光コラボとフレッツ光どっちがいい?メリット・デメリットを比較

2018年10月25日

デメリット確認で損しない!

いざネットを契約しようと思っても「NTTフレッツ光」と「フレッツ光コラボレーション」の2つがあって迷いますよね。どちらも名前に「フレッツ」がついていますが2つのサービスには違いがあります。

どっちがいいサービスなのか。

1つずつメリットとデメリットを比較しました。私が契約して最悪だった光コラボ業者も紹介しています。

「どっちがいい?」の答え

ネット回線を選ぶ基準は?
光コラボは料金で選ぶニャ!

メリットやデメリットを比較する前に結論を言います。ネット料金を節約したいなら光コラボのほうがいいです。

何にでも言えることですが、新しく始まったサービスのほうが料金が安いです。NTTのフレッツ光は平成21年(2009)年にスタート。光コラボは最近です。

入会キャンペーンで数万円をキャッシュバックしたり、無料ルータのレンタルを実施しています。

新サービス特有のデメリット

新しいサービスは料金が安い代わりに品質が整っていないというデメリットがあります。

普通はそうなんですが、光コラボの場合は別です。

光コラボはNTTの設備をそのままレンタルしているだけなので回線の品質は同じ。新サービス特有のデメリットがありません。

以上の理由から、ネット料金を節約するには光コラボのほうがいいという結論になります。

ネット回線の参考リンク
DMM光私が契約してる光コラボ。キャッシュバックあり。工事費無料あり。
【auひかりキャンペーン】auスマホ利用で割引あり。高額キャッシュバック。
NURO光最大速度がフレッツの2倍(2Gbps)。キャッシュバックあり。一部地域しか契約できない。

光コラボとフレッツ光の違いは?

「設備が同じ」なのに違いがあるの?
運営会社が違うニャ!

そもそも、光コラボとフレッツ光は何が違うのでしょうか。簡単に言うと運営会社が違います。

NTTが運営している光回線
→フレッツ光

その他の会社が運営している光回線
→光コラボ

光コラボも、フレッツ光も、使っている回線の設備は同じ!

違うのは運営している会社だけです。

光コラボの仕組み

光コラボを提供しているのは、ドコモ、ソフトバンクなどの携帯会社のほか、So-netやビッグローブなどのプロバイダ会社です。

これらの会社はNTTから光回線を借りて運営しています。

たとえばドコモが光回線を運営するときは「ドコモ光」という名前になり、ソフトバンクが運営するときは「ソフトバンク光」という名前で呼ばれます。

主な光コラボの会社

光コラボを提供している主な会社を紹介します。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • @Nifty光
  • DTI光
  • ぷらら光

光コラボの仕組みについて以上になります。ここからは光コラボとフレッツ光どっちがいいのかを決めるためにメリット・デメリットを比べてみます。

フレッツ光と光コラボの比較

比較の前に2つの共通点を知りたいな。
先に共通点を紹介するニャ!

2つの共通点

ネット速度は最大1Gギガ

どちらもNTTの光回線を使っているので最大スピードは同じです。NTTの光回線は最大1Gbpsのスピードが出せます。

広い地域で使える

NTTの設備は日本で一番普及しているネット回線です。かなり田舎でも対応しているのが魅力です。

プロバイダの比較

フレッツ光

フレッツ光のメリットはプロバイダを自由に選べる、変えられる点です。

しかしこれはデメリットでもあります。

フレッツ光を使うときはネット回線とは別にプロバイダを契約しなければなりません。

2つの会社と契約することになるため、手続きが面倒だったり、解約が面倒だったりします。

光コラボ

光コラボはプロバイダがセットになったものが多いです。

一度契約してしまうとプロバイダだけを変えることができません。

契約が1つにまとまるので、料金の支払いが楽になったり、解約しやすいというメリットがあります。

料金の比較

料金が安いのは光コラボです。

どれくらい安くなるかは契約内容によっても変わりますが、フレッツ光から光コラボに変更して約1,000円安くなった人が多いです。

光コラボが安い理由

光コラボが安い理由は、料金を頑張らないとお客さんが来ないからです。

『光コラボ?フレッツと設備が同じなんでしょ?だったら有名なフレッツでいいよ』……となってしまいます。

そこで料金を安くし、フレッツとの差別化を図っているのです。

逆に、フレッツ側は黙ってても人が来るので安くしなくても大丈夫なんです。

キャンペーンの比較

これも光コラボの圧勝です。

光コラボは新規契約で2万~5万程度のキャッシュバックが受けられます。キャンペーンを使って新規のお客さんを集めています。

9年前はフレッツのキャンペーンも沢山ありましたが、今はほとんど見かけなくなりました。

安定性の比較

ネットの最高速度は同じ、料金は光コラボのほうが安い。

『だったら光コラボがお得! フレッツ光を選ぶ意味ないじゃん!』

……と思いがちですが、光コラボとフレッツでは安定性が違います。

設備が同じなのにどうして安定性が違うの?
プロバイダが違うからニャ!

光コラボの口コミを見ると、「ネットが不安定」という書き込みが目立ちます。この理由について詳しくみてみましょう。

「光コラボは不安定」という口コミが多い理由

悪い口コミに理由なんてあるの?
2つの理由があるニャ!

回線の評価は悪くなる

私は以前、ドコモ光(光コラボ)を使っていました。

1ヶ月に1回はネットに繋がらない日がある。最悪でした。

今はDMM光(光コラボ)を使っています。

1回もネットが途切れず、安定して繋がります。

でもネットの口コミを見ると逆のパターンもあるんですよ。DMM光が不安定で、ドコモ光にしたら安定したという人もいます。ネット回線の良し悪しは住んでる場所環境に左右されます。

Aの地域に住んでる人はドコモ光を最悪と書き込み、Bに住んでる人はDMM光を最悪と書き込む。

そのため、回線の評判は悪くなりがちです。

品質の悪い会社と契約した

フレッツ光を提供している会社はNTTの1つだけです。フレッツ光を契約するということは、NTTと契約することになりますね。

光コラボを提供する会社は500社以上あります。

500社の中には、品質の悪い会社が混ざっています。

光コラボを契約するときは上記で紹介したように、大手の会社を選ぶのがコツです。


ネットが遅いときの5つの対策でも書きましたが、プロバイダをIPv6プラス対応の会社に変えたところネットが189倍に速くなりました。

初心者の人やネット料金を節約したい人向けにチャート↓を作りました。

こちら↓は速度の速いプロバイダを選びたい人向けです。