wpX Speed|おすすめ料金プラン【実データから最適を計算した】

ワードプレスに特化したクラウド型レンタルサーバー「wpX Speed」について解説します。

転送量×保存容量×機能

この3つの視点から、おすすめの料金プランを説明します。

wpX Speedのおすすめ料金プラン

wpxspeedトップ画面

出典:wpx.ne.jp

wpX Speedには「W1~W7」までの料金プランがあります。
どのプランも初期手数料は無料です。

W1月1,200円
W2月2,400円
W3月4,800円
W4月10,000円
W5月30,000円
W6月50,000円
W7月80,000円

※価格は税抜き表記

おすすめプランは「W1プラン(1番安いプラン)」です。

その理由は4つあります。

1.サーバー選びは「転送量」を目安にするから

レンタルサーバーを選ぶときの目安になるのが「転送量」です。

転送量とは
→サーバーから送られるデータ量のこと

誰かがサイトにアクセスすると、サイトにある画像や文章データが、その人のスマホに送られ、その人のスマホ画面に映し出されます。

転送量目安をオーバーすると、アクセスしてもブログが表示されなくなります。
いわゆる「503エラー」というやつです。

W1プランの転送量目安は、1ヶ月あたり2.5TB(テラバイト)です。

2.5テラバイトは、どれくらいのデータ量なのでしょうか……。

10万PVのブログ転送量は1日で1GB

うちのブログの10日間の転送量を計測して平均を出しました。

  • 少ない日 792MB
  • 多い日 1269MB
  • 平均 ほぼ1GB

1ヶ月で約30ギガバイトです。

30ギガバイト=0.03テラバイトです。

W1プランは2.5TBまで対応。
10万PVのブログなら余裕ですね。

このことから「これからブログを始める人」や「10万PV前後の人」ならW1プランが最適になります。

2.ディスクスペース200GBで足りるから

W1プランのディスクスペース(データ保存容量)は200GBです。

一般的なブログなら200GBで十分です。

私が運営する700記事のブログ(画像あり)では、画像込みで0.3GBしか使っていません。

普通にブログをやるなら200GBで十分というわけです。

3.すべての機能が使えるから

wpX Speedの魅力の1つです。

1番安いプランでも、1番高いプランと同じ機能が使えます。

  • ワードプレスの簡単インストール
  • 自動バックアップ
  • メールアカウント無制限
  • セキュリティ対策

転送量×保存容量×機能

3つの視点で見たときに、1番安いW1プランが優秀だとわかります。

4.プラン変更できるから

急にブログの人気が出たり、記事がバズってアクセスが増えることってありますよね。もしくは、超高画質の写真をアップロードし過ぎて、容量が足りなくなるかもしれません。

  • 転送量が足りなくなったら?
  • ディスク容量を増やしたくなったら?

wpX Speedでは自由にプラン変更ができます。

プラン変更の基準はサイトのスピード

wpX Speedでは、上位プランになるほどサーバー性能が上がります。

具体的には、W1からW2にアップグレードすると、メモリが2倍、CPUコア数が1.5倍になります。

ブログ表示スピードが上がれば、それだけアクセス数アップに繋がります。

ブログ速度は、使ってるワードプレステーマや記事内容によっても変わります。自分のブログがどれくらいのスピードなのか、まずはW1プランでチェックし、足りなければ上位プランに移行するという形がいいでしょう。

1番安いプランからスタートすれば、無駄な出費を防げます。

さらに細かい機能については公式サイト

で確認してください。

wpX Speedの料金プランの仕組み

ここからはwpX Speedの料金について、もっと詳しく見ていきましょう。

wpXSpeedプラン一覧表

出典:wpx.ne.jp

W1プランを見ると「1時間あたり2円」「上限1,200円」となってますね。

 
1時間だけサーバーを借りれるの!?

……そんなことはありません。

料金が時間ごとに決まってるのは「オートスケール」機能があるからです。

オートスケールは自動プラン変更の機能

wpX Speedに登録すると、メニューに「オートスケール設定」があります。

オートスケールを有効にすると……。
CPU使用率が高まったとき、自動的に上位プランに変更してくれます。

簡単に言うと、バズったり炎上したりして一気にアクセスが増えても、503エラー(転送量オーバー)にならないってことです。

オートスケールを使うと、1日の途中でプランが切り替わります。

たとえば、0時から1時まではW1プラン(2円/時)で、1時から2時まではW2プラン(4円/時)のように、1時間ごとに料金計算できるように、時間あたりの料金が表に書いてあります。

使うときは月額料金を見ればOK

普通にブログ運営をして使うときは、自分が登録したプランの月額料金を見ればOKです。

W1プランなら、税抜きで月1,200円です。

オートスケール機能を使う人は、1個上のプランの「時間料金」も見ておくといいでしょう。

新規3000円クーポンプレゼント

新規申し込みで3,000円分のクーポンが貰えます。クーポンを使うとサーバー料金を値引きできます。

キャンペーン期間
2019年9月24日~2019年10月24日18:00

キャンペーンは時期によって変わります。最新のキャンペーンは公式サイト

で確認してください。

wpX Speedの機能の意味

公式サイトの、機能一覧に載ってる機能の意味を1つ1つ解説します。

初期設定費0円

レンタルサーバーによっては入会時に初期費用が取られます。
たとえば、さくらレンタルサーバーなら月額費用のほかに、初期費用が1,029円かかります。

wpX Speedは、どのプランを選んでも初期費用はかかりません。

ディスクスペース(SSD)

ディスクスペースは、ブログのデータを保存できる容量です。W1は200GB、W2は300GBというように、上位プランほど多くのデータを保存できます。

SSDは、保存に使われるディスクの種類です。
HDD(ハードディスク)よりもSSD(ソリッドステートドライブ)のほうが高速にデータを読み出せます。ブログ高速化に繋がります。

wpX Speedは、どのプランを選んでもSSDにデータが保存されます。

メモリ/コア数

メモリやコア数は、サーバー性能を表します。数値が大きいほど、高性能のサーバーです。

サーバー性能が高ければ、ブログの表示速度が上がるだけでなく、大量アクセスの負荷にも耐えられます。

WordPress設置

設置できるワードプレスの個数です。wpX Speedは、全プランで無制限です。

1つのアカウントで、複数ブログを好きなだけ運営できます。

MySQL容量

ワードプレスの文章データは「MySQL」というデータベース形式で保存されます。

W1プランなら1GBまで、W2プランなら2GBまで。
こちらも一般的なブログなら1GBで十分です。足りなくなったときにプラン移行すればいいので、特に気にする必要はありません。

URLアドレス

wpX Speedは独自ドメインに対応しています。独自ドメインを取得すると、自分で○○.comというサイトURLを決められます。

wpXのページにログインし、マイページから簡単に設定できます。

マルチドメイン

マルチドメインとは、複数のドメインを1つのサーバーで使えるかどうかです。全プランで対応しています。

たとえば、健康食品ブログと、サプリメントブログの2つを運営するとしましょう。

wpX Speedはワードプレス設置数が無制限なので、1つレンタルサーバーを借りれば、2つのブログを設定できます。

さらに、マルチドメインを使えば、それぞれのURLを独自のものに設定できます。

健康食品ブログ
→kenkou.com

サプリブログ
→sapuri.com

このように、レンタルサーバーを1つしか借りていなくても、複数のURLを使って、複数のブログを立ち上げられます。

サブドメイン

サブドメインとは、URLの前に文字列をつけて、サイトを分ける機能です。

「kenkou.com」のサブブログとして、ダイエットブログを作りたいとします。

このとき、「diet.com」という独自ドメインを取得してもいいですが、それだと独自ドメインの料金がかかってしまいますよね。
そこで使えるのがサブドメインです。

「diet.kenkou.com」というように、URLの前に文字列を加えることで、まったく別のブログを無料で追加できます。

NVMe

NVMeとは、SSDの接続方式のことです。

簡単に言うと、データ転送が早いですよ、ってだけです。

全プランがNVMeに対応してます。

今までSSDの接続にはSATAという規格が使われていました。NVMeは、SATAよりも新しい接続方式です。SATAの約7倍のスピードが出ます。

wpX Speedが公式発表している数値では、読み込み速度に最大16倍の差が出るそうです。

nginx

nginxはサーバーソフトウェアの名前です。

簡単に言うと、大量アクセスをさばけますよ~、ってことです。

wpX Speedは全プランnginxなので気にしなくてOKです。

専門的なことを言うと、サーバーソフトウェアでよく使われるのはApache HTTP Serverです。Apacheは1つの通信をスレッド方式で処理します。通信リクエストごとにスレッドを生成するので、大量のアクセスがあるとリソースを消費しやすい特徴があります。nginxはイベント駆動型のサーバーソフトウェアなので大量のアクセスに耐えやすい特徴があります。

RAID構成

全プランRAID10に対応してます。

簡単に言うと、速くて安全ってことです。

RAID10は、RAID0とRAID1の組み合わせです。
RAID0は、データを複数ディスクに分散して書き込むことで、読み込みや書き込みの速度をアップさせるデータ保存の方法です。しかし、データを分散するので、片方が壊れたときに読み込めなくなるという弱点があります。

RAID1は、複数のディスクに同じ内容のデータを保存する方式です。スピードアップには繋がりませんが、データの安全性が高まります。2台の保存ディスクが同時に壊れる確率が非常に低いからです。

RAID10は、RAID0とRAID1の組み合わせです。速度を高めつつ、安全性もアップした方式です。

無料独自SSL

SSLは、ブログを見る人と、サーバーとのデータ転送を暗号化する技術です。

簡単に言うと、セキュリティの向上です。

wpX Speedでは、無料で簡単にブログのSSL化ができます。

ブログのURLがhttp
→SSLじゃない

ブログURLがhttps
→SSL

GoogleはSSLじゃないサイトに対して、危険アラートを出すなどの冷遇をしてます。SSL非対応サイトはアクセス数が落ちる可能性があります。

サポート

wpX Speedは、メールサポート、電話サポートともに無料です。

全プランで同じサポートが受けられます。

wpX Speedを少しでも安く契約する方法

wpXSpeedクーポン

出典:wpx.ne.jp

wpX Speedを安く契約する方法を解説します。
「少しでも割引したい」「サーバーの維持費を減らしたい」という人向けです。

結論
wpX Speedサーバーは「セルフバック+クーポン利用+クレジットカード払い」で安く契約できます。

3つを組み合わせて安く契約する手順を公開します。

セルフバック(自己アフィリエイト)で150円

wpX Speedは「A8.net」の自己アフィリエイト(自分で申し込んで、自分で報酬を貰うこと)に対応してます。

セルフバックの流れは以下の通りです。

  1. A8でアカウントを作る
  2. 「エックスサーバー」と検索する
  3. セルフバックボタンを押す
  4. 専用ページが開く
  5. 「セルフバックを行う」ボタンを押す
  6. wpX Speedの公式が出るので登録する

A8.netを経由することで、150円のセルフバック報酬が貰えます。

※2019年9月25日時点のセルフバック情報です。最新情報は公式で確認してください

クーポンのキャンペーンで3000円

2019年9月24日~2019年10月24日までは、3,000円分のクーポンが貰えるキャンペーンをやってます。

キャンペーンページの「お申し込みはこちらから」ボタンから登録すると、自動的に3,000円のクーポンが貰えます。

クーポンの使い方

wpX Speedでは、クーポンが自動的にアカウントにチャージされます。

キャンペーン中に登録すると、チャージ残額に勝手に3,000円が入ります。

サーバー代は毎月1日に自動引落されますが、チャージ残額がある場合は、優先的にそちらが使われます。

例 サーバー代が1,200円の場合
チャージ残額が1,000円あり、サーバー代が1,200なら、1,000円分がチャージから支払われます。そして、足りない200円分がクレジットカード払いになります。

クレジット払いで1.2%還元

wpX Speedの支払い方法は以下の3種類です。

  • 銀行振込
  • クレジットカード払い
  • コンビニエンスストア払い

銀行振込やコンビニ払いでは還元を受けられません。

クレジットカード払いにすることで、クレカの還元分のポイントが貯まります。

楽天カードなら1%還元、リクルートカードのなら1.2%還元です。

ペイペイ系や電子マネーでは支払えない

 
コンビニ払いにしてペイペイ系なら5%還元じゃない?

……残念ながら、コンビニ払いでは電子マネー決済ができません。

そのため、クレジットカード払いをするのが1番お得な支払い方法になります。

以上がwpX Speedを安く契約する方法です。3つの割引を組み合わせることで、サーバーの維持費を安くできますので試してみてください。

さらに詳しい情報や最新キャンペーンは公式サイト

で確認してください。

wpX Speedの支払い方法一覧

ここからはwpX Speedの支払い方法について解説します。

支払い方法の設定

wpX Speedにログインし、以下のように設定画面を開きます。

契約管理タブ>料金のお支払い>お支払い方法を選択する

支払い方法の一覧が表示されます。

クレジットカード払い

一覧から「クレジットカード」を選びます。

  1. カード番号を入力
  2. 有効期限を入力
  3. 「カードでのお支払い」ボタンを押す

銀行振込での支払い

一覧から「銀行振込」を選びます。

  1. メールアドレスを入力する
  2. 「銀行振込情報の発行」ボタンを押す
  3. 振込先がメールが届く
  4. 銀行振込する

振込先の口座がメールで届くので、そこに振り込みすれば支払い完了です。

コンビニ払い

一覧から「コンビニ決済」を選びます。

以下の情報を入力します。

  • 支払い店舗
  • 苗字
  • 名前
  • 氏名カタカナ
  • 電話番号
  • メールアドレス

メールで支払い情報が届くので、それに従ってコンビニに行きます。

セブンイレブンの場合
「払込票番号」がメールで届きます。セブンのレジで「払込票番号」を見せて、「インターネット代金の支払いをお願いします」と言います。
あとは、レジでお金を払えばOKです。

ローソン(ミニストップ)の場合
メールで届いた払込票番号を持ってローソン(ミニストップ)に行きます。店内のLoppi(ロッピー)に、番号を入力します。すると、支払い用紙がロッピーから出てくるので、それを持ってレジで支払えばOKです。

ファミリーマートの場合
ファミマもローソンと同じく、機械で支払い用紙を出します。famiポートに番号を入力し、支払い用紙を出したら、レジに持っていって料金を支払います。

デイリーヤマザキの場合
オンライン決済番号が表示されるので、それをメモします。デイリーヤマザキのレジに行き、「オンライン決済をお願いします」と言って、オンライン決済番号を入力します。
※レジの入力画面から入力する
あとはレジで支払いを済ませればOKです。

セイコーマートの場合
お支払い受付番号がメールで届きます。セコマに行ったら、クラブステーションで番号を入力します。支払い用紙が出てくるので、それを持ってレジに行き、支払えばOKです。

自動引落設定(おすすめ)

毎回支払いをするのは面倒なので、クレジットカードを使って自動引き落とし設定をします。

契約管理タブ>決済関連>自動引落設定>クレジットカード設定タブ

この画面から以下を入力します。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティk-ド
  • ご利用方法

ご利用方法では「優先的に自動引き落としにする」を選びます。この設定にすることで、常にクレジットカードから自動引き落としされます。

以上、wpX Speedの仕様と料金についての解説でした。仕様を見ても、やはりおすすめ料金プランはW1プランになります。レンタルサーバーを探している人や、プランで迷ってる人は参考にしてみてください。