手取り16万円的☆ドライヤーの選び方&節約術

ドライヤーは乾けばいい

ドライヤーのメイン機能は風を当てて乾かすこと。ナノイーやマイナスイオンはオマケ。

  • 3000円以下の小さいものを購入
  • 小さくても風量は十分だった
  • 本体が軽いから腕が疲れない

イオン機能が要らない理由

30年前を思い返すと、イオン機能のドライヤーは売ってませんでした。でもサラサラ髪の人もいたし、そうじゃない人もいました。
体質やトリートメントの差が大きいです。

イオンが必須なのであれば、昔の人は全員ボサボサヘアーだったはずです。

でもそうではなかったので、イオン機能は後回しです。手取り16万円的には不要です。

ドライヤーの電気代はいくら?

ドライヤー
  • 弱10分 3円
  • 強10分 6円
  • 冷風10分 0.25円

ここからは1ヶ月使ったときの詳しい電気代を紹介します。

弱(600ワット)つけっぱなしの電気代

少数を丸めてます。
1ヶ月のほうの金額が、正確な電気代です。

分数電気代1ヶ月
3分1回1円月26円
5分1回1.5円月46円
10分1回3円月85円
20分1回5.5円月170円
30分1回8.5円月258円
1時間1回17円月517円

強(1,200ワット)つけっぱなしの電気代

分数電気代1ヶ月
3分1回2円月53円
5分1回3円月88円
10分1回6円月176円
20分1回12円月353円
30分1回18円月532円
1時間1回35円月1064円

クール(60ワット)つけっぱなしの電気代

分数電気代1ヶ月
3分1回0.1円月2.5円
5分1回0.15円月4.5円
10分1回0.25円月8.5円
20分1回0.5円月17円
30分1回1円月26円
1時間1回1.7円月52円

※電気代は単価28.8円で計算しています

メーカーごとの電気代の違い

ドライヤーのワット数が同じなら、電気代も同じです。

Amazonランキングを調べましたが、ほとんどのドライヤーで弱600ワット、強1,200ワットでした。

コンセント挿しっぱでも電気代0円

ドライヤーは待機電力がかかりません。

コンセント挿しっぱなしでも、電気代は0円です。

ドライヤー電気代の3つの節約術

1.吸水タオルで電気代を半額にする

↓こんなやつです

ヘアドライタオル (3枚セット) タオルキャップ 吸水 速乾 髪 タオル マイクロファイバ ヘアキャップ 防滑 ...

シャワーの後、吸水タオルで髪を拭きます。ドライヤー時間を半分に短縮でき、電気代も半額になります。

効果的なタオルの使い方

以下の手順でタオルを使うと効果がアップします。

1.シャワーのあと普通のタオルで拭く
2.そのあと吸水タオルで抑えるように拭く
3.最後にドライヤーでセット

普通のタオルで1度拭いてから吸水タオルを使います。
半分くらいの時間で髪が乾きます。

節約効果は3153円

家族全員で1日30分ドライヤーを使う家庭なら、1年間で6,306円のドライヤー代がかかっています。

乾かす時間が半分になれば、3,153円の節約になります。

2.設定を弱にすると48%オフ

ドライヤーの設定を「強」から「弱」に変えると電気代を48%節約できます。

強で10分使うよりも、弱で15分使うほうが電気代は安くなります。

弱設定なら髪を傷めないメリットもあります。

3.冷風にすると20倍の差がある

“冷風”にすると”強”の20倍安くなります。

冷風だけで乾かすのは難しいので、弱と冷風を併用しましょう。タオル、弱、冷風の3つを使いこなすことでドライヤーの電気代は半額以下になります。

以上、手取り16万円的☆ドライヤーの選び方&節約術でした。ドライヤーを買うときの参考にしてください。