遊園地に例える、どんな初心者もわかるインターネット回線の仕組み!

この記事の所要時間: 434
小学生でもわかる!!
このページでは、「インターネット全体の仕組み」と「各家庭のネット回線(プロバイダなど)の仕組み」の両方を遊園地を使って説明しています。

インターネットって何?

インターネットとは、世界中のコンピューターを繋ぐシステムのことです。

どうやって繋いでるの?

日本国内では、

  • 電線
  • 地下にある光ファイバーケーブル

を使ってコンピューター同士を繋げています。

海外と接続する時には、海底にあるケーブルが使われています。

スマホの場合

スマホのインターネットは、まず基地局(きちきょく)と呼ばれるDocomoやau、Softbankの設備まで「無線」によって接続します。

そのあとはコンピューターと同じようにケーブルを使って情報をダウンロードしています。

どうやって文字データをケーブルに通すの?

インターネットに繋ぐと、文字や写真のデータを表示することが出来ます。

ケーブルの中を文字が通るって想像できないよ
光の点滅で文字を送れるニャ!

光の点滅が文字になる

「●」「○」この2つの丸を使って、光っている状態と、光っていない状態を表します。

まずは5回連続で光った場合。
○○○○○
これを「あ」という文字に決めておきます。

次は最後の1回が光らない場合。
○○○○●
これを「い」という文字に決めておきます。

最後の2回が光らない場合。
○○○●● う

3回光らない ○○●●● え

4回光らない ○●●●● お

こんな風に、ルール決めをしておけば光の点滅だけで文字を送ることが出来ます。

※「○○○○○」が「あ」になるというルールは説明のための仮ルールです。

光の点滅が写真になる

文字はわかるけど、写真は無理だよね?
これも光の点滅ニャ!

こちらもルール決めさえしておけば送ることができます。

写真は点の集まり
パソコンで表示する写真データは、細かい点の集まりに過ぎません。
■という点が沢山集まって、画像を表示しています。

たとえば次のように、L字型の絵を書いた画像があるとします。



■■■■

これを光の点滅にすると、

■□□□
■□□□
■■■■

こうなります。

あとは1行目から順番に、「光らない、光る、光る、光る」としていけば写真を送ることができます。

続いて、家庭にあるネット回線やプロバイダの仕組みです。

ネット回線について知ろう

ネット料金の仕組み

回線料+プロバイダ料
2つの合計がネット料金

回線料ってどんな料金?

「○○光」といった名前のサービスにかかる基本料金のことです。2017年現在、回線は主に5種類しかありません。

  • フレッツ光
  • auひかり
  • Nuro(ニューロ)光
  • ケーブルテレビ
  • ADSL

この中で光回線なのは上の3つだけです。

プロバイダ料ってどんな料金?

自宅回線とインターネットを繋ぐための仲介会社にかかる料金です。ビッグローブ、So-net、ぷらら等がプロバイダです。

遊園地でわかるネット回線

回線とプロバイダの関係は、ジェットコースターで説明できます。

遊園地の入場料は
回線料
コースターに乗るチケットは
プロバイダ料

片方だけではインターネットに繋げません。回線とプロバイダの両方を契約する必要があります。

うちでは1つしか契約してないよ?
回線とプロバイダがセットになっている会社もあるニャ!

回線とプロバイダがセットになったフリーパス

フリーパスとは遊園地で言うところの入場料+乗り放題のセット料金ですね。ネット回線においてもセット料金が存在します。

回線とプロバイダがセットのサービス

  • ドコモ光
  • ビッグローブ光
  • U-next光
  • OCN光

光回線は3種類

先ほど、光回線はフレッツ光、auひかり、Nuro光の3種類だと説明しました。では上記のドコモ光などは何なのでしょうか。

実は、中身はすべてフレッツ光回線です。

フレッツ光回線+Docomoのセットプランをドコモ光と呼び、フレッツ光回線+ビッグローブのセットプランをビッグローブ光と呼んでいるだけです。

回線スピードはゴーカートでわかる

遊園地には、ゴーカート(上記画像のようなもの)を運転するアトラクションがありますね。ネット回線の速度は、このゴーカートを使って説明できます。

車が出せる最大速度

思い切りペダルを踏んだ時に出せるのが最大速度です。車ならキロを使いますが、ネットの場合はギガを使います。

  • フレッツ光 1ギガ
  • auひかり 1ギガ
  • Nuro光 2ギガ
  • ADSL 0.05ギガ
  • ケーブルテレビ 0.32ギガ

ちなみに、1990年代のネット速度は0.000056ギガでした。とても遅いです。

道が混んでいると最大速度を出せない

ゴーカードは、前の人の進みが遅いと詰まってしまいます。道が混んでいるとスピードが出せません。

ネット回線も同じ

ネット回線は1万人以上が同時に使うのですから、道は常に混み合っている状態です。フルスピードで走ることはできません。

住む場所によっても速度は違う

ゴーカートはコース上を走りますが、光回線は光ケーブルの中を走ります。

光のとおり道

  • ↓家
  • ↓近くの電柱
  • →NTT基地局

家から近くの電柱までの距離や基地局によって速度が変わります。同じフレッツ光でも、地域や住所によってスピードが違うのはこのためです。

スポンサーリンク

シェアする