nanacoとリクルートカードで税金を1.2%還元にする手順

リクルートカードを使ってnanaco経由で1.2%還元にする方法を解説します。

「nanacoに登録してチャージするまでの流れを知りたい」「nanacoチャージできないときの対処法を知りたい」という人向けです。

この記事を読めば、税金を支払うまでの流れがわかります。

nanacoとリクルートカードで税金を1.2%還元にする手順

友達

以下の手順で、nanacoで税金の支払いができます。

  1. クレカの本人認証サービスを有効にする
  2. nanaco会員にログインする
  3. nanacoにクレカを登録する
  4. 好きな金額を入力してチャージする
  5. セブンイレブンのATMでチャージを受け取る
  6. nanacoで税金を払う

1つ1つ解説します。

1.クレカの本人認証サービス

nanacoの本人認証

出典:www.nanaco-net.jp

クレジットカードには「本人認証サービス」という不正利用を防ぐシステムがあります。

クレカでnanacoチャージするときは、これを有効します。

JCBブランドのリクルートカードの人

JCBの人は「My JCB」に登録することで、自動的に本人認証サービスが有効になります。

JCBリクルートカードを使ってる人は、利用明細を確認するために、My JCBに登録済みだと思います。本人認証はスルーして、nanacoチャージの項目に進んでください。

VISAリクルートカードの人

VISAの人は「MUFGカードWEBサービス」に登録することで、自動的に本人認証サービスが有効になります。

MasterCardリクルートカードの人

MasterCardの人も同じく「MUFGカードWEBサービス」登録で、自動的に本人認証サービスが有効になります。

2.nanacoにログインする

ナナコのログイン画面

出典:www.nanaco-net.jp

nanacoのログインメニューからログインします。サイトに移動すると、詳しいログイン方法が書いてあります。

簡単にまとめると……。

nanacoカードを持ってる人
→カード裏面に書いてある数字を入力してログイン

nanacoモバイルの人
→モバイルアプリの番号でログインする

nanacoを使ったことがない人
→セブンイレブンで「nanacoカードを作りたいです」と言う

3.nanacoにクレカを登録する

ログインしたら「nanacoクレジットチャージ」を選びます。

クレカ情報を登録する

リクルートカードの番号を登録して「次へ」を押します。

チャージパスワードを設定します。

チャージするときに必要になるパスワードです。

本人認証画面が出る

本人認証のパスワードを入力します。「My JCB」や「MUFG」で設定したパスワードです。

これでクレカの登録は完了です。

4.チャージする

クレジットカードからのチャージは、クレカを登録後、24時間経過してから有効になります。

nanacoページにログインしたあと「nanacoクレジットチャージ」を押します。

「3.nanacoにクレカを登録する」のときに設定した、クレジットチャージパスワードを入れます。

  1. クレジットチャージ(入金)を押す
  2. 金額を入力する
  3. 申し込みボタンを押す
  4. セブンイレブンに行って受け取る

5.ATMでチャージ金額をnanacoに移動する

クレジットカードからチャージしても、「センターお預かり」扱いとなり、そのままでは使えません。

セブンイレブンのATMに行き、nanacoカードの「残高確認」をします。

これで、nanaco払いができるようになります。

チャージは最大3万円まで

一度にチャージできる金額は5,000円~30,000円です。
1ヶ月間に15回チャージできます。

1ヶ月にチャージできる限界値は20万円です。

残高確認ができる場所

セブンATMのほか、以下の場所で残高確認ができます。

  • セブンイレブンのレジカウンター
  • イトーヨーカドーのレジ
  • そごうのレジ
  • 西武のレジ
  • ヨークマートのレジ
  • アカチャンホンポのレジ
  • デニーズのレジ

6.nanacoで税金を支払う

セブンイレブンに支払い用紙を持っていき、nanacoで支払います。

このとき、「nanacoポイントはつきませんが、よろしいですか?」と聞かれることがありますので「大丈夫です」と答えます。

税金や公共料金ではnaancoポイントがつきません。しかし、クレジットカードでチャージしたときに、リクルートカードの還元ポイントがつくので、1.2%還元になります。

nanacoで支払える料金は以下のようなものがあります。

  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 住民税(=市民税)
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 電気料金
  • 所得税
  • 自動車税

クレジットカードでnanacoチャージできないときのチェック項目

クレカを登録できない

PGSE05

クレジットカードが登録できるのは、nanacoカードを作ってから10日後です。それまではエラーになって登録できません。

nanacoモバイルの人は4日後から登録できます。

PGSE37

「クレジットカード番号および有効期限をご確認のうえ、再度ご入力ください」「クレジットカード番号および有効期限に間違いがない場合、本人認証サービス(J/Secure、Verified by VISA、MasterCard SecureCode)未登録の可能性がございます」

入力したクレカ情報が間違っているか、クレカの本人認証ができていないときに表示されます。

「My JCB」や「MUFGカードWEBサービス」に登録することでエラーを回避できます。

チャージができない

PGSE35

nanacoチャージができるのは、クレジットカードを登録してから24時間後です。しばらく待ってから試してみてください。

P30185

nanacoチャージできる限界の金額です。

クレカからチャージすると、その金額は「センターお預かり」扱いになります。セブンイレブンのATMから、nanacoカードに移動して、ようやく電子マネーとして使えます。

センターお預かりの最大金額が5万円なので、それ以上のチャージをするとエラーになります。

以上、nanacoとリクルートカードで税金を1.2%還元にする手順でした。公共料金や税金の支払いで還元を受けたい人は参考にしてみてください。