幹事が得する飲み会の節約方法!「無料よりも…」

この記事の所要時間: 255
これはどんな記事?

飲み会で得する方法を紹介します。

幹事無料の居酒屋を探す方法

検索キーワードを上手く使えば幹事特典を効率よく探せる。居酒屋検索のコツを紹介します。

幹事無料店の探し方

居酒屋検索サイト「ぐるなび」や「ホットペッパー」を開く
飲み会の開催地を選ぶ
次のワードでフリーワード検索をする

「幹事1名様様無料」「幹事1名無料」「幹事無料」

特典のあるお店が見つかる

3つの検索キーワードを試すのがコツです。

お店の紹介文に「幹事無料で~」と書いていることもあれば「幹事1名様無料です」と書かれてることもあるからです。

全国を対象にぐるなびで検索すると、それぞれ570件、155件、529件とヒット数が違いました。

ぐるなび

ホットペッパー

幹事無料がNGな理由

本来は1人5000円、10名で50,000円のところを幹事無料になったとします。

いくら幹事が大変といっても、9名が5,000円を払う中で1人だけ無料であれば反感を買ってしまいます。

黙っていればバレない!?

最近はYoutubeやまとめサイトでも”ネット予約で幹事無料”という情報が出回っているので、参加者が10人もいればすぐにバレます。

「この店って幹事無料じゃないの?」

そう言われて慌ててしまえば確実にアウトです。

無料がバレると

次のようなリスクがあります。

  • 職場での信用に影響が出る
  • 友人との関係悪化
  • あとから嫌味を言われる

幹事を頑張ったからそれくらいいいよねと言ってくれる人もいますが、それはズルい、お金に汚いと言う人もいるでしょう。

反感を買わずに幹事が得する飲み会

他の人から反感を買わないためには、無料よりもポイント還元を重視します。

クレジットカード払い

現金で会費を集めてクレジットカードで支払う。楽天カードなら還元率1%なので、5万円の支払うと500円のポイント。【リクルートカード】なら1.2%還元で600円が貯まります。

反感を買うのが心配な場合は、クレカで支払うことを事前に言っておけば大丈夫です。

ポイントの過小評価

日本でよく使われているのは銀行系のクレジットカードです。

シェアの大部分を三井住友グループが占めています。

みんな基本還元率0.4%のカードを使っています。

5万円支払いで200円しか貯まりません。

事前に言っておけば(隠し事をしなければ)、幹事が200円くらい得したところ目くじらを立てる人はまずいません。

予約でポイントが貯まるサイト

有名どころは「ぐるなび」や「ホットペッパー」。会員登録してサイトから予約すると各サイトごとにポイントが貯まります。

貯まったポイントはレストランの支払いやネットショッピングに使えます。

ここで貰えるポイントは、予約しているところを見られない限りバレません。

私流、隠し事をしない節約法

私の場合、バレないように振る舞ったり嘘をつくのは面倒です。気持ちも良くないので最初にバラします。

「幹事は無料だったよ! 得しちゃった! 次は●●さん幹事やってみたら?」

こうやって順番に幹事をやれば平等なので不満は出ません。

参加者には2つの選択肢がある

  • 得したい人が順番に幹事をやる
  • 得しないのをわかった上で幹事をやらない

どちらでも選べるようにしておきます。得したい人がみんなで得するような飲み会がベストですね。

参考

スポンサーリンク

シェアする