イオンカードのキャッシングは主婦OK!借り入れの注意点

法律の抜け道!!
イオンカードを使ったキャッシングのやり方や注意点についてまとめました。

主婦でもキャッシング出来る?

イオンカードなら専業主婦所得が低い人でもキャッシング枠が貰える場合があります。

一般的には、収入が低いとキャッシング枠は0円に設定されます。買い物はできるけど現金を借りることはできない状態です。

キャッシングの法律

クレジットカードではいくらまでお金を貸してもいいのかが法律で決まっています。

キャッシング枠は最大でも年収の3分の1までです。

なので、年収を103万円以下に抑えているパートさんだと借りられるのは最大でも33万ほどです。

もちろん無収入であればキャシング枠もゼロ。

しかし!

法律が関係するのは「貸金業者」だけ。イオンカードは発行元が「イオン銀行」なので法律の制限に引っかかりません。無収入でもキャッシングできる可能性があるのです。

キャッシング枠はいくら?

私が申し込んだ体験談です。

年収200万円以下の申し込みでキャッシング枠が50万でした。

イオンのキャッシングの注意点

イオンカードの利用はショッピング枠とキャッシング枠が共有です。

ショッピング枠:50万
キャッシング枠:50万

という設定だった場合、ショッピングで50万使い切ってしまうとその月はキャッシングが出来ません。

その逆も同じ。30万円のキャッシングをしたらショッピングは残り20万円分しか出来ません。

キャッシング希望額は反映されない

クレジットカードを申し込む時、他のカードはキャッシング希望額を記入することが多いです。

イオンカードは希望額を入力する欄がありません。

いくらになるかはイオン銀行が審査して決定します。

カード利用目的で何を選ぶ?

申し込みをする時、次の3つから利用目的を選びます

  • 生活費
  • 事業費
  • キャッシング

私は生活費を選びました。それでもキャッシング枠はちゃんと付与されていました。

キャッシング目的だと審査が厳しくなる可能性があるので生活費を選んでおくのが無難です。

借り入れのやり方

イオンカードのキャッシングはATMから行うことが出来ます。

ATMにイオンカードを入れて暗証番号を金額入力でお金を引き出せます。

引き出せる金額は1万円単位。

1,000円だけ借りる……といったことは出来ません。

ATMの手数料

お金を借りる時はキャッシング金利の他にATMの手数料がかかります。

1万円借りた
100円
それ以上
200円

イオン店舗に設置してあるイオンATMを使えば手数料は無料です。

口座に振り込んで貰う

スマホからネットで申し込むと指定した金額を口座に振り込んで貰うことも出来ます。

振込先は、

  • イオンカードに登録している口座
  • それ以外の口座

のどちらでもOKです。イオンカードの口座のほうが早く入金されます。それ以外の口座でも翌日には入金されます。

キャッシングの金利

イオンカードの金利は、年利18%です。

10万円を借りて翌月に返せば利息は1,480円になります。

返済方法

返済は1回払いとリボ払いが選べます。

キャッシングATMで「リボ払い」または「一括払い」のボタンを押して返済方法を決められます。

リボ払いって?

毎月、同じだけの金額を払うサービスです。

10万円借りても、20万円借りても、毎月の支払い額は同じ。

  • 月々2,000円を払うコース
  • 月々5,000円を払うコース
  • 月々7,500円を払うコース
  • 月々10,000円を払うコース

この中から自分で支払い額を選びます。支払い回数が多くなるほど支払う利息は増えます。

1回払い

1回払いを選ぶと、ショッピング利用と同じように一括で口座から引き落とされます。

イオンカードは翌月2日払いなので翌月2日に口座引落が行われます。

借り入れ期間が短いので利息が安く済みます。

イオンカードが使えるATM

全国規模のATMだと次の5つが使えます。

  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友
  • 三菱東京UFJ
  • みずほ銀行

コンビニATMはローソンとファミマに対応。セブンイレブンはNGです。