引越し先のガス代が高いときの3つの選択肢

うちはガス代4倍に!

「引っ越しをしてみたらガス代が高くなっていた」というのはよくあることですね。

とくに引っ越し経験が少ないと、ガス会社を確認せずに物件を決めてしまうという失敗をしてしまいがちです。

私は田舎すぎて他に物件がなく、しょうがなくプロパンの賃貸に住んでいます。都市ガスのときと比べて3~4倍の料金がかかるようになりました。

この記事では、引っ越してからガス代が高かったときの3つの対策を紹介します。

プラン変更でガス代を節約

戸建てでも賃貸でも使える方法です。

引越し先が都市ガスだった場合、契約する際に安いプランを確認しましょう。すでに契約している家庭では乗り換えプラン変更を検討します。

2017年の都市ガス自由化によって、ガス会社は複数のプランを提供するようになりました。

  • 床暖房が安くなるプラン
  • ポイントが貯まるプラン

などがあり、自分の環境にあわせて選ぶことができます。

戸建てなら

戸建てなら都市ガス・プロパンの会社から自由に選ぶことができます。複数の会社から見積もりを取って、1番安いところを契約するのが節約のコツです。

一括見積もりについてはガス料金の比較サービスを利用すると便利です。

賃貸アパートなら

賃貸アパート・賃貸マンションの場合、大家さんの決めたガスの種類を使うことになります。

もし引越し先の賃貸がプロパンガスを契約していると、勝手に都市ガスに変更することはできません。

変更できるのは大家さんに相談し、許可が出た場合だけです。

賃貸でガス代が高いと感じている人は2つ目以降の対策を試してください。

契約・変更の流れ

プランの切り替えだけなら、いま契約しているガス会社に連絡して終わりです。

ガス会社の切り替え

ガス料金の比較サービスを使う場合は、説明がありますのでそのとおりに手続きを進めます。

自分で手続きをする場合はやることが2つあります。

  1. 契約先のガス会社に連絡
  2. 今のガス会社に連絡してガスの停止手続きをする

2つの会社に連絡が必要なので忘れないようにしましょう。

名前内容
ガス屋の窓口
住んでいる地域で一番安いガス会社を教えて貰えるサイト。ガスが不当値上げされた時の返金制度あり。ガスに詳しくない初心者向け。
エネピ
プロパンガスの無料見積もりができるサイト。1分くらいの入力内容で安いガス会社を探せる。
切り替え手続きのサポートもあり。

引っ越しを検討する

住み始めてからガス料金が高いことに気づいたときは、安いところに引っ越すのも1つの手です。

ガス料金のために引っ越すなんて……と思うかもしれません。私もそう思っていたのですが、プロパンが嫌で引っ越しを決めたという人も実際にいます。

引っ越しのほうが高くつくのでは?

私はもともと都市ガスに住んでいて、プロパンの物件に引っ越した経験があります。

もともと毎月3,000円だったガス料金ですが、プロパン物件では毎月12,000円かかっています。

その差は1ヶ月あたり9,000円。1年間で10万円です。

レンタカーでトラックを借りて自分で引っ越しをすれば、引っ越し自体は2万円以下で済みます。あとは新居の敷金・礼金などです。

3年住む予定なら30万円の差がありますから、引っ越し料金を差し引いても節約ができるでしょう。

ガスを止める

3つ目の対策はガスを解約(停止)してしまう方法です。

お風呂やキッチンでお湯が使えなくなりますし、コンロの火も出ません。ガス暖房の家なら暖房も使えなくなります。

でもガス代は0円です。

この方法は実際にやっている人がいて、ガスなしで生活しています。お風呂は電気を使って沸かし、暖房はエアコン、コンロはIHの卓上コンロを使います。

以下の動画のようなグッズを使えば、賃貸でもガスなしでお風呂に入ることができます。