楽天カードが酷い!悪い口コミや評判が多い理由

この記事の所要時間: 71
楽天カードの口コミは嘘!?
楽天カードには酷いクレジットカードという口コミや悪い評判があります。評判が悪くなる理由と真相についてまとめました。

楽天カードの評判が悪いのはなぜ?

楽天カードが酷いと言われているのには4つの理由があります。

結論だけ言うと楽天カード批判の半分は誤解です。

どうして間違った情報が広まってしまうのでしょうか。評判を1つ1つ解説していきます。

楽天カードのポイントが酷い

よくある口コミ

楽天カードは駄目です。ポイントが5倍になると書いてあったのに5倍になりませんでした
ポイントが10倍になりません!酷い!騙されました!

ポイントが倍にならない理由

「ポイントが倍にならない」と言っている人は沢山います。しかしその全員が実は、ポイントが倍になってることに気づいていないだけです。

このおかしな現象は楽天ポイントのルールを知ると説明できます。

楽天ポイントのルール1

楽天市場で買い物をする
→無条件で1%の「基本ポイント」が貯まる

ポイント2倍キャンペーン
→「基本ポイント」が2倍になる

購入金額が1万円なら2%分の200円がポイント還元されます。ハッキリと貰えるポイントが2倍になっています。

楽天ポイントのルール2

ポイント倍のキャンペーン複数が重なった場合です。重なった時は「増加分だけを加算する」というルールがあります。

楽天市場で買い物をする
→無条件で1%の「基本ポイント」が貯まる

この時点での還元は1%です。

ポイント2倍キャンペーン
→「基本ポイント」を2倍にした時の増加分を加算する

基本の1%を2倍にして2%なので増加したのは1%です。この時点での合計還元は2%です。

ポイント3倍のショップで購入
→「基本ポイント」が3倍にした時の増加分を加算する

基本の1%を3倍にして3%なので増加したのは2%です。この時点での合計還元は4%です。

「倍にならない」は誤解

楽天ポイントは上記のルールによって付与されるので実際にはルール通りです。

ただし直感的ではない

キャンペーンが重なった時の「増加分だけを加算する」ルールは直感的ではありませんね。直感的には2倍と3倍の両方で6倍になるように思ってしまいます。

しかし、楽天では多くのキャンペーンがあるので直感的に計算してしまうととんでもないことが起こります。

  • 楽天カード支払いで基本ポイント+3%
  • ポイント3倍ショップ
  • ポイント10倍セール
  • 感謝デイの3倍キャンペーン

これを直感的にポイント計算するとどうなるでしょうか。

  • 基本ポイントで1%
  • 楽天カードで4%
  • それを3倍にして12%
  • それを10倍にして120%
  • それを3倍にして360%

1万円買ったら3万6千円貰えてしまいます。ルールが直感的じゃないのはこれを防ぐためです。

楽天ポイントのルールは公式サイトで説明されています。

同じようなことを3ページにわたって何度も説明しています。ポイントが酷いという口コミはルールを読んでいないことが原因で広まったと言えるでしょう。

楽天カードの有効期限が酷い

よくある口コミ

最悪です。貯まってたポイントが消えました。
ポイント無期限って言ったのに消えてる! 詐欺じゃない?

ポイントが消える理由

楽天カードには2種類のポイントがあります。

  • 楽天ポイント
  • 楽天スーパーポイント

楽天ポイントは年に1回以上のポイント獲得があれば消えません。普段から楽天を使っていれば基本的に無期限です。

スーパーポイントはキャンペーンなどで付与されるボーナスポイントです。有効期限は1ヶ月程度です。

ポイントが消えたという口コミは楽天スーパーポイントが消えたということです。

「詐欺だ!」は誤解

各キャンペーンではどのポイントが貯まるのかわかりやすく書いてあります。

次のような感じです。
楽天ポイント付与概要

つまり、楽天カードが詐欺だという口コミは説明を見落としたことが原因で広まったと言えるでしょう。

楽天カードの個人情報が酷い

よくある口コミ

楽天カードから大量のメールが届いて最悪!メルマガの解約もできない!
初回ポイントが欲しかっただけなのにメルマガが来る!しかも消せないし、やめれない!
1日に何十件も迷惑メールが届く!

迷惑メールは届かない

私は楽天カードを利用しています。迷惑メール(いわゆるスパムメール)は届きません。スパムメールが届くのは楽天とは無関係です。

大事なお知らせは届く

規約変更のお知らせなどの重要メールは届きます。このメールは来て貰わないと困るので悪い評判とは結びつきません。

頻度は1ヶ月に1通あるかないかくらいです。

申し込んだメルマガは届く

メルマガが届くのは申し込んだ時だけです。こちらから申し込まない限り楽天が勝手にメルマガを送ることはありません。

メルマガは解約できる?

メルマガに書かれた配信停止のURLから簡単に解約できます。申し込んでるメルマガを一気に全解除することもできます。

口コミには勝手にメルマガが届くって書いてあるよ?

勝手には届きません。

勝手に届くと錯覚する理由

楽天メルマガを申し込む方法は主に3つあります。

楽天市場での買い物

買い物をする時にメルマガ配信「する」「しない」のチェックボックスがあります。メルマガ配信「する」にチェックを入れた状態で買い物を完了するとメルマガが届くようになります。

メルマガを希望しない時は「する」のチェックを外します。

キャンペーンの参加

ポイント獲得キャンペーンに参加する時、メルマガ購読が参加条件になっているものがあります。

キャンペーンの説明にはどのメルマガに登録するかもハッキリと書いてあります。

メルマガを希望しない人は購読が条件になっているキャンペーンには参加しないようにしましょう。

くじを引いた

楽天ではポイントが当たるクジを引くことができます。楽天スピードくじはメルマガ配信が参加条件です。

メルマガを希望しない人はスピードくじを引かないようにしましょう。

説明を読まない人は錯覚する

「キャンペーンの説明」や「くじの説明」を読まない人はメルマガに申し込んだつもりがないのです。なので勝手に届いたと思ってしまいます。

メルマガに関する悪い評判は説明を見落としたことが原因で広まったと言えるでしょう。

楽天カードのサポートが酷い

よくある口コミ

サポートの態度が悪い!
やる気がない喋り方! 言葉遣いもおかしい!

ありえます

私は楽天カード以外にもクレジットカード会社に電話連絡する機会が何度もありました。

楽天以外のカード

サポートの対応が悪い人に当たったことがあります。しかし、別日に同じ会社に電話をした時は良い対応でした。

会社が悪いというよりはサポートで当たった人が悪かったという印象です。

楽天カードのサポート

今まで楽天カードの悪いサポートに当たったことはありません。やはりサポートの良し悪しは確率が絡んできます。必ずしもサポートが悪いとは言えません。

悪い口コミや評判が多いもう1つの理由

上記で説明した4つ以外に悪い評判が多い理由はもう1つあります。

会員数が多い

たとえば、アメックス(アメリカン・エキスプレス)の国内利用者は100万~200万人と言われています。

対して楽天カードの会員数は1,200万人と発表されています。

単純計算で悪い口コミの数は10倍になります。

年会費無料で作れる

楽天カードは無料です。アメックスは最低でも年会費が12,000円、アメックスゴールドなら29,000円かかります。

この違いは口コミに影響します。

収入が多い

一定以上の収入があるとポイントが3倍でも4倍でもあまり気にしません。

もしくは、不満があっても時間が勿体無いのでわざわざ批判を書き込まない……という人が増えます。

このことから高級クレジットカードの批判は少なくなります。反対に、大衆向けクレジットカードの批判は多くなります。

まとめ

多くの批判は「誤解によるもの」です。視点を変えると楽天は誤解されるようなサービスを行っているとも言えるます。今後は誤解されないようなサービス作りをしていって欲しいと思います。

クレカ節約おすすめ記事

クレカ節約おすすめ記事↓

クレジットカード入会特典の一覧!●●するとブラックリスト!?
入会するだけで「10万円貰える」を狙う!!

クレジットカードを作るだけで数千円~1万円以上のポイント還元を受け取れるキャンペーンが実施…

年収200万円以下のランキング

「クレジットカード会社の審査通過ラインは年収200万円以上!」と言われていますがここでは年収200万円以下の自営業でも審査に通ったカードをランキング形式でまとめます。

順位 クレカ 詳細 結果 審査 確認電話
1位 楽天カード 詳細 50万円以下
通った
即日
34分後
なし
2位 【リクルートカード】 詳細 100万円以下
通った
4日 なし
3位 ワイジェイカード 詳細 130万円以下
通った
即日
4時間55分後
なし
4位 イオンカード 詳細 160万円以下
通った
1日 あり
5位 P-oneWiz
入会特典なし
200万円以下
通った
4日 なし
リクルート
カードプラス
100万円以下
落ちた
あり
スポンサーリンク

シェアする