快適なネット通信速度の目安!基準はYoutubeが見れること

2016年10月26日

保険をかけて選ぶのがコツ!!
「ネットのスピードはどれくらい必要なの?」「速さより重要なことがあるって本当?」「Youtubeの動画を快適に見たい!」といったかた向けに快適にネットを見るための通信速度を紹介します。

ネットを何に使うかで速度の目安が変わる

意外にネット速度が遅くてもいいって本当?
快適な速度を調べたニャ!

大量のダウンロードをしないなら、ネット通信速度が多少遅くともストレスを感じません。

普段のネット利用目的を知ることで、必要なスピードを把握できます。

ネット利用の目的ランキング

総務省の統計では次の目的で使われています。

  • 電子メール 70%
  • サイトを見る 63%
  • ネット通販 59%
  • SNS 42%
  • 地図を見る 37%
  • 動画サイト 32%
  • ネットラジオ 25%
  • オンラインゲーム 12%

半数以上の利用者がメールやサイト閲覧のためにネットを使っていますね。

快適に利用するための通信速度

SoftBank通信量の目安をもとに、通信量の目安をまとめました。

メールの送受信
→1通あたり0.5MB

ホームページの閲覧
→1ページあたり0.3MB

動画の視聴
→1分あたり4MB

音楽のダウンロード
→1曲あたり4MB

このことから、動画(Youtubeなど)を快適に見られれば通信速度は十分だと言えるでしょう。

動画にどれくらいの速度が必要?

画質 1分間の
通信量
必要な
速度の目安
144p(最低画質) 1.4MB 0.2MBps
240p(超低画質) 2.8MB 0.3MBps
360p(低画質) 4.5MB 0.5MBps
480p(中画質) 8MB 1.0MBps
720p(高画質) 13MB 1.5MBps
1080p(超高画質) 22MB 2.6MBps

動画を見るだけなら高速回線は不要。ある程度の速度があれば再生できます。

計測方法(興味のある人用)通信監視ツールで長さ1分48秒のYoutube動画を読み込み、その通信量を測定。1分あたりの通信量を計算。速度の目安は2.6MBpsの環境(1080pを快適試聴可能)を基準とした。

1分間でどれくらい通信容量を使う?

1分間の動画を見るとどれくらいの通信容量を使うのでしょうか。

グーグルで検索すると、どこのサイトにも以下の値が書いてあります。

  • 標準画質 18MB
  • 中画質 38MB
  • 高画質 62MB
  • HD画質 137MB

「HD画質は137MB使う」と書いてあります。

……が、私が検証したところHD画質でも22MBしか使わないという結果でした。

「見ている動画内容」「動画の全体的な長さ」によっても通信量が変化します。

保険をかけて、早めの回線を選んでおくと安心です。次のページに選び方をまとめました。

オンラインゲームをする人の通信速度

PS4やニンテンドーSwitchでマルチがしたい!
ゲームは速度より安定性を重視するニャ!

オンラインゲームを快適にプレイするには、速度よりも通信の安定性が重要です。

有名ゲームの推奨スペック

ドラゴンズドグマ
→1.0Mbps以上

ドラクエ オンライン
→ブロードバンド以上

FF オンライン
→ブロードバンド以上

要求される速度はそこまで高くありません。FPSやシミュレーションゲームも同様です。

通信の安定について

  • オンラインゲームは通信の安定が重要
  • 無線は通信が不安定
  • そのためモバイルルータはゲームに不向き
  • 安定性重視なら光回線
  • WifiではなくLANケーブルの有線接続推奨

オンラインゲームだけでなく、FXや株、デイトレーダーなども安定性が回線選びのポイントになります。

安定回線の選び方については以下のページの「品質重視」のところを見てください。