「送信されたURLにnoindexタグが~」の対処法【パターン別】

Googleのサーチコンソールで表示される「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の解決方法を紹介します。

「noindexタグが追加されています」「カバレッジの問題が新たに検出されました」「送信URLのクロールに問題があります」などの表示が出た人向けです。

この記事を読めば、noindex(検索エンジンの対象外)エラーを修正する方法がわかります。

送信されたURLにnoindexタグの対処法

サーチコンソールにログインし、カバレッジを押します。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」をクリックします。

noindex(検索エンジンの表示対象外)になってるURLリストが表示されます。

↓こんな感じでURLがリスト表示される

  • https://setuyaku-up.com/diary/
  • https://setuyaku-up.com/nikki/

ここからの対処法はシチュエーションによって変わります。

意図しない記事がnoindexになってる人

誤って、ブログ記事がnoindex設定になっています。

まずは、ワードプレスの全体設定を確認しましょう。

ワードプレスにログイン>設定>表示設定

以下のチェックを外します。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

記事の設定を見直す

次は、投稿した記事の編集画面を見ます。

設定欄のNoIndexのチェックを外し、記事を更新します。

noindexのチェックを外す

設定欄の見た目は、使ってるワードプレステーマによって変わります。
NoIndexの文字列を探してください。

URLリストに表示された、全ページの設定を見直したら、サーチコンソールに戻ります。

最後に、「修正を検証」ボタンを押せばOKです。

これで修正完了!
あとはGoogleが検証してくれるのを待ちましょう。

自分で意図した記事がnoindexの人

noindexを自分で設定した場合は、サイトマップのほうを修正します。

ワードプレスにログイン>設定>XML-Sitemap

設定画面にある「Excluded Items」を見つけます。

含めないカテゴリの設定

目的に応じたやり方を、それぞれ紹介します。

特定カテゴリをnoindexにしたい人

含めないカテゴリーで、noindexにしたいカテゴリにチェックを入れます。
1番下までスクロールして「設定を更新」を押します。

あとはサーチコンソールで、「修正」を検証して完了です。

特定の記事をnoindexにしたい人

投稿(個別記事)を含めないのところに、記事IDを入力します。

記事IDの確認方法は……。

投稿一覧>記事タイトルにマウスカーソルを乗せる>URLがポワっと浮かぶ

URLの中に「post=312」みたいな数字があります。
この数字が記事IDです。

入力したら1番下までスクロールして「設定を更新」を押します。

あとはサーチコンソールで、「修正」を検証して完了です。

以上、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と表示されたときの解決方法でした。参考にしてみてください。