ブログを早く書く方法!1000文字を30分で書く5つの方法【19階】

1,000文字を30分で書き上げる方法を解説します。

「ブログの記事作成が遅くて悩んでる」「ブログを書く時間がない」という人向けです。

分離法、アプリ、道具の最適化など、複数あるので自分に合ったものを選んでください。

ブログを早く書く方法

装飾

装飾と文章を分離する

文章を書くときは、文章だけに集中して、先に終わらせます。

装飾(マーカーを引いたり、太字にしたり、画像を使ったり)は最後にまとめます。

文章だけ先に書く理由は、思考を1つに絞るため!

文章を書きながら、装飾すると、そのたびに集中力が切れてしまいます。これは友達と喋ってるシーンを想像してもわかりやすいですね。

友達「でさー、○○なんだよね」
店員「注文はお決まりですか?」
友達「……あれ、なんだっけ?」
↑思考が途切れて、いったんトークに勢いがなくなる。

集中を切らさないように、文章に集中するのが早く書くコツです。

タイマー読み上げアプリを使う

タイマーの残りを、音声で知らせるアプリを使います。

使い方はこんな感じ。

  1. 「今日は10分で書き終わる!」と決意する
  2. タイマーを10分にセット
  3. 1分ごとに「残り○分です」と言われる
  4. 集中力がアップ
  5. 早く書ける

これは、タイムアタックの気分でやると効果的です。

「なんだか、気分が乗らないな~」ってときでも、10分のタイムアタックなら……。

なぜか、集中できてしまう!

本当に集中できるのでおすすめです。
Androidの人は「音声タイマー 残り時間を読み上げる」というアプリが便利です。通知のインターバルを自由に決めれます。

iPhoneの人は「こえタイマー」や「喋るカウントダウンタイマー」です。

知ってるテーマについて書く

自分が知ってるテーマを選びます。
無理にテーマを絞らなくてもブログ副業は成り立つし、アクセスも稼げます。

一緒にブログ副業の階段をのぼってくれた人には、もう伝わっていると思います。

上記の3つを守るだけで「1,000文字で30分」を達成できるはずです。ブログを早く書きたい人は試してみてください。

ここからは、ブログの執筆を高速化する2つの道具を紹介します。

記事を早く作るための2つの道具

人間工学のキーボードを使う

これはヤバイです!

私が使っているキーボードです。
文字が打ちやすくて、全然疲れません。

人間工学デザイン(人間が最も自然に使えるデザイン)なので、肩こりが軽減されます。毎日パソコンに向かう人なら持っておいて損はありません。

形が特殊なので、1番最初だけは違和感があります。慣れると普通のキーボードには戻れません。

モニターを2つ使う

モニターを2つ並べると、1つの画面で調べながら、もう1つで文章を書けます。

上記のように、モニターアームを使うと省スペースに。
ディスプレイの繋ぎ方は「デュアルディスプレイ やり方」で検索するとヒットします。

以上、ブログを早く書く方法でした。ブログの記事作成に時間がかかる人は試してみてください。きっと、スピードアップできると思います。
ブログ副業で家計を楽にするために!

次回は「ブログのリライトで、どれだけ効果があるのか」を、実際のデータをもとに解説します。

関連記事

ブログの過去記事をリライトする方法を解説します。 「リライトする記事の選び方を知りたい」「リライトに失敗してアクセスが落ちたら嫌だ」という人向けです。 この記事を読めば、リライト成功のためにチェックすべきポイントがわかります。[…]

副収入