「いいね」されたのにメルカリで売れないときには値下げが効果的

メルカリに出品しても売れないことってありますよね。値下げすれば売れやすくなりますが、できるだけ値下げはしたくないものです。

この記事では、そんなときに使える、効果的な値下げ方法を紹介します。

いいねがつくのに売れない

「いいね」がつく商品は人気があるということなので、すぐ売れる傾向があります。でも中には、「いいね」されてるのに全然売れない商品があります。

そんなときは、商品の値下げが効果的です!

なぜ効果的なのか、「いいね」する人の心理を見ていきましょう。

単純に「いいね♪」と思った

出品物が面白かったり、写真が綺麗だったり、買う気はないけど「いいね」した人です。

この商品を後から見ようと思った

「いいね」を押しておけば、後から商品を確認できます。お気に入りやブックマーク的な使い方をした人です。

他の商品と迷っている

似たような出品があって、どちらを買おうか迷っているときに「いいね」するパターンがあります。

値下げ通知を待っている

「いいね」した商品が値下げされると、スマホに通知が届きます。買いたいけど少し高いと感じたときに、とりあえず「いいね」しておきます。

ポイントが貯まったら買う予定

メルカリは定期的にボーナスポイントをプレゼントしてくれます。ポイントが貯まったときに買うので、とりあえず「いいね」しておきます。

自分の商品が売れたら買う予定

その人もメルカリに商品を出品していて、それが売れたときのポイントで買おうと思ってる人です。

値引きを言い出せない性格

メルカリの特徴の1つとして、値引き交渉(値切り)があります。

外に買い物に行ったとき、地域によっては値切るのが当たり前になっているところもあります。
しかし、それとは逆に、一度も値切ったことがない人もいます。

性格によっては、メルカリで値引き交渉ができない人もいます。

そういう人が、値下げしてくれたらいいなぁと思いながら「いいね」をつけたりします。

で、ここが、商品を売るためのチャンスです。

交渉できない性格の人に売る

「いいね」されたのに売れないときは、交渉できない性格の人に向けてアピールしましょう。

長く出品してるのに売れないなと思ったら、出品の値段を10%下げます。

このとき、値下げして欲しいと言い出せない人にも通知が届くので、買って貰いやすくなります。

売れなければ値段は戻す

このとき、ずっと値下げを続けるのではなく、売れなければもとの値段に戻します。

いったん値下げして売れないということは、今「いいね」してる人たちは買ってくれないってことです。

また別の人の「いいね」を待って、「いいね」が貯まってきたら値下げをします。こうすることで、高く売れるはずだったものが安く買われてしまうシチュエーションを減らせます。

以上、メルカリで売れないときの値下げ方法でした。「いいね」されるのに売れない人がいたら試してみてください。

次の記事では、「時間帯」と「時期」を使ったメルカリで売るコツを紹介しています。

関連記事

メルカリで売るための8つのコツを解説しました。 アクセスデータを使って、売れる時間帯を探っていきます。 売れる時間帯に売る メルカリには売れやすい時間帯があります。 売れやすいのは次の3つ。 7時~9[…]