ランクトラッカーの使い方【キーワード順位をチェック】

ランクトラッカーの使い方を解説します。

「RankTrackerを日本語で使いたい!」「カテゴリごとに順位を見たい」という人向けです。

この記事を読めば、ランクトラッカーの基本操作がわかります。

ランクトラッカーのインストール方法

まず、ランクトラッカー日本版のページにアクセスします。

  1. DLページを開く
  2. メールアドレスを入れる
  3. 「ダウンロード」を押す
  4. メール届く
  5. メールのURLをクリック
  6. ファイルがダウンロードされる

圧縮ファイルを解答し、アプリを実行するとインストールが始まります。

言語選択
「Japanese」を選ぶ

コンポーネント選択
他ツールが不要なら「Rank Tracker」のみチェックする

インストール先
標準でOK

インストールしたらアプリを起動します。

ランクトラッカーの初期設定

インストール直後

起動すると「7日間は無料です」と出るので「Got it」を押します。

ここから初回のセットアップが始まります。

ランクトラッカーのプロジェクト登録

出典:RankTrackerスクリーンショット

確認サイトのURL
自分のブログURL(TOPページ)を入力

Google連携
ここでは何もせず「次へ」を押します。

キーワード入力
ブログのメインワードを入力する
うちのブログでは「節約」をセットしました

使用する検索エンジン選択

標準ではアメリカの検索が対象になっています。

右上の検索欄に「japan」と入力します。

日本語の検索エンジンが表示されるので、+ボタンを押して以下の3つを追加します。

  • Google.co.jp
  • Bing JP
  • Yahoo.co.jp

追加したら、標準で入ってる「USA Google」「Bing US」「USA Yahoo!」を消します。×ボタンで削除できます。

これでランクトラッカーのインストールは完了です。

環境設定のやり方

ランクトラッカーのオプション設定

出典:RankTrackerスクリーンショット

上メニュー>環境設定>SEO/PPCデータ

国を「Japan」に設定します。

上メニュー>環境設定>ランキング確認モード

確認する結果の最大数を決めます。
初期値は50(50位まで調査)です。値を増やすとチェックに時間がかかります。

対象を決めます。
強調スペニットなどのSERPを調査しない人は「オーガニック結果のみを追跡」にチェックします。

上メニュー>環境設定>Analiticsの設定

Googleアカウントを設定するとAnaliticsとデータ連携できます。

上メニュー>環境設定>検索コンソールの設定

Googleサーチコンソールのアカウントを設定するとサーチコンソールと連携できます。

ランクトラッカーの使い方

1.キーワードを登録する

左メニュー>ターゲットキーワード>キーワードマップ

画面の上側にある「+」ボタンを押します。

調査したいキーワードを入力します。改行することで複数のワードを一気に登録できます。↓こんな感じ。

ランクトラッカーのキーワード追加

出典:RankTrackerスクリーンショット

登録のコツ

キーワードは、カテゴリごとにまとめて登録すると効率的です。

ここでは「副業カテゴリ」に関連するキーワードだけを登録します。

タグを追加
初期値で日付が入力されます。必要なら残してもいいし、消してもいいです。

キーワードをグループ化する
チェックを外します

キーワードでSEO/PPCデータを確認
チェックします

OKボタンを押すと、入力したキーワードが追加されます。

少し待機すると勝手にチェックしてくれる

少し待つと自動的にチェックが始まります。

キーワードマップの画面に、そのキーワードの「競合性」などが表示されます。

2.キーワードをグループ化する

キーワードマップに登録したリストの中で、同じカテゴリのものをドラッグして選択します。

右クリック>キーワードグループに移動>新しいグループを作成する

ランクトラッカーのグループ化

出典:RankTrackerスクリーンショット

グループ名のところに、ブログ内で使ってる「カテゴリ名」を入力します。

  1. 「わかりました」ボタンを押す
  2. カテゴリのグループが作成される
  3. カテゴリの記事ごとにキーワードをチェックできるようになる!

3.順位を調べる

左メニュー>ターゲットキーワード>ランクトラッキング

画面上のぐるぐるした「○」ボタンを押すと、登録したキーワードの順位チェックが実行されます。
1番左のボタン↓

ランクトラッカーの更新ボタン

出典:RankTrackerスクリーンショット

ここからは、チェック結果の見方を説明します。

検索数
そのキーワードが1ヶ月に何回検索されるかの目安です。

Google Rank
グーグルで検索したときに自分のサイトが何位に表示されるかです。50位以内に入ってないときは「トップ圏外50」と表示されます。

Yahoo Rank、Bing Rank
Google Rankと同じです。自サイトの順位が表示されます。

ランキングページ
50位以内に入った記事のURLが表示されます。

可視性
そのキーワード検索により、自分のサイトがどれくらい見られてるかの目安です。

4.グループごとに見る

画面上のタブにある「キーワードとランキング」の下矢印を押します。

「ワークスペースの編集」を選びます。

ランクトラッカーのカテゴリごとの表示

出典:RankTrackerスクリーンショット
  1. 「キーワードグループ」にチェック
  2. OKボタンを押す
  3. クイックフィルタの検索欄にグループ名を入力

これで、そのグループの項目だけが表示できます。

以上、ランクトラッカーを使ってキーワード順位をチェックする方法でした。ランクトラッカーの使い方がわかりにくいって人がいたら参考にしてみてください。