失敗するブログの特徴【収益化なら記事数×0.1の法則】

ブログの収益化に失敗するブログには共通点があります。

とくに1つ目の特徴は、心理的なトリックがあって、初心者ほどやってしまいがちな失敗です。

自分の得意なことではなく、自分の興味が向いていることを書いてしまう……。

この記事を読めば、失敗しないブログ運営がわかるようになると思います。

「得意なこと×書きたいこと」を目指してみてください!

ブログで失敗する人の3つの特徴

ブログで稼ぐのに失敗する人の特徴は3つあります。

  1. 「稼ぎ方」を書いてしまう
  2. YMYLのブログを作ってしまう
  3. 「記事数×0.1」よりカテゴリ数が多い

1.稼ぎ方を書いてしまう

「稼ぎ方」ジャンルのブログで稼ぐのは難しいです。

  • 実績がないから難しい
  • 読者が広告をクリックしないから難しい
  • ライバルが強いから難しい

実績がないと信憑性が薄くなる

「ブログは最低100記事! 100記事で稼げます」と書いてるのに、その本人のブログが30記事しかなかったら、あまり信頼できませんよね。

初心者のうちは、稼ぎ方より自分の趣味を発信したほうが、PVも増えやすくなりますし、ブログ資産も蓄積できます。

稼ぐつもりではなく、自分の勉強をメモとして残すなら稼ぎ方の記事も大事ですよね。ブログを続けていって稼げるようになったとき、過去に書いた記事が誰かの役に立つ記事に変わります。

アフィリエイト記事の読者は広告をクリックしない

「副業」や「アフィリエイト」のジャンルは、他よりもクリック率が低くなります。

副業記事を読む人はITの知識が高く、広告ブロックしていたり、広告を押さないように避けている傾向があるからです。

副業ジャンルは次のような状態になりやすいです。

  • アクセスはあるのに広告がクリックされない
  • アクセスはあるのに稼げない

モチベーションを保つためにも、副業やアフィリエイトのジャンルは避けたほうがいいでしょう。

ライバルが強いから

ブログアフィリエイトで上位表示してる人は、プロブロガーばかり。
そこに挑むと、ハードルが高くなります。

ノウハウが更新されないのも大きいですね。
ブログのノウハウは15年前から存在していて、本筋のノウハウは15年前とあまり変わっていません。

もしこれが家電ジャンルだったら、次々と新しい製品が出るので「使い方」も変わるし、「レビュー内容」も変わります。

新しい情報がどんどん出る
→新規参入しやすい

逆に言うと、新情報があまり出ないアフィリエイトのノウハウは、新規参入が難しいジャンルになります。

2.YMYLのブログを作ってしまう

YMYLとは、Googleが決めた方針です。

「重要なページは、高品質じゃない限り、上位表示しません」

こんな記事がYMYLの対象になります。

  • 投資、保険、転職など
  • 健康、病気、メンタルヘルス
  • 法律情報

1番当てはまるのは医療系・病気系の記事です。
2019年現在、病気系の記事を検索しても、医療機関のサイトばかりがヒットします。個人ブログは出てこなくなりました。

ブログで稼ぎたい人は、病気系のブログを作らないようにしましょう。
多分、いま一番稼げないジャンルです……。

3.「記事数×0.1」よりカテゴリ数が多い

ブログで稼ぐなら、カテゴリを最小限にするのが近道です。

  • 記事数が10ページならカテゴリは1つ
  • 記事数が20ページならカテゴリは多くて2つ

このように、記事数×0.1よりカテゴリ数を少なくするのが目安。
カテゴリを絞るほど収益発生までが短くなります。

最短距離で稼ぎたいなら、記事数×0.1の法則を守ってみてください。

いま稼げてない人には、かなり効果があると思います。

作ったカテゴリは消さなくても大丈夫です。記事も残したままでOKです。これから投稿する記事カテゴリを集中させれば、同じ効果が得られます。

ブログ副業に向いてない人の特徴

ブログ

こだわりを持てない人

ブログへのこだわりがない人は、ブログに熱が入らず、結果的に途中で挫折してしまうことが多くなります。

ブログを自分の作品だと考えて、何かしらの「こだわり」を持っておくと成功に繋がります。

  • デザインにこだわってます
  • 写真にこだわってます
  • 文章の書き方にこだわってます

このように何か1つこだわりがあれば、読者にとっても魅力的なブログが作れます。

結果ばかりを気にする人

ブログはとにかく記事を書くことがスタートです。

でも中には「アクセス解析」や「キーワード分析」にハマってしまい、記事数が減ってしまう人がいます。

戦略は、ブログを書いているうちに自然と「わかってくる」ものです。
最初のうちは、結果より行動を優先したほうがいいと思います。

投資する考え方ができない人

ブログ副業に限らず、「投資」は成功の近道です。

たとえば、資格のために勉強するのも未来への投資ですし、健康のために運動するのも未来への投資です。

このように、みんなも普段から投資しているのです。

でも、ブログになった途端に投資をゼロにしようと考えてしまいます。成功できるのはブログに対し、「時間」や「お金」を投資できる人です。

ブログで失敗しやすいポイントと対策

ゲーム1

ブログで副業をするときに失敗しやすいポイントと、その対策について解説していきます。

無料ブログでスタート

これが1番多い失敗ではないでしょうか。

無料ブログでスタートすると、ページ表示速度が遅くなって上位表示できず、更新してもアクセスがない状況が続きます。

さらに、運営の都合で簡単にブログを消されてしまいます。
せっかく収益化できても、一瞬でブログが消えるリスクがあります。

すでに無料ブログで始めた人の対策

今からでも、レンタルサーバーを借りてワードプレスに移行しましょう。

はてなブログで始めた人
→記事を引っ越すことができます

はてなの管理画面からデータをエクスポート(PCに保存)します。
設定>詳細設定>記事のバックアップ

FC2ブログで始めた人
→記事を引っ越すことができます

ログインしてデータを保存します。
ツール>データバックアップ>全ての記事ダウンロード

ライブドアブログで始めた人
→記事を引っ越すことができます

ブログ設定>バックアップ>すべてのカテゴリ>ブログデータを書き出す

はてなブログ、FC2ブログ、ライブドアブログで記事データを書き出したら、新しく作ったワードプレスのブログからデータを読みます。

ワードプレスの作り方は、次のページで解説しています。

関連記事

WordPressブログでアフィリエイトを始める流れを解説します。 たぶん、コレが1番かんたんにWordPressを設置する手順だと思います。 この記事を読めば、ブログ設置&広告の審査に通るコツがわかります。 これからブ[…]

副収入

あれもこれもやっちゃう

ブログのカテゴリを増やしすぎたり、特化ブログを複数作ってしまうのも、ありがちな失敗パターンです。

ブログを始めると、いろいろなことを書きたくなりますが、最初は1つか2つのジャンルに絞って書きます。

カテゴリを増やさず、別ブログに分けるのもNG

カテゴリを増やさないように、特化ブログを複数作るのもおすすめできません。複数ブログに記事が分散してしまい、ブログの成長が遅くなってしまいます。

最初は1つのブログを育てるつもりで記事を作り、少しずつ書く範囲を広げていくのがいいでしょう。

すでに複数ブログ作ってしまった人の対策

複数ブログの中で、自分が1番得意なものを選びます。

それ以外のブログの更新はストップします。

ブログを放置するのは精神的に抵抗があるかもしれませんが、思い切って放置してしまったほうが、逆に稼ぎやすくなるはずです。

2つ目以降のブログを作るのは、1つ目のブログで稼げるようになってからでも間に合うので、1つのことにパワーを集中させるのがいいですね。

ブログのテーマやデザインを適当にしちゃう

「最初はとりあえず記事を書こう!」

……と考えて、デザインを適当に決めてしまうと、失敗します。

稼げないのではなく「あとで作業するときに面倒くさい」です。

ワードプレスのデザインは、ワードプレステーマを変えることで、簡単に変更できますよね?

しかし、細かいところをカスタマイズしていたり、ブログカードを使っていると、あとからテーマを変更したときに不具合が出てしまいます。

どんな不具合が出るの?

たとえば、↓こんな感じでブログカードを表示しますよね。

関連記事

SEOがいらない理由を解説します。 「SEOが必要ないのはなぜ?」「最低限やるべきSEO対策を教えて」という人向けです。 この記事を読めば、ブログの成功に「何が大事なのか」わかります。 SEOがいらない理由は2つある […]

副収入

私の使っているテーマでは「sitecard」というコマンドを書き込むことで、ブログカードを表示できます。

コマンドはテーマによって違います。

あとからテーマを変更しようと思ったら、過去に書いた記事をすべて見直さないといけません。

面倒くさいことになるので、序盤からデザインを固めて、使うテーマを決めてしまったほうがいいというわけです。

適当にテーマを選んでしまったときの対策

こればっかりは、手動で頑張るしかないです!

一応「Search Regex」というプラグインを使えば正規表現を使って記事の文字列を置換できますが、プログラミングの知識がないと厳しいです。

使い方を間違えればデータが壊れて、ブログが表示できなくなります。

プログラマー以外の人は、手作業で1つ1つの記事を見直すしかありません。
100記事くらいなら以外とすぐに終わります!

以上、失敗するブログの特徴でした。これからブログを作る人や、ブログを作ったばかりの人は参考にしてみてください。