wpX Speedを安く契約する方法【クーポンと支払い方法】

wpX Speedを安く契約する方法を解説します。

「少しでも割引したい」「サーバーの維持費を減らしたい」という人向けです。

この記事を読めば、3,000円+150円+1.2%の割引が利きます。

wpX Speedを安く契約する方法

wpXSpeedクーポン

出典:wpx.ne.jp

結論
wpX Speedサーバーは「セルフバック+クーポン利用+クレジットカード払い」で安く契約できます。

3つを組み合わせて安く契約する手順を公開します。

セルフバック(自己アフィリエイト)で150円

wpX Speedは「A8.net」の自己アフィリエイト(自分で申し込んで、自分で報酬を貰うこと)に対応してます。

セルフバックの流れは以下の通りです。

  1. A8でアカウントを作る
  2. 「エックスサーバー」と検索する
  3. セルフバックボタンを押す
  4. 専用ページが開く
  5. 「セルフバックを行う」ボタンを押す
  6. wpX Speedの公式が出るので登録する

A8.netを経由することで、150円のセルフバック報酬が貰えます。

※2019年9月25日時点のセルフバック情報です。最新情報は公式で確認してください

クーポンのキャンペーンで3000円

2019年9月24日~2019年10月24日までは、3,000円分のクーポンが貰えるキャンペーンをやってます。

キャンペーンページの「お申し込みはこちらから」ボタンから登録すると、自動的に3,000円のクーポンが貰えます。

クーポンの使い方

wpX Speedでは、クーポンが自動的にアカウントにチャージされます。

キャンペーン中に登録すると、チャージ残額に勝手に3,000円が入ります。

サーバー代は毎月1日に自動引落されますが、チャージ残額がある場合は、優先的にそちらが使われます。

例 サーバー代が1,200円の場合
チャージ残額が1,000円あり、サーバー代が1,200なら、1,000円分がチャージから支払われます。そして、足りない200円分がクレジットカード払いになります。

クレジット払いで1.2%還元

wpX Speedの支払い方法は以下の3種類です。

  • 銀行振込
  • クレジットカード払い
  • コンビニエンスストア払い

銀行振込やコンビニ払いでは還元を受けられません。

クレジットカード払いにすることで、クレカの還元分のポイントが貯まります。

楽天カードなら1%還元、リクルートカードのなら1.2%還元です。

ペイペイ系や電子マネーでは支払えない

 
コンビニ払いにしてペイペイ系なら5%還元じゃない?

……残念ながら、コンビニ払いでは電子マネー決済ができません。

そのため、クレジットカード払いをするのが1番お得な支払い方法になります。

以上がwpX Speedを安く契約する方法です。3つの割引を組み合わせることで、サーバーの維持費を安くできますので試してみてください。

さらに詳しい情報や最新キャンペーンは公式サイト

で確認してください。

wpX Speedの支払い方法一覧

ここからはwpX Speedの支払い方法について解説します。

支払い方法の設定

wpX Speedにログインし、以下のように設定画面を開きます。

契約管理タブ>料金のお支払い>お支払い方法を選択する

支払い方法の一覧が表示されます。

クレジットカード払い

一覧から「クレジットカード」を選びます。

  1. カード番号を入力
  2. 有効期限を入力
  3. 「カードでのお支払い」ボタンを押す

銀行振込での支払い

一覧から「銀行振込」を選びます。

  1. メールアドレスを入力する
  2. 「銀行振込情報の発行」ボタンを押す
  3. 振込先がメールが届く
  4. 銀行振込する

振込先の口座がメールで届くので、そこに振り込みすれば支払い完了です。

コンビニ払い

一覧から「コンビニ決済」を選びます。

以下の情報を入力します。

  • 支払い店舗
  • 苗字
  • 名前
  • 氏名カタカナ
  • 電話番号
  • メールアドレス

メールで支払い情報が届くので、それに従ってコンビニに行きます。

セブンイレブンの場合

「払込票番号」がメールで届きます。

セブンのレジで「払込票番号」を見せて、「インターネット代金の支払いをお願いします」と言います。
あとは、レジでお金を払えばOKです。

ローソン(ミニストップ)の場合

メールで届いた払込票番号を持ってローソン(ミニストップ)に行きます。

店内のLoppi(ロッピー)に、番号を入力します。
すると、支払い用紙がロッピーから出てくるので、それを持ってレジで支払えばOKです。

ファミリーマートの場合

ファミマもローソンと同じく、機械で支払い用紙を出します。

famiポートに番号を入力し、支払い用紙を出したら、レジに持っていって料金を支払います。

デイリーヤマザキの場合

オンライン決済番号が表示されるので、それをメモします。

デイリーヤマザキのレジに行き、「オンライン決済をお願いします」と言って、オンライン決済番号を入力します。
※レジの入力画面から入力する

あとはレジで支払いを済ませればOKです。

セイコーマートの場合

お支払い受付番号がメールで届きます。

セコマに行ったら、クラブステーションで番号を入力します。

支払い用紙が出てくるので、それを持ってレジに行き、支払えばOKです。

自動引落設定(おすすめ)

毎回支払いをするのは面倒なので、クレジットカードを使って自動引き落とし設定をします。

契約管理タブ>決済関連>自動引落設定>クレジットカード設定タブ

この画面から以下を入力します。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティk-ド
  • ご利用方法

ご利用方法では「優先的に自動引き落としにする」を選びます。この設定にすることで、常にクレジットカードから自動引き落としされます。

以上、支払い方法の一覧でした。wpX Speedを安く契約する方法とあわせて、料金を支払うときの参考にしてください。