光コラボとフレッツ光の速度を比較!我が家の184Mbpsより速いのか

2018年10月30日

スピードを比べてみた!

フレッツ光と光コラボは両方ともNTTの設備を使っているので、計算上はネット速度が同じになるはずです。

が……。

実際にはフレッツ光と光コラボには速度の差がありました。どっちが速いのかを検証します。

ネット速度の基本

早くどっちが速いか教えてよ?
まずは基礎知識ニャ!

ネット速度を調べる上で理解しておきたい基本事項がいくつかあります。

まずは理論値実測値について。

ベストエフォート

ネットのスピードはベストエフォート方式と呼ばれていて、必ずしも宣伝通りのスピードが出るとは限りません。

たとえば、フレッツ光は1Gbpsの速度、光コラボも1Gpbsが最高速度です。

でも実際には1Gbps(1ギガ)のスピードは出ません。住んでいる地域、ネットの込み具合、時間帯によってもスピードは変わります。

ベストエフォート方式とは出来るだけ頑張るよ方式なのです。

ネット速度は実測値で比べる

最大1Gbps出るよ、というのが理論値です。

現実問題、1Gbps出ることはないので、ネット速度を比べるときは実測値を使います。

実測値とは、実際にその回線を契約している人がネットスピードを測定して、どれくらい速いかをデータ化したものです。

ネット回線の参考リンク
DMM光私が契約してる光コラボ。キャッシュバックあり。工事費無料あり。
【auひかりキャンペーン】auスマホ利用で割引あり。高額キャッシュバック。
NURO光最大速度がフレッツの2倍(2Gbps)。キャッシュバックあり。一部地域しか契約できない。

フレッツ光と光コラボはどっちが速い?

光コラボに乗り換えて遅くなったって聞いたよ?
その噂が本当か調べたニャ!

「光コラボは遅い」は本当なのか

ネットの口コミを見ると、「光コラボに変えてネットが遅くなった」という書き込みが見られます。

光コラボは本当に遅いのか、フレッツ光の実測値と比較しました。

光コラボの実測値

我が家は光コラボに変えて、フレッツ光の頃よりも速度が上がりました。

現在は184Mbpsのスピードが出ています。

ネット速度の結果

この184Mbpsと世間のフレッツ光の速度を比べていきます。

フレッツ光の実測値

BNRスピードテストというサイトによるとフレッツ光の実測値最高は369Mbpsです。

光コラボの2倍速い!

しかし、フレッツ光の最低速度を見てみると山口県で4.58Mbpsしか出ていません。

光コラボの40分の1の遅さ!

全国平均

全国平均は54.95Mbpsです。

全国平均と比べた場合、光コラボ(184Mbps)よりもフレッツ光のほうが遅いという結果になりました。

※記事公開時点の情報です

光コラボに乗り換えるときの注意点

すぐに契約しちゃダメなの?
とりかえしがつかない注意点を理解しておくニャ!

フレッツ光から光コラボに乗り換えるときの注意点は3つあります。

1.フレッツ光に戻すのが難しい

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは簡単です。

転用という手続きをします。

転用は工事費用なし、違約金なしです。

転用OKパターン

  • フレッツ光→光コラボ 転用OK
  • auひかり→光コラボ 転用NG
  • NURO光→光コラボ 転用NG

フレッツに戻すとき

  • 光コラボ→フレッツ 転用NG
  • auひかり→フレッツ 転用NG
  • NURO光→フレッツ 転用NG

光コラボからフレッツに戻すことはできません。

フレッツ光に戻すときは?

戻すときは光コラボを解約し、フレッツ光を再契約するため手続きが面倒くさくなります。また、契約によって違約金がかかる場合があります。

違約金を0にするには?
たとえば光コラボを2年契約してるなら、2年ピッタリで解約します。ピッタリ解約すると違約金がかかりません。これは携帯電話の解約と同じ仕組みですね。

2.電話番号が変わる

光コラボからフレッツ光に戻すと電話番号が変わります。

解約時に「固定電話の番号を引き継ぎたい」と言えば同じ番号を使えますが、言い忘れてしまうと番号が変わってしまいます。

3.無名の会社と契約しない

光コラボを提供している事業者は500以上の種類があります。

中には一部のサービスをやっていなかったり、品質が悪いところもあります。

無名の会社とは契約しないほうが安心です。

光コラボを選ぶときはドコモ光、ビッグローブ、So-net、ソフトバンク光、@Nifty光、DTI、ぷららなど、大手の会社を選ぶのがおすすめです。


ネットが遅いときの5つの対策でも書きましたが、プロバイダをIPv6プラス対応の会社に変えたところネットが189倍に速くなりました。

初心者の人やネット料金を節約したい人向けにチャート↓を作りました。

こちら↓は速度の速いプロバイダを選びたい人向けです。