楽天カード10種類を比較!4万円が→無料になる特典の違いとは?

海外旅行しないなら標準カードが最強!!
楽天カードの種類を一覧にしてまとめました。種類による色やデザインの違いも紹介します。

楽天カードは10種類

楽天カードは10種類あります。

10種のうちどれを選ぶかによって年会費使えるサービスが違ってきます。どのカードがどんな特徴を持っているのかを一覧表にまとめました。

違いまとめ表

カード名 年会費 保険 プライオ
リティパス
国内
ラウンジ
Rポイント
Edy
楽天カード
標準楽天カード
無料 海外 × × 対応
パンダカード
楽天カードパンダデザイン
無料 海外 × × 対応
Pinkカード
楽天Pinkカード
無料 海外 × × 対応
Pinkパンダ
楽天PINKカードパンダデザイン
無料 海外 × × 対応
ゴールド
楽天ゴールドカード
2160円 海外 × 対応
プレミアム
楽天プレミアムカード
10800円 海外/国内
買い物
対応
アカデミー
楽天アカデミーカード
無料 海外 × × 対応
銀行カード
楽天銀行カード
無料 海外 × × ×
ANAマイレージ
楽天ANAマイレージクラブカード
540円 海外 × × 対応
ビジネス
楽天ビジネスカード
2160円 なし ×
ブラック 32400円 海外/国内
買い物
×

Rポイントって何?

RポイントはTポイントやPontaと同じ。クレジットカードに関係のないポイントカード機能です。

加盟店でカードを見せるとそれだけで楽天ポイントが貯まります。

プライオリティパスって何?

航空会社や搭乗クラスに関係なく世界1,000か所以上のラウンジを無料で使えます。

空港でVIP待遇を受けられるため旅行や海外出張が快適になります。

クレカなしでラウンジを利用しようと思うと年会費を4万円くらい取られます。有料でラウンジを使うよりクレカの年会費を払うほうがお得ですね。

おすすめのカードは?

入会特典が多い標準の楽天カードがおすすめです。詳しくは次のページにまとめています。

関連記事

カードスペック   初年度 次年度 年会費 0円 0円 無料条件 完全無料 還元率 1%~ 3% 入会特典 5000~ 10000円 家族カード 無料 5枚まで ETCカード 540円 旅行保[…]

各カードの特徴

楽天カードの特徴

楽天カードマンでお馴染みの最もオーソドックスな楽天カードです。

  • 年会費→無料
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→なし
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

CMやキャンペーンページにある通り入会特典で貰えるポイントが多いです。学生や主婦でも申し込める特徴があります。どれがいいか迷っている時は「楽天カード」か「楽天Pinkカード」を選んでおけば安心です。どちらも利用金額の1%がポイント還元されます。

楽天Pinkカードの特徴

楽天ピンクカードは女性向けの有料オプションをつけられる、いわゆるレディースカードです(男性でも申込み可能)。

  • 年会費→無料
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→なし
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

楽天Pinkカードは券面がピンク色のデザインになっています。有料オプションが不要なら「楽天カード」と「楽天Pinkカード」はデザインが違うだけのカードと言えます。

有料オプションは3種類

有料オプション(カスタマーサービス)は3種類あります。

「楽天グループ優待サービス」「ライフスタイル応援サービス」「女性のための保険」を任意でつけられます。次のようなメリットがあります。

  • A.クーポンが貰えるサービス
  • B.割引が受けられるサービス
  • C.女性向けの保険サービス

A.楽天グループ優待サービス

楽天が運営しているグループサイト(楽天トラベルや楽天BOOKS)で使える割引クーポンが貰えます。月額300円(税抜き)です。
楽天優待の一覧

初めて優待サービスに加入すると最初の2ヶ月間は無料になります。いつでも退会できるのでお試し利用として使えます。

クーポンには2種類あり、楽天グループ優待サービスに入会した時に1度だけ貰える「初回限定クーポン」と毎月貰える「継続クーポン」があります。

サービス 種類 内容
楽天トラベル 初回限定 国内宿泊予約で1,000円OFF(宿泊料金15,000円以上)
楽天ブックス 継続 本/CD/DVD/ゲームが100円OFF(2,160円以上の注文)
楽天kobo 継続 全ての電子書籍が5%OFF
楽天ショウタイム 継続 最新映画やアニメが全品20%OFF
楽天24/楽天市場 継続 パンテーン対象商品が100円OFF
楽天GORA 初回 ゴルフ場予約で1,000円OFF

今のところ月額300円を払うに値するメリットは感じられません。初回限定クーポンの値引率が高いので無料期間だけ加入するのが良さそうです。

B.ライフスタイル応援サービス

ライフスタイル応援サービス「楽天ピンキーライフ」は飲食店や映画チケットなどの割引や優待特典を受けられるサービスです。月額300円(税抜き)です。
ライフスタイル応援サービスの例

110,000以上の施設が割引になるため月額300円の価値があります。

カラオケ割引

最大でルーム料金が30%割引になります。対応する店舗は以下を含む300種程度です。

  • カラオケ館
  • シダックス
  • 歌広場
  • カラオケの鉄人
  • コート・ダジュール
  • ビッグエコー
  • カラオケ本舗まねきねこ
  • ワンカラ

映画館の割引

最大で映画料金が500円割引になります。

  • TOHOシネマズ
  • 109シネマズ&ムービル
  • イオンシネマ
  • ユナイテッド・シネマ

店舗ごとの割引だけでなく各作品の前売り券・当日券にも割引が用意されています。検索すると対象作品は60件ありました。

フィットネスジムの割引

スポーツクラブ、テニスクラブ、スイミングスクール、ゴルフ、フットサル、スキー場など、全国300件以上のスポーツ施設で割引が用意されています。

C.女性のための保険

女性のための保険「楽天ピンクサポート」は4種類プランから選べる手頃な価格の保険です。保険料は月額30円~です。

女性に合わせて作られた4種類のプランから好きな保険に加入できます。

  • 女性特定疾病補償プラン:30円~
  • ケガの補償プラン:240円
  • 携行品損害補償プラン:330円
  • 個人賠償責任事故補償プラン:220円
プラン 内容
女性特定疾病補償 安い保険料で女性特定疾病サポートを受けられる保険です。19歳は月額30円、20歳は140円、29歳なら280円と年齢とともに保険料が変わりますが、最大の69歳でも870円と格安です。入院1日につき3,000円が貰え、日帰り入院でも貰えます。手術は15,000円~30,000円、放射線治療は1回ごとに30,000円を受け取れます。対象になる主な疾病は出産時の合併症、流産、乳がん、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がん、卵巣機能障害などです。
ケガの補償 日常生活のケガや事故によって保険金がおりるタイプの保険です。年齢に関係なく一律240円で加入でき、入院1日につき3,000円、手術で15,000円~30,000円が補償されます。対応するシチュエーションが幅広く、スケートで転んだ、料理で火傷をした、階段で転んだといった不注意によるものもOKです。さらに第三者によって暴行を受けたりひき逃げに合った場合は傷害保険金が2倍になります。
携行品損害補償 保険料は一律330円です。年齢に左右されない定額タイプです。事故によってモノが壊れた時に、複数合わせて最大50万円まで補償してくれます。1品ごとの補償額は10万円が限度です。補償されるのは、ひったくりに手荷物を盗まれたり、旅行中にカメラを落とした場合です。死亡と後遺障害にも保険がおります。
個人賠償責任事故補償 1ヶ月の支払い金額は誰でも220円です。損害賠償を支払う事態になったときの保険です。自転車に乗っていて歩行者にケガをさせたり、デパートで子供が商品を壊したり、事故で他人にケガをさせてしまったときに保険金がおります。損害賠償の限度額は1億円です。本人だけでなく家族も対象となります。配偶者と同居の親族だけでなく、未婚であれば別居している子供も対象です。

楽天ゴールドカードの特徴

楽天ゴールドカードは楽天カードの上位版です。

  • 年会費→2,160円
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→国内空港ラウンジ
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

空港ラウンジ

楽天カードとの違いは国内空港のラウンジが使えるという点です。

年間2,000円ほどでラウンジが利用できると考えればそこまで高い年会費ではありませんね。空港によってはビールやおつまみが無料で貰えます。

※2018年9月1日から利用回数上限が年2回までになりました

ETCカード無料

また、通常の楽天カードはETCカードを作ると年会費が540円かかります。ゴールドカードの場合はETCカードが無料になります。

楽天プレミアムカードの特徴

楽天プレミアムカードはゴールドのさらに上位版のカードです。さらに審査が厳しくなります。

  • 年会費→10,800円
  • 保険→国内、海外、買物
  • ラウンジ利用→海外・国内空港ラウンジ
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

年会費は1万円以上かかりますがプライオリティパス(4万円の価値)が無料になると考えればお得です。

また、国内旅行と海外旅行に加えてショッピング保険も適用されるようになります。

コースを選ぶ

このカードを作るときは3つのコースから1つを選びます。

コースは楽天市場コース、トラベルコース、エンタメコースの3種類あります。それぞれ「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天Showtime」の獲得ポイントが1%増加します。

楽天カードアカデミーの特徴

楽天が発行する学生専用のクレジットカードです。基本的には楽天カードと同じですが「キャッシング(借り入れ)ができない」「利用限度額が10万円と低い」という特徴があります。

  • 年会費→無料
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→なし
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

このカードを作れるのは高校生を除く18歳以上28歳以下の学生です。学校を卒業したあとは通常の楽天カードに切り替わります。(切り替えの歳に審査あり)

楽天カードアカデミーは入会特典が少ないことが弱点です。楽天カードが7,000ポイントに対してアカデミーは2,000ポイントしか貰えません。学生でもアルバイトによる収入があるのであればキャッシング希望を0円に設定(審査に通りやすく)して通常カードを申し込んだほうがお得です。

楽天銀行カードの特徴

楽天銀行カードはクレジットカード機能付きのキャッシュカードです。楽天銀行を使っている人向けです。

  • 年会費→無料
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→なし
  • Rポイント→非対応
  • 電子マネーEdy→非対応

持ち歩くカードの枚数を減らせるように思えますがRポイントには未対応。貯まったポイントをコンビニで使えません。楽天銀行を使うなら「楽天銀行カード+Rポイントカードの2枚」を持つか「楽天カード(Rポイント付き)+銀行キャッシュカードの2枚」を持つかの二択です。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天とANAが提携して出来上がったカードです。ANAマイレージクラブの機能がついているためANAマイルを貯めることができます。

  • 年会費→540円
  • 保険→海外旅行のみ
  • ラウンジ利用→なし
  • Rポイント→対応
  • 電子マネーEdy→対応

年会費は初年度無料で年に1回以上の利用があれば540円が無料になります。カードを作る時は2つのコースを選びます。「100円ごとに楽天ポイントが1P貯まる」か「200円ごとに1マイル」かを自分で決められます。

しかし楽天カードでマイルが貯められることはメリットではありません。楽天ポイントはいつでもANAマイルにポイント移行できるので、わざわざマイレージクラブカードを作らずとも通常の楽天カードでマイルが貯められるからです。

楽天ビジネスカードの特徴

法人または個人事業主向けのクレジットカードです。楽天カードとの違いは楽天ETCカードを複数持てることです。

  • 年会費→2,160円
  • 保険→なし
  • ラウンジ利用→国内・海外ラウンジ
  • Rポイント→非対応
  • 電子マネーEdy→非対応

申込み対象となるのは「法人代表者」か「個人事業主」です。楽天ビジネスカードはプレミアムカードとセットで作ることになるのでカード2枚分の年会費がかかります。

ビジネスカード自体には保険がありません。プレミアムカードの保険を使うことになります。

ETCカードを複数枚使いたい時

楽天ビジネスカードは年会費を500円追加するごとにETCカードを何枚でも発行できます。クレジットカードとETCカードの両方が欲しい時に有用です。

ETCカードのみが複数欲しい場合は法人向けのETC専用カードなどを利用したほうがお得です。

楽天ブラックカードの特徴

選ばれた人だけが持てる招待制のクレジットカードです。楽天カードよりも1~2%多いポイント還元が受けられます。

  • 年会費→32,400円
  • 保険→国内、海外、買物
  • ラウンジ利用→国内・海外ラウンジ
  • Rポイント→非対応
  • 電子マネーEdy→非対応

クレジットカードにはランク付けがあり、「通常」→「ゴールドカード」→「プラチナカード」→「ブラックカード」の順にランクが高くなります。楽天の場合はブラックの価値が他カードよりも劣ると言われていますが、それでもブラックカード所有者は非常に珍しく持っているだけでステータスになります。

どのような条件で入会が許されるかは非公開です。楽天プレミアムカードを年間数百万利用すると招待案内が届くという噂です。