電源オフでガス給湯器の節約

この記事の所要時間: 112

給湯器のガス代を節約するには?

給湯器の温度で料金は変わる?

スイッチを入れっぱなしの問題は?

給湯器の電源スイッチを切っても意味がない!?

ガス代は変わるのか

昔の給湯器

→電源がついているとガスが消費され続ける。

最近の給湯器

→電源がついていてもガスは消費されない。

電気代は変わるのか

昔の給湯器

→待機電力は高め。

最近の給湯器

→省エネ待機電力カット機能がついている。電気代はそこそこ。

台所での給湯器節約方法

浸け置き洗い

お皿や茶碗の汚れはお湯で洗うほうが落としやすい。ですが、お湯を使うと給湯器のガス代がかかってしまう。
なるべくお湯を出さないように、浸け置きをしておくとガス代を節約できます。

温度を下げる

洗い物に使うお湯はそれほど高い温度でなくてもいいので、温度設定を下げておくとガス代が抑えられます。

給湯器の電源をオフにするべきワケ

いつの間にか使ってしまうお湯

レバーの方向がいつの間にかお湯になっていても、電源がオフなら無駄使いを防げます。

自然とお湯を使わなくなる

台所や洗面所で、2~3秒しか使わないのにお湯を使ってしまうことがあります。たとえばお湯を出しながら手を洗い始め、洗い終わった頃にやっと水が温かくなってくる状況です。

スイッチを切っておけば、ちょっとした時にお湯を沸かしてしまうのを防げます。