めんつゆを自作しても節約にならない理由

この記事の所要時間: 219

ソーメン、うどん、そばを食べるときに欠かせないのがめんつゆ。めんつゆを自作した場合は節約になるのでしょうか。市販品を買うのとどちらが安く済むのかをまとめます。

めんつゆは便利

めんつゆは麺を食べるときだけでなく、親子丼や肉じゃがのベース、煮玉子にも使えます。味のベースとして使えるので、常備品として買い置きしておくと便利です。

長く持つのは市販品

市販品はしっかりと熱殺菌されているので、自作しためんつゆよりも長持ちします。自作めんつゆはその都度作ることになるため、頻繁に使うには少し面倒ですね。

少量なら手作り

めんつゆを買っても、ほとんど使わずに捨ててしまう家庭もあるようです。めんつゆは大容量タイプが多いため、使い切れない家庭では手作りのほうが適しています。

市販VS手作りで安いのは?

まずは市販めんつゆの王道としてキッコーマンのめんみを選びました。

私の家では子供の頃からめんみを食べていて、それ以外のめんつゆは食べたことがないくらいです。
しかし、少し調べたところめんみは北海道限定でした。

全国で売っている商品と比べたいので、今回はミツカンのめんつゆの値段と比べることにします。

値段の比較

まずは、自作めんつゆがいくらで作れるのかを見てみましょう。一番シンプルで安いめんつゆが以下のレシピです。

自作めんつゆレシピ

  • しょうゆ 260ml
  • みりん 260ml
  • 水 390ml
  • 砂糖 70g
  • かつおぶし 25g

これを鍋に入れてひと煮立ちさせれば、めんつゆの出来上がりです。

自作めんつゆ1リットルの材料費を調べてみましょう。

自作するときの材料費

醤油1リットル200円
260mlで52円

みりん1リットル200円
260mlで52円

砂糖500グラム125円
70gで18円

かつおぶし50グラム250円
25gで125円

合計:247円

ストレートめんつゆ1リットルを自作すると、247円の材料費がかかります。

市販めんつゆの値段


昆布だしつゆの素3倍

SEIYUドットコムの価格では税込み213円です。
この商品は800ml。
1リットルに換算すると266円です。

使う時には3倍に薄めるので、実際には価格が3分の1(88円)になります。

値段を比較する

  • 自作1L:247円
  • 市販1L:88円

市販品のほうが159円安い! という結果になりました。

まとめ

金額では圧倒的に市販品を買ったほうが安く済みますね。
節約するならめんつゆは市販品に限ります。

節約カルマット的には、幸せを優先して自作するのもありだと思います。めんつゆを手作りして好みの味を研究したり、その日の気分によって味を変えてみるのも楽しそうですね。