LEDと蛍光灯の電気代を比較/1時間いくら?の一覧表

この記事の所要時間: 359

LED電球と蛍光灯の違いを知りたい!

白熱電球とどっちが安いの?

オンオフするだけで寿命が縮むって本当?

電気を1時間つけるといくら?

蛍光灯やLED電球の電気代はワット数によって決まります。
各電球の料金を一覧表にしました

電気代一覧

蛍光灯、白熱電球、LED電球のように色々な種類がありますが、ワット数が同じなら電気代は同じです。

ワット数 1時間 8時間 8時間を1ヶ月 1年
7.8W 0.2円 1.8円 54円 656円
9W 0.2円 2円 62円 757円
12W 0.3円 2.7円 83円 1,009円
30W 0.8円 7円 207円 2,523円
40W 1.1円 9.2円 276円 3,364円
60W 1.7円 14円 415円 5,045円
80W 2.3円 18円 553円 6,727円
100W 2.9円 23円 691円 8,409円

明るさの基準

それぞれの明るさは、

白熱電球60ワットの明るさ=蛍光灯12ワット=LED7.8ワット

です。
同じ明るさの電球を買うなら、蛍光灯やLEDのほうがワット数が低くなります。

LEDと蛍光灯と白熱電球はここが違う

各電球の比較

種類 本体価格 電気代 寿命
蛍光灯 安い やや安い 6,000時間
LED 高い 安い 40,000時間
白熱電球 激安 高い 2,000時間

蛍光灯

  • 点灯までに時間がかかる
  • 1回点灯させるごとに寿命が1時間縮むとされる

1日に8時間点けると6,000時間は750日に相当する。
点灯ごとに寿命が縮むなら実質666日です。

LED

  • すぐに点灯する
  • オンオフは寿命に影響しない
  • ワット数が低い

1日に8時間点けると40,000時間は5,000日に相当する。
LED電球の寿命は約13年です。

白熱電球

  • 点灯と消灯までに少し間がある
  • 点灯中は高温になる
  • オンオフで寿命が短くなる

1日に8時間点けると2,000時間は250日に相当します。

LEDと白熱電球と蛍光灯の電気代比較

白熱電球60ワット

60ワットの電球を1時間点灯すると、電気料金は1.7円です。

LED電球60ワット相当

白熱電球60ワットと同じ明るさのLED電球は7.8ワットです。
1時間点灯で0.2円になります。

蛍光灯60ワット相当

白熱電球60ワットと同じ明るさの蛍光灯は12ワットです。
1時間点灯で0.3円になります。

年間電気代を比べる

  • 白熱電球:5,045円
  • LED:656円
  • 蛍光灯:757円

白熱電球をLEDや蛍光灯に変えるだけで4,000円以上の節約ができます。

電球自体の値段を比較

  • 白熱電球:150円
  • 蛍光灯:1,000円
  • LED:2,500円

LEDは電球本体の値段が高いですね。
節電効果や寿命をふまえて、電球代を取り返せるか考えてみましょう。

電球の寿命

白熱電球は2,000時間
蛍光灯は白熱電球の3倍
LEDは白熱電球の20倍

わかりづいらいので、1,000時間あたりの電球代を計算します。

白熱電球

1000時間で150円です。

蛍光灯

1000時間で83円です。

LED

1000時間で62円です。

蛍光灯からLEDに変えても節約にならない

上記からわかる通り大きな節約は見込めません。

無理に取り替えると損なことも

LEDの寿命は4万時間です。

トイレや洗面所の電気は、1日に何時間もつけませんよね?
長くても1日30分くらいでしょうか。

1日30分だと……LEDの寿命4万時間を使い切るまで219年かかります。
リビングで1日8時間使っても寿命が切れるのは13年後です。

あと10年もすれば高性能のLEDが発売されたり、LEDよりも圧倒的に低コストの新製品が発明されるかもしれません。

長い寿命のほとんどが無駄になってしまいます。LEDも徐々に安くなっていますので蛍光灯からの取り替えはもう少し様子見がいいでしょう。

電球代の節約方法まとめ

  • 白熱電球をLEDか蛍光灯に交換すると節約になる
  • 蛍光灯をLEDにしてもあまり節約にならない

蛍光灯はオンオフを繰り返すと寿命が縮むので、たとえば1分だけ部屋を出るとき(トイレに行くなど)は点けっぱなしにしたほうが節約になります。