転売屋に聞いた!モバオクで安く落札&高く売る「2つ」の裏技

ヤフオクを超えるための裏技がある。
オークションやフリマアプリは不用品を売るのに人気ですね。メルカリをはじめとしてラクマやフリル、ヤフオクなどがあります。このページでは10年以上オークションをやっている私が見てきたモバオクの裏技を紹介します。
転売しようってこと?
この記事は転売を推奨してるわけじゃないニャ!

モバオクって何?

モバオクはヤフオクと並ぶ有名なオークションサイトです。前身のビッダーズ時代を入れると19年以上の歴史がある大手サイトとなります。

モバイルでの出品・落札に力を入れている。次の3種類の方法でオークションに参加できます。

  • パソコン
  • ガラケー
  • スマホ

モバオクの始め方

モバオクはスマホアプリをダウンロードすれば無料で始めることができます。

無料でできること

無料でできるのは次の2つです。

  • 商品の検索
  • サイトの閲覧

とりあえずアプリをダウンロードし、欲しい商品をチェックするだけならお金はかかりません。

有料でできること

有料登録をすると入札や出品といった機能を利用できるようになります。

オークションを使えるのは有料会員

会員登録にはメールアドレスや生年月日の入力が必要です。

モバオクの料金はいくら?

モバオクは月額300円(税別)で有料会員になれます。

一般的なオークションサイトでは、月額利用料のほかに落札システム手数料がかかります。

モバオクのメリットはこの手数料がかからないことです。

自動車・バイクカテゴリを除けば、完全に手数料無料でオークションを何度でも利用できます。

月額料金の支払い方法

スマートフォンユーザーはそれぞれのアプリ決済で料金を支払います。

Androidの人
GooglePlay決済
iPhoneの人
iTunes決済

アプリ決済なので当然クレジットカードが使えます。

コンビニでGoogleカードやiTunesカードを買ってくれば、クレカなしでも支払いができるようになっています。

クレジットカードを持たない人や、ネット決済にクレカ情報を登録したくない人でも料金の支払いができるのは便利ですね。

メルカリとの違い

モバオクはオークションで値段が決まるのに対し、メルカリはフリマなので最初から値段が決まっています。

出品されている商品が気に入ればすぐに購入できるため、急いでいる場合はメルカリのほうが有利です。

逆に、とにかく安く買いたいという場合、モバオクのほうが可能性があります。運がよければ相場の半額以下で買えることもあります。

ヤフオクとの違い

有名なオークションサイトといえばYahooが運営するヤフオクです。

モバオクとヤフオクの違いは月額利用料手数料の2つです。

比較 ヤフ モバ
月額 498円 360円
売る時の
手数料
8.64% 0円
買う時の
手数料
0円 有料
利用者の数
売るときに得する
モバオク
買うときに得する
ヤフオク

モバオクは月額360円さえ払ってしまえば複数アイテムを無料で出品できます。

参加人数の違い

オークションの参加人数はヤフオクのほうが多いです。

そのため、レアものを出品するときはヤフオクがおすすめ。

たとえば買い手の少ないレアアイテムを売るときはヤフオクが有利です。希少価値に気づく人が増えて入札があります。

逆に、人気アイテムを売るときはモバオクが有利です。人気アイテムはすぐに入札が入るので、人数の少なさはハンデになりません。手数料が安いぶんモバオクがお得になります。

モバオクのアプリ

ヤフオクのアプリ

ヤフオクを利用するためには月額426円(税抜)を支払ってYahoo!プレミアムに登録しなければならない。

Yahooは頻繁に登録キャンペーンを開催していて、タイミングがよければ1~6ヶ月ほど無料で使えます。

モバオクで安く落札する方法

ヤフオクとモバオクの比較のところでは、買うならヤフオクが有利と書きました。

しかし、モバオクには安く落札する裏技が用意されています。

スナイプ行為

オークションの終了時間ギリギリに入札することをスナイプ行為と言います。

たとえば、まだ入札されていないアイテムがあったとします。すぐに入札してしまうと入札数が「1」となり、その商品が目立つようになります。

商品が目立てばライバルが増えるため、安値で落札することができません。

時間ギリギリの入札であれば目立ちにくいのでライバルが減り、結果として安く入札できるというわけです。

モバオクじゃなくてもいいんじゃ?

この裏技はモバオクでしかできません。

ヤフオクでは終了ギリギリに入札された場合、オークション時間が自動延長される仕組みになっています。

2人の利用者が交互に入札し続ける限り、オークションは何度でも延長されてしまうのです。

スナイプ行為の禁止

モバオクの利用規約ではスナイプ行為を禁止していません。

オークションには安く買い、高く売るための戦略があります。

  • 1円オークションにして目立たせよう
  • まとめ売りでお得感を出そう

これらと同じように、スナイプ行為はオークションの戦略の1つです。

ただし……。

モバオク利用者の中には、自分だけのマイルールを持っている人もいます。

自己紹介欄をチェック

入札する前には自己紹介欄をチェックするようにしましょう。スナイプ入札禁止と書かれている場合、ギリギリに入札するのは避けたほうがいいでしょう。

ルール上は問題なくとも、人と人との取引ですから、できるだけ気持ちよく取引したいところですね。

モバオクで高く売る3つのコツ

欲しい人に買って貰う

欲しい人が入札するのは当たり前かと思うかもしれませんが、モバオクでは商品を欲しくない人も入札してきます。

転売屋です。

転売屋は安く買って高く売ることが目的なので高い金額を出してくれません。

純粋にモノが欲しい人に買って貰うのが高く売るためのコツです。

どうすればいいの?

具体的にはゴールデンウィーク、夏休み、年末など、利用者が多そうな時期に出品します。

時期によって需要が増えるアイテムの場合、タイミングを合わせるのも効果的ですね。

キャンプ用品なら7月~8月にかけて売るのがベストです。

綺麗に写真を撮る

モバオクでは5枚まで写真を掲載することができます。

このとき、さまざまな角度から正直に写真を撮りましょう。出品者への信頼感が増すので入札に繋がります。

また、清潔感のある写真を心がけます。汚い部屋で撮られている写真は商品が傷んでいる印象を与えてしまいます。

綺麗な写真より清潔感が大事

タイトルを細かく書く

たとえば中古のスマホを売りたいとき、「au 中古スマホ」のようなタイトルをつけるのはもったいない売り方です。

タイトルには型番まで記載しましょう。

型番で検索した人が商品を見つけやすくなり、入札されやすくなります。

モバオクで高く売る裏技

モバオクで高く売る裏技は……。

モバオクで売らないこと!

モバオクとヤフオクでは使っている人の年齢層が違い、オークションの知識量も違います。

モバオクは売れない

よく聞くのがモバオクは売れないという声です。

利用者数が少ないので売れにくい

人気アイテムは売れますが、レアアイテムはなかなか入札が入りません。

転売屋に聞いた話

転売屋さんに聞いた話によると、「モバオクは利用者が相場をわかっていない」だそうです。

知識の少ないユーザーが激安で出品をするので、転売屋さんはそれを買ってヤフオクで売っているそうです。

モバオクで5,000円で買ったものが1万円で売れることもあるようです。

手数料と逆になる

手数料の視点で見るとこうなります。

売るときに得する
モバオク
買うときに得する
ヤフオク

人気アイテムに関してはこの通りですが、レアな商品では逆になります。

モバオクで買ってヤフオクで売る

欲しいものがあるときはモバオクで買い、不用品を売りたいときはヤフオクを使うというのがお得な使い方と言えそうですね。

この記事のまとめ

スポンサーリンク

シェアする