[2019年]SEOがいらない理由【ブログは商品開発と同じだった】

SEOがいらない理由を解説します。

「SEOが必要ないのはなぜ?」「最低限やるべきSEO対策を教えて」という人向けです。

この記事を読めば、ブログの成功に「何が大事なのか」わかります。

SEOがいらない理由は2つある

まず1つ目。これ↓です。

商品開発とブログ作成の流れ

商品開発の流れと、ブログ制作の流れを並べました。

明るいほうが上流。暗いほうが下流。

ここで気づいたと思います。

上流で失敗したら、その商品はすでに死んでる。

どんなに宣伝を頑張っても、商品がゴミだったら、売れません。

ブログの成功は、上流で決まります。

  • 記事を量産したのに稼げない
  • SNSで宣伝したのに人が少ない
  • SEO対策してるに伸びない

この3つで悩んでる人が多いのは、「下流」のことを頑張ってるからです。

なぜSEOは必要ない?
→SEOは下流の工程だから重要度が低い

SEOを考える時間を、上流にまわしてください。
そっちのほうがブログは成功しますし、アクセスも稼げます。

2つ目の理由はGoogleが成長したから

「炭酸 作る機械」を理解するGoogle

自宅で炭酸水を作る機械ってありますよね。
いわゆる「炭酸水メーカー」です。

でも、炭酸水メーカーと言う言葉を知らなければ、「炭酸 作る機械」と検索するでしょう。

検索するとどうなる?

むかしは、「炭酸 作る機械」のキーワードでSEO対策をしたサイトが上位表示されました。

いまは、「炭酸作る機械」で検索しても「炭酸水メーカー」の結果が表示されます。

Googleは「炭酸作る機械=炭酸水メーカー」だと認識してます。

これにより、キーワードをズラせなくなりました。

ライバルの少ないキーワードを狙えない

「炭酸水メーカー」ってワードはライバルが多そうだ。 よし、じゃあ「炭酸作る機械」にしよう。

ライバルの少ないキーワードを使う手法は、もう使えません。

Googleは文脈を理解するようになったからです。
今はブログの中身が評価される時代になったと言えるでしょう。

上記2つの理由(SEOが重要じゃない&Googleの成長)でわかる通り、SEOは不要になりました。

SEO不要な時代にやるべきSEO対策とは

SEO不要と言っても、最低限のやるべきことはあります。

最低限やるべき、3つのSEOを解説します。

1.HTMLのルールを守る

要するに、プログラムがグチャグチャなブログは駄目です。

で、これは「SEO対策済みのWordPressテーマを使うだけ」でOKです。

有名テーマ(無料テーマも可)はルールを守って作られてます。

2.Googleに更新を知らせる

「WebSub/PubSubHubbub」のWordPressプラグインを入れます。
ブログを更新した瞬間、Googleに情報を飛ばします。

これで、パクり対策ができます。

あなたがブログを更新した瞬間に、Aさんが内容をコピペして、Aさんのブログに投稿し、「これはAのオリジナル記事ですよ」とGoogleに通知すると、あなたのブログがパクり扱いされる可能性があります。WebSubで先に通知しておけば、その危険がなくなります。

その他の便利なプラグインは、次ページで紹介してます。

関連記事

2019年おすすめのWordPressプラグインを紹介します。 「最低限のプラグインを知りたい」「プラグインの設定方法も一緒に知りたい」という人向けです。 この記事を読めば、ブログ運営に役立つプラグインと、SEOで逆効果になる[…]

副収入

3.ブログの表示速度を上げる

ブログの速度が早い
→上位表示しやすくなる

うちのブログを、高性能サーバーに乗り換えたときのアクセス推移です。

サーバー変更後のPV変化

※細かい数字は載せると違反っぽい(?)ので塗りつぶしました
※月37,000くらいから月74,000くらいに増加です

「アクセスが伸びない人は全員、サーバーが遅いだけなんじゃ!?」

そう思ってしまうほどの効果があります。
この結果からも、小手先SEOの重要度が低いことがわかると思います。

以上、SEOがいらない理由でした。まとめると……。

  • SEOは下流の工程だから効果が薄い
  • ブログで稼ぐなら上流を頑張るほうがいい
  • Googleは賢いから騙せない
  • 気にするのはパクり対策とサーバー速度だけ

アクセスが伸び悩んでる人は試してみてください。
ブログ副業で家計を楽にするために!