マックを安く食べる方法ランキング/マクドナルドを半額で食べる裏技

この記事の所要時間: 353

学校帰りのマックを安くしたい!

マクドナルドを安く食べるには?

裏技を知りたい!

日本で1,2位を争うほど有名なハンバーガーショップ、マクドナルドの節約方法をランキング形式で紹介します。

マック安く食べるランキング7~6位

マックのポテト

7位:コーヒーは無料でおかわり……できない

お得度:0円
現在コーヒーのおかわりサービスは終了しています。

6位:ケチャップを貰う

お得度:2円
ポテトを注文したときケチャップを貰って家で使うという技です。
ポテト購入後、店員さんにケチャップくださいと言えば貰えます。

※店舗によっては有料販売のところもあるようです。

絶対に食べられないハンバーガー(おまけ)

絶対に食べられないハンバーガーをAmaoznで見つけました。

これは本物のマクドナルドと間違えてしまいそうです。

マック安く食べるランキング5~2位

5位:金券ショップでマックカードを買う

マックの牛肉
お得度:5円
2015年以降、ほとんどの金券ショップでマックカードが品切れになっています。昔は業者から仕入れたカードが売られていたのですが、業者の卸売がなくなったので今は在庫が少なくなっています。
とあるお店では500円マックカードの買取価格を485円と表示してあるので、販売価格は495円程度と予想できます。

4位:電子マネーで支払う

お得度:5円
電子マネーの楽天Edyで支払いをすると購入額の0.5%ポイントが貯まります。1,000円分の買い物をすれば5円のお得です。

3位:氷抜きドリンク

お得度:92円
ドリンクの注文で氷抜きを頼むと量が増えるというのは有名な技ですね。増える量は最大で1.42倍程度です。Mサイズ220円だと92円もお得な計算になります。

※「ロッテリア」や「モスバーガー」は氷抜きだと逆に量が減ってしまうという情報があるので注意が必要です。

2位:スマホのクーポンを利用

お得度:150円
マクドナルドから公式アプリが配信されていて、アプリ内でクーポンを貰うことができます。アプリはiPhoneとAndroidのどちらでも使うことができ、画面に表示されたクーポンを店員に見せて使います。

クーポンの例

『定価260円のエッグマフィンがクーポン利用で200円に値引き』のクーポンなら60円安く買うことができます。それ以外にも、『新商品のセットが150円引きされる』クーポンもあります。

第1位、マックを半額で食べる方法

前売り券で買うと半額になる

お得度:半額
マックを半額にするためには有料クーポンを使います。

ぽんぱれでは初回特典として500円のマックカードを250円で買うことができます。このサービスを利用すれば、マックのハンバーガーを半額で食べることができます。
買うのはマックカードなので、どんなメニューにも対応可能です。

半額以外に80%OFFのクーポンが出ている時もあります。すぐに買わないとなくなってしまうので注意してください。

さらに値引きOK

マックカードはスマホアプリのクーポンと併用できます。アプリで150円引きにしたあと、さらに80%オフで購入するといったことができます。

ぽんぱれはクーポン購入サイトなので登録は無料です。クーポンを買わなければお金はかかりません。

マックを高く食べる方法

ヤフオクでマックカードを買う

お得度:マイナス
一時期、ヤフオクでマックカードを買うのがお得でした。
しかしこの方法はもう使えません。額面4,000円のカードを4,300円で入札して買う人がいるので逆にマイナスになります。

どうして額面より高く買うの?

ヤフオクに出品されるマックカードは、カードの値段よりも高く落札されることがあります。これはマックカードだけでなくJCBギフトカードにも当てはまります。

普通に考えると損するはずです。なぜ高く売れているのでしょうか。

答えは不要切手を換金したい人がいるからです。もしくはヤフーのポイント(Tポイント)を使い切りたい人も利用しています。

「4,000円分の切手があっても使わないから、少し損をしてでもマックで使いたい」という理由です。

マックを安く食べる方法/まとめ

マックをよく食べる人は、公式アプリだけでも入れておくと便利です。クーポン以外にもお得情報のお知らせが見られます。
今回のランキングで特に目立ったのは、氷抜きドリンクのパフォーマンスです。氷抜きという方法自体は有名ですが、ドリンク量が1.42倍になるというのは驚きました。