リクルートカードのメリットとデメリット【他カードと比較しながら】

メリットとデメリットを解説します。

「他のカードと比べてお得なの?」「本当のデメリットが知りたい」という人向けです。

この記事を読めば、なぜリクルートカードが流行ってるのかわかります。

リクルートカードの5つのデメリット

  1. ポイントの使い勝手が悪い
  2. 改悪リスクがある
  3. 旅行の補償金額が低い
  4. ガソリンがお得じゃない
  5. 引っ越しがお得じゃない

楽天カードと比較してポイントの使い勝手が悪い

楽天カードリクルートカード
年会費:0円
還元:1%
年会費:0円
還元:1.2%
貯まるのは
楽天ポイント
貯まるのは
リクルートポイント
使うとき
楽天市場
使うとき
ポンパレモール

リクルートカードを使うと1.2%の「リクルートポイント」が貯まります。

このポイントは、リクルートのサービスで使えます。

  • ポンパレモール
  • じゃらん
  • ホットペッパー

この3つのサービスを使う人には便利ですが、それ以外の人には使い道がありません。

なので、リクルートポイントをPontaポイントと交換して使うことになります。

Pontaが使える店は、ローソン、ゲオ、ケンタッキーなどです。
ローソン以外のコンビニでは使えません。ローソンやゲオを使わない人にとっては使いにくいポイントです。

楽天ポイントは使いやすい

楽天ポイントは「楽天市場、楽天トラブル、ラクマ、ふるさと納税」に使えます。

また、楽天ポイントは、電子マネーEdyに交換できます。

EdyはPontaと違って、主要なコンビニすべてに対応しています。スーパー、ドラッグストア、家電量販店、百貨店でも使えます。

ポイントの使い勝手は、楽天カードに軍配が上がります。

楽天カードより改悪のリスクが高い

リクルートカードには、「年会費無料のリクルートカード」と「有料のリクルートカードプラス」があります。

リクルートカードプラスは「還元2%」の最強カードでした。

が……。

2016年に新規発行を中止してしまいました。別の高還元カードでは、

も1.5%から1.25%まで落ちてます。

高還元カードは改悪されやすいので、楽天よりもリスクが高くなります。

旅行保険の補償金額が安い

リクルートカードは年会費無料カードなので、旅行保険の補償金額が安くなります。

ダイナースリクルートカード
年会費:22,000円年会費:0円
海外旅行保険
最高1億円
海外旅行保険
最高2,000万円
国内旅行保険
最高1億円
国内旅行保険
最高1,000万円

旅行保険の金額を重視する人には不向きですね。

楽天カードよりガソリンがお得じゃない

楽天カードは特定スタンドでポイント2倍になります。
リクルートはそういうボーナスが付きません。

楽天カードより引っ越しがお得じゃない

楽天カードは引っ越しのポイントが最大11倍になります。
リクルートはボーナスが付きません。

リクルートカードの5つのメリット

  1. 還元率1.2%
  2. 保険の対応状況がいい
  3. 家族カードの枚数が多い
  4. ETCカードの年会費が無料
  5. ポイント二重取り対応

還元率1.2%の高還元

年会費無料のクレジットカードでは最高クラスの還元率です。

ポイントの二重取りを活用すると、還元率を最大3.6%までアップできるのも魅力です。

還元率の増やし方は次の記事で解説しています。

関連記事

リクルートカードの還元率を増やす方法を解説します。 「リクルートカードのお得な使い方を知りたい」「ポイントを2重取りしたい」という人向けです。 この記事を読めば、リクルートカードの使い道がわかります。 リクルートカードの[…]

クレジットカード

保険の対応状況がいい

年会費無料カードの保険対応状況を表にしました。

種類国内
旅行
海外
旅行
買い物
保険
リクルート
楽天カード×
Yahoo××
REXカード×
イオン××

リクルートカードは3種類の保険にすべて対応してます。

家族カードの枚数が多い

リクルートカードは年会費無料で、家族カードを複数発行できます。

  • JCB 8枚まで
  • VISA 19枚まで
  • MasterCard 19枚まで

家族カードで使った分は、本カードのほうに合算されてポイントが貯まります。

ただし、家族カードを作ると最大6,900円を損する可能性があります。

詳しくは次のページで解説します。

関連記事

リクルートカードの作り方を解説します。 「1円も損したくない」「入会特典でポイントを貰いたい!」という人向けです。 この記事を読めば、普通よりもお得な作り方がわかります。 リクルートカードの作り方 リクルー[…]

クレジットカード

ETCカードの年会費が無料

リクルートカードなら、年会費無料でETCカードを持てます。

国際ブランド年会費発行手数料
JCB無料無料
VISA無料1000円
MasterCard無料1000円

初回だけ発行手数料がかかります。JCB ブランドなら発行手数料も無料です。

「楽天カード」や「Yahoo! Japanカード」の場合は年会費が500円かかります。

ポイントの二重取り対応

リクルートカードを使えば、電子マネーnanacoやEdyにチャージしたときもポイント還元対象になります。

チャージで1.2%還元され、nanaco支払いのときに0.5%還元されます。

ポイント二重取りで1.7%還元になります。

チャージは月3万円までOKです。
3万円以上はポイントが付かなくなります。

以上、リクルートカードのメリットとデメリットでした。これから作ろうと思ってる人は参考にしてみてください。

リクルートカードは入会特典として4,000円~6,000円程度が貰えるキャンペーンを行っています。登録するなら6,000円以上のときが狙い目です。最新情報は公式サイトで確認してください。