単価が高いキーワードと言えます。
個人ブロガーがキーワード選定するなら以下の2つを避けましょう。

  • 買いたい度が高い
  • 単価が高い

検索される回数と、検索される期間

検索される回数が多い
→キーワードについて知りたい人が多い

検索される期間が長い
→汎用的な情報は検索され続ける

個人ブロガーがキーワード選定をするなら、ライバルが少なくて、知りたい人の多いワードを選ぶのが効率的です。

アクセスが増えないなら青い領域を小さくする

ブログを運営していてアクセスが伸びないと感じたら、グラフの青い領域が大き過ぎるかもしれません。青い領域が小さいほどライバルが少ないので、アクセスを増やしやすくなります。

青い領域は、キーワードを具体的にするほど小さくなります。

たとえば「犬のダイエットご飯」という記事でアクセスがないときは、「トイプードル2歳のダイエットご飯」のように、自分の飼っている犬種や年齢を具体的に書きます。

また、”ダイエット”のワードは企業サイトが独占しているので避けます。

「トイプードル(2歳)の散歩の時間帯」のようにライバルが弱そうなワードで記事を書いていきましょう。

人気ブログの書き方のコツ

読まれる記事の書き方にはテンプレート(雛形)があります。3人の有名ブロガーを調べたところ、記事の書き方に共通点がありました。

共通する5つの流れ

ブログを書くときは1~5番の順番で書きます。

  1. 「この記事で悩みを解決できます」と知らせる
  2. 悩みの解決法(短く)
  3. 詳しいやり方
  4. どんな効果があるか
  5. さらなる情報へリンクを貼る

このテンプレートを使って例を書いてみます。

『普通のたこ焼きに飽きた時の対策』

1.悩み解決を知らせる:
この記事では普通のたこ焼きに飽きたときの対策をまとめます。アレンジレシピで「イカを入れる、チーズを入れる、スイーツを作る」をやり尽くしてしまった人向けに、それ以外の方法を紹介します。

2.悩みの解決法を短く書く
たこ焼きをアレンジするのではなく、タレのほうをアレンジします。色々なタレを手作りすればバリエーションが広がります。

3.詳しいやり方
(ここに)具体的なタレの作り方を書く

4.どんな効果があるか
たこ焼きが美味しく食べられる。余った調味料を使い切れる。

5.リンクを貼る
タレを作るときは以下のサイトが使いやすいです。
>リンク

直帰率を下げる6つのコツ

直帰率とは、自分のブログを1ページだけ見て帰ってしまった人のことです。

1ページで帰る人が多い
→直帰率が高い

2ページ以上見る人が多い
→直帰率が低い

直帰率が下がる=読者が色んなページを見てくれている

ここからは、直帰率を下げる方法を紹介します。

1.内部リンクを貼る

記事の途中や、記事の最後に関連ページへリンクを貼ることで、直帰率を下げられます。

2.ヘッダーメニューを固定する

スマホで見たとき、ヘッダを常に表示します。
スクロールしてもヘッダメニューが常に見えているので、別ページに移動しやすくなります。ブログ名が印象に残りやすくなり、再訪問にも繋がります。

3.続き物のコンテンツにする

1ページ目と2ページ目を、セットで見るようなコンテンツを作ります。

たとえば、「リスト」と「詳細」に分けて記事を書きます。

1記事目
→ワードプレスを高速化するプラグイン8選

1記事目の結論で、「プラグインAは最高!」というように1つをピックアップします。

2記事目
→プラグインAの使い方

ピックアップしたプラグインの使い方に繋げることで、ユーザーは続けて記事を読んでくれます。

4.人気の記事を追尾させる

スクロールすると、移動してついてくるナビゲーションを使います。

この方法は、特化サイト・特化ブログに有効です。
内容が広くなる雑記ブログには向いていません。

特化と雑記で何が違うのか

特化ブログの場合、ナビゲーションが役立ちます。

「お米の炊き方を研究するブログ」だったとしましょう。

追尾で「1番美味しかった炊き方」へのリンクを表示します。
そのブログを見ている人は、美味しい炊き方を知りたいので、追尾ナビゲーションが役立ちます。

雑記ブログの場合

雑記ブログで追尾ナビを出しても、ユーザーは嬉しくありません。
カテゴリごとの関連性が薄いからです。

グルメ記事を読んでる人は、家電紹介の記事に興味がないし、芸能ニュースを見たい気分ではありません。

追尾ナビを出してしまうと、ユーザーにとって邪魔なコンテンツをアピールすることになり、逆に直帰率を上げる原因になってしまいます。

人気記事の追尾ナビは、自分のブログタイプに合わせて使い分けるのがいいでしょう。

5.広い目的を解決する記事を書く

読者のタイプは2種類あります。

  • 広い目的で検索してる人
  • 狭い目的で検索してる人

広い目的

広い目的というのは、たとえば「ブログのコツを知りたい」といった感じ。アクセスの集め方や、文章の書き方など、情報を広く知りたいと思っています。

狭い目的

狭い目的というのは「部品を失くしたので、交換用パーツの型番を知りたい」という感じです。

目的が狭いので、型番を見つけたらサイトを閉じてしまいます。このようなユーザーは、2ページ目を読んでくれません。

広い目的のユーザーに向けて記事を書けば、自然と直帰率が下がります。

6.カテゴリを整理する

カテゴリを分かりやすく整理することで、直帰率を改善できます。

カテゴリがわかりにくいと、次ページを見ようかなと思っても、いい記事が見つからずに辞めてしまうことがあります。

ここからは直帰率が高くなる原因と対策について解説していきます。

直帰率が高い3つの原因と対策

1.サイト表示が遅い

サイト表示が遅いと、ユーザーの多くは戻るボタンで帰ってしまいます。

表示の遅さは、直帰率を上げる大きな原因です。

とくに無料ブログは遅くなりやすいです。
せっかく良い記事を書いても、PVを取り逃してしまうかもしれません。

Googleが提供するサイト速度チェックツール「PageSpeed Insights」を使って表示速度をチェックできます。以下が目安です。

コンテンツの初回ペイント
→3秒以内

速度インデックス
→7秒以内

表示速度の改善策

今現在、無料ブログを使ってる人は、WordPressへの乗り換えを検討するのが効果的だと思います。既にWordPressを使ってる人は、よりスピードの速いレンタルサーバーへの乗り換えが必要です。カスタマイズを頑張って高速化しても微々たるものですが、サーバーを変えると一発で激速になります。

2.記事タイトルと記事の内容が異なる

ユーザーは検索結果のタイトルを見て、ブログに訪問します。タイトルと中身が違っていると、すぐに戻ってしまうため、直帰率が上がります。

改善策
直帰率が高いときは、記事に訪れた人が、何を知りたいかを考えます。記事に訪れた人は、記事タイトルを見て、中身を想像しています。想像通りの記事を書くことで、直帰率を改善できます。

3.前置きが無駄に長い

前置きの文章が無駄に長いと、直帰率が高くなります。ポイントは「無駄に……」という部分です。記事の最初の文章は「リード文」と呼ばれ、記事を読んで貰うための導入の役割があります。

あえてリード文を長く書いて、記事への興味を惹く方法もあります。

しかし、記事に関係ない話しを長く書くと、ユーザーは無駄を感じて離脱します。

改善策
関係ない話し、本題がズレる話しを書きたいときは、そのページの最後に持っていきます。記事内容が良ければ、本題からズレた話しでも読んで貰えます。

ジャンルごとの直帰率の平均

ジャンルごとの直帰率をまとめます。

業界ごとの直帰率の平均
金融サービス 53%
病院・ヘルスケア 54.96%
医療機器・医薬品 55.33%
不動産 57.47%
コンピューターソフトウェア 60.76%
ヘルス・フィットネス関連 63%
ITおよび関連サービス 64.21%
経営コンサルティング 67.49%

出典:innova-jp.com

ブロガーとして関係ありそうなのは、IT、フィットネス、ソフトウェア、金融あたりですね。全体平均で50~70%あたりが目安になります。
このデータは、ブログやポータルサイトなど、色々なサイトが混ざっています。

次は、ブログだけでどれくらいの直帰率になるかを見てみましょう。

ワードプレスの直帰率

ECサイト 30~40%
コーポレートサイト 40~50%
ブログサイト 70~80%
ランディングページ 70~90%

出典:asobou.co.jp

上記データによるとブログ直帰率の平均は70~80%です。ワードプレスの直帰率もだいたい、この数値に落ち着くと思います。

雑記ブログの直帰率

雑記ブログの直帰率データは見つかりませんでした。

雑記ブログの直帰率は、平均より高くなります。
75%~90%くらいになるはずです。

雑記ブログはページごとの関連度が薄いため、1ページだけ読んで離脱してしまう読者も多いです。特化ブログより直帰率が上がると思っておいたほうがいいでしょう。

ブログのコメント欄のコツ

コメント欄を開放するメリット

結論から言うと、ブログのコメント欄は開放せず、Twitter経由でコメントを受け付けるのがいいでしょう。

コメント欄が要らない理由

コメント欄がいらない理由は、コメント開放のデメリットが大きいからです。

  • 荒らしのコメント
  • 海外のスパム
  • 罵詈雑言のコメント
  • 人格を批判するコメント

コメント欄を開放すると、上記のような悪意のあるコメントを見ることになります。メンタルが弱い人なら、ブログ更新のモチベーションが下がってしまいます。

さらに、やっかいなのが以下のコメントです。

  • しつこいコメント
  • 気持ち悪いコメント

女性ブロガーのコメント欄にありがちです。

「おはよ^^今日の髪型いいね!
毎日見てるよ^^
ところで、授乳は左と右、どっちからですか?
お風呂のとき、最初に洗う場所も教えてください」

何がやっかいって……。

コメントを書き込んでる当人に悪意がないこと!

本人はシンプルにコミュニケーションを取ってるつもりなんです。こういう人をブロックすると、逆ギレして「荒らし」や「アンチ」になってしまいます。

Twitterならミュート機能を使うことで、ブロックせずにコメントをスルーできます。また、コメントを連投して、サーバーに負荷をかける荒らしの対策にもなります。

ブログを成功させるコツ

成功させるコツは本気で取り組むこと。
本気で取り組む人がどんな考えなのか、Youtuberの動画制作を例にして見てみましょう。

160万円のPCを買うヒカキンさん

変わらない1つの考え方がある

自分の夢や仕事に関する物は、

その時自分が買える1番良いものを妥協せず買ってきた

出典:HikakinTV

まだYoutubeで成功する前。スーパーのバイトで貯金がないとき、高性能のPCと、10万円のビデオカメラを買ったそうです。

激安PCで動画投稿をしてる人はわかると思いますが、30分の動画を変換するのに3時間の待ち時間(パソコンを使えない時間)があります。
1つ1つの処理が遅いので、編集にも5倍以上の時間がかかります。

激安PCで作業してる人は、1日に2本作るのが限界です。

高いPCを買った人や、編集用に2台目のPCを買った人は、2倍以上のスピードで動画が作れます。

160万円のPCが必要とは思いませんが、最低限、それなりに良いPCを買わなかった時点で、やる前から勝負がついてるわけです。

ブログならサーバー代

以下の記事で書いたように、ブログでお小遣いを得るつもりなら、有料ブログが必須です。サーバー代の年間1万円以下を出せない本気度であれば、ブログで成功するのは難しいと言えるでしょう。

関連記事

節約はどんなに頑張っても限界があります。収入が減ると節約効果も下がってしまいます。そこで、収入源を増やすためにブログでお小遣いを得る方法をステップに分けてまとめました。 ★関連する記事★ [sitecard subtitle=[…]

ブログでお小遣いを得るための流れ

ラーメン屋のつもりでブログを開店する

もし、あなたがラーメン屋を開業するとしたら、どんな準備をしますか?

  • どの地域に店を出せばいいだろう?
  • 営業時間は何時まで?
  • メニューは何種類?
  • ダシは魚介と豚骨どっち
  • 麺は、細麺、ちぢれ、太麺?

それ以外にも「クーポンを発行しよう」とか、「大食いチャレンジをやろう」とか、お客さんに気に入って貰うための戦略を練ると思います。
でもブログで上記のような準備をする人はほとんどいません。

お客さん(読者)に気に入って貰おうとしないのだから、繁盛しないのは当たり前ですよね。

多くの人は「ブログ=ラーメン屋の開業」という視点が持てず、適当にブログをスタートして、数ヶ月でブログを閉じてしまいます。

ラーメン屋を安定させるには、リピーターを増やさないといけません。最初の1年間は、チラシを出して、お店を認知して貰う期間です。そこからリピーターが増えていき、ようやく安定してきます。

ブログの上流と下流を知る

ブログには上流の工程と、下流の工程があります。

以下の画像の、明るい部分が上流、暗い部分は下流です。

商品開発とブログ作成の流れ

上流で失敗した商品(ブログ)は、下流で頑張ってもダメです。

誰も欲しがってない商品は売れないし、誰も欲しがってないブログを書いても読まれませんよね。

ユーザーが欲しがってる記事を書く

成功するのは「ユーザーが欲しがってる情報」を書いたブログです。

欲しがっている記事とは
新しくできたわかりにくいサービスの記事は需要があります。一昔前なら電子決済の記事に需要がありました。ペイペイとか、メルペイとか、色々あってわかりにくいですよね。
それらをわかりやすく解説した記事が伸びていました。

結局、本気で取り組むことがブログを成功させるコツになります。

ブログを毎日更新するコツ

ブログ更新の共通点

環境が良ければ、自然と更新できる

ブログを毎日更新するコツは書きやすい環境を作ることです。

上の画像で紹介したように「奥にしまった道具」ってあまり使いませんよね。逆に、目の見えるところにあると、使う頻度が増えます。

たとえば、お祭りで貰った、しょうもないおもちゃ。

それがリビングのテーブルにありました。
何の気なしに、手にとってしまう感覚がわかるでしょうか?

でも実際、おもちゃに興味はないんです。目についたから、自然と手にとってしまうんです。逆に、ダイエット用の器具。しまうと途端に使わなくなります。

ブログを更新できる環境を作る

ブログを毎日やるなら、いつでも更新できる状況を作りましょう。

目指すのは「気づいたらブログ更新してた!」くらいの環境です。

ここからは、更新を楽にする環境の作り方を紹介します。

スマホで記事を書けるようにする
スマホにメモアプリを入れて、スマホから記事を書けるようにします。思いついたら、いつでも書きます。

  • バスの待ち時間
  • 待ち合わせ
  • 外食で料理を待つ間
  • テレビCMのとき

コツは「30秒でいいから書くこと」です。気合を入れず、1行、2行でいいから筆を進めます。「日常モード」と「ブログ書くモード」の境界線を、限りなくゼロにしてください。

それができたら毎日更新は簡単です!

ブログモードが習慣化されると、歯を磨く感覚でブログが書けるようになります。

メモアプリのおすすめはKeep
スマホで記事を書くときのおすすめは「Google Keep」です。Google公式のメモアプリです。無料で使えます。

スマホで書いたメモがパソコンからも読めます。メモをコピペするだけでブログ更新できます。

パソコンの趣味を作る
パソコンを起動するハードルを下げます。

  • 写真編集をガチでやってみる
  • パソコンゲーム
  • 音楽制作
  • タイムチケットで習い事

毎日パソコンをつける習慣ができれば、ブログ更新も続けやすいです。

ブログ更新9つのテクニック

1.予告を書く

1つの記事を書いたら、最後に「次はこれについて書きます!」と予告を入れます。書くことが決まるので、次の記事が書きやすくなります。

2.ネタを考える日を作る

記事を書くのはお休みして、ネタを考えるだけの日を作ります。ネタをストックしておくと、更新が楽になります。

3.テンプレートを使う

テンプレートを使うと、ブログが早く書けるようになり、さらにアクセスも増えやすくなります。

4.興味の向くままやる

「釣りブログだったけど、最近ボーリングにハマっちゃった…」
そんなときはボーリングの記事を書きます。書きたい記事を書いたほうが、長くブログを続けられますし、ネタにも困りません。

5.文字数にこだわらない

文字数の目安は1,300文字ですが、こだわる必要はありません。文字数に縛られて更新できなくなるくらいなら、気にせず書いたほうがいいです。情報が足りないと思ったら、あとから書き足せばいいんです。

6.調子がいい日に5行の記事を10個書く

たくさんアイディアが浮かぶ日に記事を書き溜める方法です。最初の5行だけ書いたら、次の記事の5行を書きます。

5行の下書きが複数あるだけで一気に記事が書きやすくなります。下書きが中途半端なところで終わっていれば、より効果的です。これは小説を書くときにも使われるテクニックです。物語のキリが悪いところで中断するんです。次に再開したときの書きやすさが全然違います。

7.カフェで記事を書く

タブレットと無線キーボード

タブレットと無線キーボードを持ってカフェに行きます。
場所が変わるだけで筆が進みます。

タブレットがない人は、スマホのメモでもOKです。
スマホで「5行の記事を10個書く」をやりましょう。長文を書かないのでキーボードがなくても簡単です。

8.SNSで仲間を作る

ブログ仲間を作ると、みんなの頑張ってる姿が見れるので、やる気が湧いてきます。本当に仲間になりたい人にだけ声をかけます。そうじゃないと、お互いフォローしてるのに絡みがない状態になってしまい意味がありません。

9.アクセスの推移を知っておく

ブログの毎日更新が止まってしまう理由として「アクセスが伸びずにやる気が出ない」というものがあります。アクセス解析をチェックして誰も見ていないと更新する気がなくなりますよね。

最初の1~2ヶ月は、ほとんど誰も見ていないつもりで更新します。
以下は、プロブロガーが実際にブログ運営をしたときのPV推移です。SNSなどで宣伝しない限り、最初の1ヶ月はアクセス0だと思っていいでしょう。

ブログ30記事のPV推移

記事をリライトするコツ

過去の記事をリライト(修正)して、最新情報を取り入れることで、継続したアクセスが見込めます。

リライトしたほうがいい記事を見つける方法

低品質の記事を書き換えることでGoogleからの評価が高まり、検索でヒットしやすくなります。

アナリティクスで探す

Googleアナリティクスの「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」を見ます。滞在時間の欄を見てください。
滞在時間が20秒以下なら低品質の可能性があります。

「平均ページ滞在時間」の部分をクリックすると時間が短い順に並び替えします。ここで見つけた「低品質かもしれないURL」をメモしてください。

メモしたURLをサーチコンソールで探す

Googleサーチコンソールの「検索パフォーマンス」を開きます。画面の上にある「+新規」を押して「ページ」を選ぶと、URLの入力画面が出ます。

さっきメモしておいたURLを入れます。
平均CTRの欄をチェックしてください。

平均CTRが0.5%以下なら低品質の可能性が高いと判断できます。

リライトの4つの方法

1.網羅性をアップする

簡単なリライトです。たとえば、リンゴの記事をリライトする場合。

  1. 「リンゴ 見分け方」で検索する
  2. 1位表示されたサイトを見る
  3. 1位のサイトは「甘いリンゴを見分ける3つのコツ」
  4. じゃあ自分は「4つのコツ」にする!

こうやって情報の網羅性をアップすることでページの品質が高くなります。

注意するポイント
関係ないものはリストから省きます。

以下の検索を見てください。

SEOの効果

1位は、スポーツを16種紹介して1位です。

2位のサイトは118種なのに2位です。理由は、118種のうち、ほとんどが家のスポーツじゃないからです。家スポーツの記事なら家スポーツだけを網羅しましょう。

※上記は過去の順位です

2.最新情報を書き足す

リライトするとき最新情報を書き足します。たとえば、iPhone8についての記事をリライトするならiPhone10の情報を入れます。

新しい情報を加えることでiPhone8とiPhone10の比較ができます。読者にとってより便利な記事に進化します。

3.オリジナリティを出す

表現をわかりやすくしたり、自分の体験談を加えます。

「○○買ってみた」の記事なら、「○○を買って3ヶ月使った感想」を加えます。

4.更新日を表示する

更新した日を記事の中に書き込みます。
使ってるテーマによっては、更新日を自動表示してくれます。やり方は「使ってるテーマ名+更新日」で調べてみてください。

リライトに失敗しないための注意点

リライトしたあと検索順位を見ないようにします。順位はリライトで一時的に下がることがあり、安定するまで3ヶ月程度かかります。

リライトしたあとはGoogleアナリティクスの「滞在時間」をチェックしましょう。滞在時間が増えているということは、読者の満足度が上がったということです。

何度もリライトするのはNG

順位が下がったからと言って、何度もリライトするのはNGです。3ヶ月は様子を見てください。

一時的なアクセス減少を見て、あせって何度もリライトすることのないようにしましょう。

文末だけを変えたり、タイトルだけを変えたり、何度も修正していると検索エンジンからの評価が落ちる可能性があります。

ブログ記事を1000文字書くコツ

「記事が短くなってしまう」「記事の文字数が増やせない」という人向けのコツです。

コツは短い文章を沢山書くこと

短い文章をたくさん書いて繋ぎ合わせます。

  • 嬉しかったことは?
  • 嫌だったことは?
  • 気をつけたいことは?
  • 今後はどうする?

このように、いろんな質問を答えを、短く書いていくんです。

長い文章で1,000文字にするんじゃなくて、10個の質問に100文字ずつ答える感じです。

では、具体的にやってみましょう。

1000文字書けるテンプレート

記事を書くとき、以下のテンプレートを使えば1,000文字になります。

雑記ブログで「図書館で本を借りて節約した」という例でやってみます。

挨拶→自己紹介→内容をひとことで言う

こんにちは、(自己紹介)です。最近は●●という海外ドラマにハマってます。今日は図書館に行って本を借りてきた体験談です。(57文字)

記事を書いたきっかけ&目的を書く

図書館の記事を書こうと思ったのは、図書館を使うと絵本代を節約できるからです。タダで使える図書館の活用法を広めるために書きました。(64文字)

記事のあらすじを書く

この記事では、最初に図書館を使った体験談を書いて、借りてきた本の紹介をして、最後に図書館のメリットをまとめたいと思います。(61文字)

本文(体験談)を書く

うちから図書館までは歩いて20分くらいです。気温が涼しい昼前に出かけました。車を使わずにガソリン代を節約です! 図書館には人が沢山いました。土曜日だったからでしょうか。こども連れの人もいました。今日は絵本を3冊借りました。(110文字)

本を紹介する

1冊目に借りた本は●●です。この絵本は主人公のネズミが頑張ってチーズを探す物語です。2冊目に借りた本は●●です。この絵本は大砲の玉が、大砲に恋をしてしまうけど、最後には飛ばされて離れ離れになる本です。3冊目に借りた本は●●です。豆腐が冷蔵庫の中を冒険する話です。(131文字)

ポジティブなことや効果を書く

今回借りた絵本は大成功でした。こどもが気に入って読んでくれました。とくに、大砲の玉の絵本が気に入ったみたいです。キャラクターが丸い形だから愛着がわくのかもしれません。(83文字)

ネガティブなことや心配事を書く

1つ心配なのは、こどもが絵本を破ってしまわないかどうかですね。まだ小さいので本を投げつけたり、口に入れてしまうことがあります。(63文字)

心配事の対策や予防を書く

その対策として我が家では、図書館で借りた本をこどもに持たせないルールにしています。借りた本のときは親が絵本を持って、読み聞かせをしてあげます。買った本のときは破けてもいいので自由にさせます。(95文字)

誰が書いても同じになる「情報」を書く

今回借りた本●●は、●●社が出版していて定価は1000円です。16ページです。2冊目の●●の本は●●社が出版していて1000円です。24ページです。3冊目も1000円です。出版社は●●です。18ページです。ボリュームが多いのは2冊目の●●でした。(123文字)

(感じた)メリットを書く

3000円分の絵本が無料で読めました。普段は買わないような本だったので、こどもも喜んでいました。図書館はタダで使えるし、イスもあってちょっとした休憩にもなります。実は、ハマっていた海外ドラマの小説版も見つけました。図書館は、大人がゆっくり過ごす場所としてもコスパがいいです。(137文字)

これからのことを書く

これからも月に1回くらいは図書館に行ってみようと思います。好きな本を無料でリクエストできるみたいなので、リクエストにも挑戦したいです。(67文字)

終わりの挨拶

図書館を使うだけで3000円の節約になりました。おすすめなので使ってみてください!(41文字)

これで合計1,032文字です。●●の省略部分をちゃんと書くと、1,200文字くらいになります。これなら1,000文字くらい簡単に書けますね。

色んなジャンルのブログで使い回せるように、質問リストを作りました。

  • 挨拶した?
  • 自己紹介した?
  • 記事内容をひとことで言った?
  • 記事を書いた(○○を体験した)きっかけは?
  • 記事を書く目的は?
  • 記事のあらすじは?
  • テーマについての体験談はある?
  • テーマの悩みはある?
  • テーマの悩みの対策でやってることは?
  • テーマに対する自分の考えは?
  • ポジティブなこと(メリット)
  • ネガティブなこと(デメリット)
  • これからどうするの?

この中からテーマに合う質問を選んで答えていきます。

大事なのは文字数じゃない

次の2つは両方とも掃除の話題です。読み比べてみてください。

Aの書き方

モップスリッパをご存知ですか? スリッパの裏がモップになっています。歩くだけで自然と掃除ができる便利グッズです。フローリング掃除が楽になります。(71文字)

Bの書き方

あなたは、モップスリッパというアイテムを知っているでしょうか? スリッパの裏側にモップが貼り付けられているので、モップスリッパと呼ばれています。モップスリッパとは、スリッパをはいて自分の家のフロアーを歩くだけで、何の意識もせず、自然にフローリングの床を掃除してキレイにすることができるというアイテムになります。モップスリッパは便利なグッズなのです。(173文字)

AとBの情報量は同じです。
Bの文章は100文字も多いのに内容はAと一緒なんです。

読者からするとBは無駄が多くて読みづらいですよね。無理して文字数を増やすよりも、読者にとって読みやすいブログを目指しましょう。そうしたほうが、最終的にアクセスの多いブログが出来上がります。

ブログの固定ファンを作るコツ

ブログのファンは2つのタイプに分けれます。

  • そのブログのことが好きなファン
  • 管理人のことが好きなファン

「ブログのファン」を作るほうが簡単なので先に説明します。

ブログのファンは特化して増やす

ブログ自体のリピーターを増やすのは簡単です。

ジャンルを絞って更新を続けるだけ!

特化ジャンルならば、とくにテクニックを使わずとも、ファンは自然と増えていきます。では、どれくらいジャンルを特化すればファンが増えるのでしょうか。

  • ブログA「料理や育児などの生活テクニックを紹介」
  • ブログB「料理のコツを紹介」
  • ブログC「5分以内に作れるおつまみを紹介」

この中でファンを増やせるのはCのブログです。簡単なおつまみ情報が読みたい人は、Cのブログをお気に入りに登録します。

Cのブログは、今後も自分の知りたい情報を書いてくれそうだからです。

ブログのファン=そのブログの未来に期待してる人とも言えますね。

以上がブログ自体にファンをつける方法です。
ここからは、ブロガー自身にファンをつける方法を解説します。

ブロガーのファンを増やす4つの方法

1.共通点のありそうなプロフィールを書く

人は、共通点のある人間に親しみを感じます。

以下のように、誰かと共通しそうな属性をプロフィールに書くことによって、親近感を出せます。

  • 子育てしながらブロガー
  • サラリーマンをしながらブロガー
  • ○○のファン
  • 絵を描くのが好き
  • 借金がある、悩みがある

絞り込まれてるけど、よくありそうなものを選ぶのがコツです。

たとえば「シングルマザー×両親を介護してる」とか、「サラリーマン×妻と別居してる」とかです。自分の苦労ポイントを打ち出すと効果的です。

2.自分の成長を書く

人は成長物語に惹かれます。

有名な映画作品も主人公が成長しますし、漫画や小説でもそうですよね。成長していく過程が魅力になります。

「ブログ初心者であること」は強みになります。

あなたがブログ初心者なら「ブログを初めて1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目」というように、ブログ期間をアピールしましょう。ブロガーとしての成長を発信することで、読者が応援しやすいブログになります。

3.人がやらないことをやる

自転車で旅をするとか、海外に移住するとか。

人がやらないことをすると、人気が出やすくなります。

やることは何でもOKです。「お金を使って贅沢する」というのは一見するとマイナスに思えますが、そういうのが好きな人もいるのでファンがつきます。

4.「カワイイ」の力を借りる

もしあなたがペットを飼っているなら、ブログにどんどん登場させましょう。Twitterでも、Youtubeでも、カワイイ動物のコンテンツは人気がありますよね。動物キッカケでブログ読者が増えることはよくあります。

また、人間の心理的にも効果があります。

ペットに「かわいいね~♪」と言っている姿を他人に見せると「この人は動物を大切にするいい人なんだ」という印象を与えられます。動画投稿者の人が活用している心理的なテクニックです。

実名・顔出しの危険性

ファンを作るためには実名・顔出しがいいという意見もありますが、顔出しには危険性もあります。

実名・顔出しのデメリットは次の4つです。

  1. 炎上したときのダメージが大きい
  2. 消しても、ネットには顔写真が残り続ける
  3. 副業が会社にバレる
  4. 家族に迷惑がかかる

1~3は本人の問題です。本人が覚悟してればいい話ですね。
でも、4つ目だけは違います。

顔出しのリスクは家族に降ってくる

実名・顔出しのリスクは、本人じゃなくて家族に降ってきます。

たとえば、子供のクラスでのポジション。

お父さんが、ブログで私生活を公開して、自慢とかしてたら最悪です。
クラスでイジられて、嫌な思いをするかもしれません。

リスクゼロと言ってるのは誰?
実名、顔出しにリスクがないと言ってるのは、若い人が多いですよね。

結婚、子供、家庭のしがらみがない、自由な人です。

ブログの顔出しを決めるときは、自分の人生トータルでリスクを考えてください。長い目で見ると、リスク0ではありません。

顔出しで信用が得られるわけじゃない

三浦亜希……購入できないはずの詐欺オークションで購入したと嘘をつき、金銭を受け取る(芸名:ほしのあき)

小森純……購入できないはずの詐欺オークションで購入したと嘘をつき、金銭を受け取る

黒川明人……嘘をつくのが仕事(芸名:クロちゃん)

この人たち、全員、顔出しで実名を公開してるんです。

暴力事件を起こした有名人だって、みんな顔出し・実名公開ですよね。このことから、「顔出し」と「信用できる人間」はイコールではないとわかります。

メタディスクリプションを書くコツ

メタディスクリプションとは、Googleの検索結果に表示されるブログ説明文のことです。

WordPressブログでは、1記事ごとにメタディスクリプションを設定することができます。その記事の概要を書いておくことで訪問者が増えます。

120文字で書く

検索結果に表示される説明文は約120文字です。120文字を超えると[…]と省略されます。

説明の中にキーワードを入れる

検索したワードが、説明文に入ってると、それが太字になります。

「検索 キーワード」で検索すると……。

このページはGoogleの検索結果の文章の中に、キーワードがどのように表示されるかを説明したものです。

検索とキーワードの2つが太字になっていますね。検索したユーザーは「知りたい情報がありそうだ」と思ってブログを訪問してくれます。

大事なことを最初に書く

絶対に見せたい説明は、最初に書いておきましょう。

メタディスクリプションは、120未満に省略される場合があるからです。

Googleがページごとに判断して、表示する文字数を変えてます。

記事の内容と一致させる

ディスクリプションは、記事の説明です。

記事と関係ない内容でクリックさせても、直帰率が上がり、滞在時間が減るので結果的にマイナスになります。

ブログの確定申告のコツ

会社員がブログでお小遣いを得た場合、年間20万円超えで確定申告が必要になります。専業主婦/主夫だと年間38万円がボーダーです。

「税金が余計にかかる」と思うかもしれませんが、以下のような項目を経費にできる可能性があります。

  • サーバー代
  • 家賃(自宅でブログを書く)
  • 電気代
  • パソコン/スマホ(ブログを書く用)
  • 旅行の費用(旅行レビュー記事)
  • グルメ代(食レポ・レシピ記事)
  • ゲーム課金(ゲーム攻略記事)

freeeを使うのが楽だった

これは経験談ですが、とにかくfreeeが楽です。

確定申告ソフトと言えば「やよいの青色申告」や「ソリマチのみんなの青色申告」が有名ですよね。私はもともと「みんなの青色申告」を使ってたんですが「クラウド会計のfreee」に乗り換えました。

  • 会計に詳しくない
  • 確定申告は大変そう
  • 本を買って勉強が必要なんでしょ?

こんな人は間違いなくfreeeがいいです。乗り換えたところ、確定申告にかかる時間が半減しました。

freeeはクラウドなので管理が楽

ソフトをインストールするタイプだと、パソコンが急に壊れたらデータが消えます。だから定期的にバックアップが必要です。
※バックアップは有料サービスの加入が必要

freeeはクラウドなので、データはサーバーに保存されます。自宅のPCを買い替えても、ログインするだけで続きから使えます。

アップデートがいらない

ソフトタイプは、毎年、毎年、法律の改善にあわせてソフトがアップデートされます。CDが送られてきて、インストールをやり直しです。

freeeは何もしなくてもOKです。サイト側で勝手にアップデートしてくれます。

自動で経理できる

freeeは以下の設定をすると、ほぼ自動で経理が終わります。

  1. 事業用の銀行口座をfreeeに登録
  2. 事業用のクレカをfreeeに登録
  3. 業務専用のAmazonアカウントを作る
  4. 必要物はすべて、そのAmazonアカウントで買う

この手順を踏めば、ほぼ入力なしで帳簿付けができます。勝手にやってくれるので難しい知識もいりません。

旅行ブログを書く3つのコツ

旅行ブログ

3つのコツを紹介します。

3番目のコツは本当に効果的です。

1.地域を細かく分割する

たとえば、1回の旅行で「シカゴ→デトロイト→トロント」の3都市を周ったとします。このとき「アメリカ旅行」の記事を書くのではなく、3都市それぞれの記事を書きます。

  • シカゴのホテル
  • シカゴの観光地
  • シカゴの危険度
  • シカゴの交通手段
  • シカゴのレストラン

このように「地域+情報」で分けて記事を書きます。1都市×5記事なので、1回の旅行で15記事は更新できますね。

「アメリカ」という大きなジャンルでは、大手サイトに勝つことができません。旅行ブログで稼ぐときは、細かく分割するのがコツです。

2.観光地ごとに細かい情報を書く

たとえば、シカゴの観光地「ミレニアムパーク」に絞って記事を書きます。

  • ミレニアムパークは入場料はかかるの?
  • 写真撮影はOKなの?
  • 入れる時間帯の制限は?
  • 子供は連れて行ってもいい?
  • 座る場所はある?

「そんな基本を書く意味ある?」
→ある!

旅ブロガーにとっては常識でも、旅行初心者にとっては役立つ情報になります。どんなに細かいことでも誰かの役に立ちます。

3.誰のための情報なのかを考える

「誰のため」が抜けている記事はこんな感じになります。

大阪→USJ→宿泊→千葉→ディズニー→帰宅しました

ディズニーのことを知りたい人は、「ディズニー○○」で検索しますよね。でも、この記事構成だと最初に出てくるのは大阪の話です。

ページを見た人は「大阪の話かー。見るのやめよ」となります。

今度は「USJ○○」で検索した人。

最初のUSJ情報を見ていたら、途中からディズニーの話になりますね。すると「あれ? もう情報が終わっちゃった。別のブログ見よう」となります。

1ページの中に複数の情報が混ざってるので、何を知りたい人に向けて書いてるの曖昧になっています。

コツは、1つの旅行でも記事を複数に分けて書くことです。

  • USJ編~1日目~
  • ディズニー編~2日目~

このように分ければ、ピンポイントの情報を知りたい人も満足できますし、あなたの旅行を全部見たい人も満足できます。

サイトのナビをしっかり作る

旅行者の目線で言えば、旅行スタートから帰宅までが、1つの流れですよね。旅行者にとって次の2つは完全に切り離された出来事です。

  • 春にディズニーに行った旅行の記事
  • 冬にディズニーに行った旅行の記事

しかし、春と冬のどっちにディズニーに行くか迷ってる人にとっては、2つの記事は繋がった内容です。

迷ってる人が、両方の記事に辿り着けるようにナビゲーションを貼るのがコツです。

記事に「ディズニー情報」というタグを設定し、ディズニー情報だけを周れるように誘導します。こうすることで巡回率とPVが増加し、ブログの評価が高まります。

広告の貼り方のコツ

次の3ステップで考えれば成果の出る広告を選べます。

  1. 自分のブログのリピーターを想像する
  2. その人が求めてるものを考える
  3. 求められた広告を貼る

なぜ、これで成果が出るのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

広告選びの3つのステップ

1.リピーターを想像する

ブログに来てくれるユーザーは2タイプに分けられます。

  • 初めてきて、そのまま帰る人
  • 何度もそのブログを見てくれる人

何度も訪れるリピーターは、そのブログに魅力を感じてる人ですよね。

では、いったい、リピーターは何に魅力を感じてるでしょうか。

リピーターが何を求めてるかを考えます。

2.リピーターが求めるものを考える

たとえば家電の紹介をする2つのブログ。

  • 【A】自分が買った最新の家電を紹介
  • 【B】自分が買った格安の家電を紹介

リピーターが求めるものは、AとBで変わってきます。Aのリピーターは「最新」を求めますが、Bのリピーターは「格安」を求めます。

それがわかったら、あとは広告を貼るだけです。

3.求められた広告を貼る

Aのブログなら、最新家電の広告を中心にします。Amazonで商品紹介するときも「最新」であることを優先します。

リピーターは「最新」に興味があるので、見る人にとって嬉しい情報になります。

Bのブログなら「格安」の広告を中心にします。最安値の商品を選んで紹介しましょう。見てる人は格安情報が知りたいので、こちらも読者の役に立ちます。

以上の3つのステップを使うのが広告選びのコツです。ここからは、いろんなブログジャンルにおける、広告選びの例を紹介します。

ジャンルごとの具体例

ファッション系ブログ

  • 800円で買える格安Tシャツです
  • いい生地を使ったTシャツです
  • ○○デザイン、○○ブランドのTシャツです
  • 着心地のいいTシャツです
  • 大きいサイズのTシャツです

映画や本のレビュー系ブログ

  • この本や映画が「面白い」
  • この本や映画で「人生が変わる」
  • この本や映画は「恋人と一緒に見れる」
  • 落ち込んだときに「元気が出る」映画
  • 成長「したい人のための」本

育児系のブログ

  • 「実際に使ってみた」商品
  • 「安全性」の高い商品
  • こどもの「成長」に関する商品
  • お母さん、お父さんが育児で疲れたときの「癒やし」商品
  • ストレスを発散する商品

雑記ブログ

雑記ブログの場合は、記事ごとに「読者の求めるもの」を考えます。たとえば、日記カテゴリで「舞浜のホテルに泊まりました」という記事を書いたとします。

その記事の読者は、どんな人でしょうか。

「遠方からディズニーランドに旅行に行く予定があり、2日目もディズニーを利用するために、舞浜で泊まる場所を探してる人」ではないかと予想できます。

それならホテル紹介以外に「モバイルバッテリー」や「ストール」、「自撮りスティック」なんかも役立つかもしれませんね。

広告の貼り方3つのコツ

1.ブログの上部に貼る

サイト上部の広告配置

広告をブログ上部に貼ることで多くの人の目に止まります。ページ離脱率の高い記事でも、成果に繋がりやすい位置です。

2.記事の最後に貼る

クリック率の高い広告配置

記事の最後に広告を貼ると、見てくれる人が多くなります。

最後まで読んだ人は、次のアクションをどうするか迷ってるからです。

  • このブログの別の記事を読もうかな?
  • 別のサイトに行こうかな?
  • 関連して知りたいことはないかな?

迷ってるときに興味のある広告が出れば、クリックしやすくなるというわけです。

3.商品紹介の直後に貼る

商品紹介直後の広告配置

商品紹介の直後に貼った広告はクリックされやすく、成果に繋がりやすいです。

なぜなら、商品説明を読んで、興味を持ったユーザーがクリックするからです。

ユーザーの思考は、こんな感じです。

  1. 人気の商品を知りたいな
  2. あっ、ハンバーガーが人気なんだ
  3. ハンバーガーの説明を読んでみよう
  4. 「もっと詳しく知りたい!」

この「詳しく知りたい!」と思ったタイミングで、広告を貼っておきます。そうすることで、読者はスムーズに広告先に移動できます。

別の言い方をすれば、読者にとって便利な位置に広告を貼ります。
一貫して言えるのは、読者の役に立つことを中心に考えるのが広告の基本だということです。