ラクマ(フリル)とは?始め方&使い方を「流れ」で解説

2018年5月9日

手数料が安い。
この記事では「フリマアプリを使ってみたい!」「不用品を売ってみたい」「安く買いたい」「登録はどうやるの?」といった疑問に答えます。ラクマの始め方をわかりやすく解説しました。

ラクマって何?

ラクマは敗北のアプリ

ラクマとは楽天が運営するフリマアプリのこと

フリマアプリと言えば”メルカリ”が有名ですね。

知名度でも利用者数でも、ラクマに大きく負けていたラクマでしたが……。

フリルとラクマが合体

2つのフリマサービスを結合したことで弱点を克服しました。

ラクマはどうやって使うの?

ラクマは「スマートフォン」や「タブレット」にアプリをインストールして使います。

使っているスマホ端末によってダウンロードの場所が変わります。

Androidの人
Google Playストア‎からダウンロード
iPhoneの人
Appストアからダウンロード

以下のリンクをタップすると、それぞれのダウンロードページにジャンプできます。

ラクマ(旧フリル) - 満足度No.1 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル) - 満足度No.1 楽天のフリマアプリ

posted withアプリーチ

ラクマの料金はいくら?

メルカリやヤフオクでは売るときに手数料がかかります。売った金額の10%を支払わないといけません。

ラクマは手数料無料……だったのですが、2018年6月4日(月) 10:00から販売手数料が3.5%に値上げされました。

ラクマは売るときは3.5%

ほかのフリマが10%引かれることを考えるとラクマの3.5%がかなり良心的。

同じものを売ったときの利益が多くなります。

ラクマの手数料まとめ

受け取りの手数料
受け取り金額 手数料
1万円未満 216円
それ以上 0円

ラクマで商品を売ると、売上金はラクマの中に溜められていきます。任意のタイミングで自分の口座に引き落とすことができますが、1万円未満で引き出すと手数料がかかります。

支払い方法ごとの手数料
支払い方法 手数料
クレカ払い 0円
コンビニ払い 216円
ポイント払い 0円
売上金払い 0円

ポイント払いとは、楽天ポイントを使って支払いをすること。売上金払いは、ラクマに溜めてある売上金で支払うことです。

ラクマはどんな流れで取引するの?

商品を売るとき

自宅にある不用品を売りたいときは次のような流れになります。

“私が”←と書いてある項目が自分のやることです。

“私が”売るものを撮影

スマホカメラを使って撮影します。

“私が”出品画面から商品を登録

アプリから簡単に登録できます。売りたい値段も自分で決めます。

具体的なやり方はあとで書きます。

見た人が購入してくれる

欲しいと思った人は購入の申し込みをしてくれます。

購入者は運営に代金を預ける

買った人が運営に代金を払います。

“私が”商品を発送する

買った人の住所が送られてくるので、商品を梱包して発送します。ゆうパックや定形外郵便を使います。

購入者は受け取りボタンを押す

買った人のもとへ商品が届くと、買った人はアプリから受け取りボタンを押します。

“私が”運営から代金を受け取る

運営に預かってもらっていた代金を受け取ります。

以上が商品を売るときの流れです。

なぜ運営に代金を預けるの?
一度、運営を間にはさむことでトラブルを防いでいます。買った人が商品を受け取ってから料金が支払われる仕組みです。

商品を買うとき

商品を買うときは、売るときの逆になります。

“私が”アプリで欲しいものを探す

アプリを開いて欲しいものを検索します。出品されたアイテムが一覧で表示されます。

“私が”購入ボタンを押す

欲しいものがあったら購入ボタンを押します。

“私が”料金を支払う

「クレジットカード」や「コンビニ払い」で料金を支払います。支払ったお金は運営に預けられた状態になります。

支払いが終わったら商品が届くのを待ちます。

“私が”商品を受け取る

商品が届いたら受け取りボタンを押します。

運営に預けたお金が出品者に支払われる

預けていたお金が出品者に支払われます。これで取引終了です。

もし商品が壊れていたらどうするの?
受け取りボタンを押さないニャ!

商品に何らかの問題があった場合、受け取りボタンを押さずにキャンセル申請をします。

運営が支払った代金を返してくれます。

ラクマ登録前の心配事

個人情報は知られる?

取引した相手に個人情報はどこまで知られてしまうのでしょうか。表にまとめました。

●のついてるものが知られる項目です。

比較 買ったとき 売ったとき
名前
住所
メール
電話番号
年齢

注意したい自分ルール

フリマアプリには運営が決めたルールのほか、利用者が勝手に作っている「自分ルール」というものが存在します。

これは各自が自分で考えたルール。

本来は守る必要なし

しかし、フリマは人と人との取引であるため相手のルールに合わせてあげたほうがスムーズに売り買いができます。

入札前にコメントする

出品者のプロフィールに「入札前にコメントしてください」と書いてある場合、入札していいかどうかをコメントで聞いてみましょう。

コメントなしで入札すると商品を送ってくれなかったり、悪い評価をつけられてしまうことがあります。

○○さん専用出品

ラクマで商品を探していると商品タイトルが「○○さん専用」となっている場合があります。

これはコメントでやり取りした特定のユーザーに向けて出品している商品です。

これは公式ルールではないので○○さん専用と書いてあっても自由に入札できます。が、入札するとトラブルになるので注意しましょう。

自分ルール
○○さんしか入札しちゃダメ
運営のルール
誰が入札してもOK

ラクマの始め方(登録方法)

アカウント作成

まずはアプリをダウンロードします。

ラクマ(旧フリル) - 満足度No.1 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル) - 満足度No.1 楽天のフリマアプリ

posted withアプリーチ

マイページを開く

アプリを起動して[マイページボタン]を押します。

会員登録のウィンドウが出てくるので[登録]を選びます。

登録方法を選ぶ

登録方法は次の4種類から選べます。どれかのサービスを既に使っている場合はかんたんに登録が終わります。

* Twitter
* Facebook
* 楽天ID
* メールアドレス

メールアドレスの場合

1番登録が難しいメールアドレスで登録する場合です。

* ニックネーム
* メールアドレス
* パスワード
* 招待コード

この4つを入力して登録します。

メールを見る

しばらくすると「フリルに登録しました」というメールが届きます。メール書いてあるURLをタップして登録を完了します。

1週間以内にURLをタップしないと登録は無効になります。

住所の登録

今度は売り買いをするのに必要な住所登録をしていきます。

マイページの画面から次の3つを登録します。

* 名前
* 住所
* 電話番号

この3つは商品を送ったり受け取ったりするのに必要になります。

この記事のまとめ

  • フリル+ラクマが結合して新ラクマに!
  • ラクマは手数料3.5%
  • 登録のやり方がかんたん